twimg.com

この記事は、
わろてんか 第7話「父の笑い」ネタバレ実況の2ページ目です。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか ネタバレ

藤吉の手紙

藤吉からの手紙を読むてん。

twimg.com

手紙の内容は、
ついに寄席のトリに選ばれたという報告。

そして、日本一の芸人になったら
てんに会いに行くと記されていた。

その言葉にときめくてんだった。

にじこ
@nijiko_dx
わろてんか7。うちわ文化。

  

2017-10-09 08:08:33

ぴのりん
@okan_rakuda
てんへの手紙は藤吉にとって、理想の自分を書いて自らを奮い立たせる手段でもあり、1日1ギャグの練習帳でもあり…Twitterみたいなもんか

  

2017-10-09 08:10:59

スポンサーリンク

リリコのヤキモチ

藤吉が手紙をしたためると
すかさず取り上げるリリコ。

twimg.com

リリコへの恋文の”てい”で読み上げる。

藤吉が字を教えてやろうか?
そう言うと、リリコはむくれて部屋を出ていった。
やきもちを焼いているようである。

俺フィギ
@orefigi
リリコ…読めんのか…
こういう格差つらいのう

  

2017-10-09 08:09:53

パルナス副長
@ojyaru5
うぇーいな成人式みたいな格好のリリコ

  

2017-10-09 08:09:59

ゆずず
@yuzu0905
徳永えりと濱田岳なにこれ素敵と思っていたら、広瀬アリスと松坂桃李の組み合わせこれもなかなかどうして。イッセー高橋はここにねじ込まれるというのか。

  

2017-10-09 08:12:19

めい大河ドラマ用
@mei_misato_t
風来坊なのに、読み書きができて、漢字も不自由しない。手紙が書けるほどの知識もある。 
やはり藤吉の前世は龍雲丸。 

  

2017-10-09 08:12:22

スポンサーリンク

手紙が見つかる

女学校の中庭。
藤吉からの手紙を読むてん。

恒例の「今日の笑い」を読むと、
思わず声をあげて笑った。

その姿を見た女学校同級生が
「もしかして恋文?」と興味津々。

続けて、「どんな人?」
「何している人?」
と質問をてんにぶつける。

思わず、「旅芸人…」と言うと
同級生たちからは、否定的な声が飛ぶ。

畑 圭
@momohiro82346
この「芸人さん…?」は現代ですと「YouTuber…?」と置き換えればいいのかしら。

  

2017-10-09 08:11:20

じょー
@joe_1125
TL見てると現代は芸人の地位って向上したんだなぁって思う。昔は言う事聞かん子供「そんなアホは吉本に入れるで!」って言われたよな。つまりはそういう地位だし、そう見られてたって事やもんな。

  

2017-10-09 08:17:47

畑 圭
@momohiro82346
人に笑われてお金をもらう人、それを否定したてん。

芸人さんは、笑いを届ける人って、てんは思ってる。

  

2017-10-09 08:22:45

その意見に対し、
てんは、立派なお人だと返した。

続けて、
てん「夢がぎょうさん詰まった…」
と力説する最中、手紙を取り上げられる。

振り返ると、そこには睨みつける教師の姿があった。

母の言葉

twimg.com

母が教師に呼び出された。
「芸人からの恋文」が問題視されている模様。

本来なら退学モノだと脅されたが
母が謝罪して、事なきを得た。

twimg.com


呼び出しを終え、
校内を歩くてんと母・しず。

しず「いつから?」
てんは、正直に笑い禁止令を出された頃からだと答えた。

それを聞いた母は、
「アンタはいつかはドコぞの商家へ嫁ぐ身。」
立場を明らかにしたうえで

「お父さんには内緒にするさかい。忘れよし。」
と言い聞かせたのだった。

こざ
@koza_ahtmk
お母さん、気づいてなかったん。すげーな。今まで風太は、ずっと黙ってきたってことやろ。で、報われんのやろ。で、結ばれんのやろ。良い奴やな、、

  

2017-10-09 08:13:20

にじこ
@nijiko_dx
わろてんか7。お母さんが忘れろって言ったのは手紙じゃなくて藤吉そのものだと思うぞ。あと、そのお婿さん候補にも忘れられない幼馴染がいるかもだぞ。

  

2017-10-09 08:16:48

月光
@coffeejelly07
名門企業のお嬢様となると、更に恋愛が不自由な時代だったのね…見合いの話が来たけど、てんちゃんと藤吉は文通続けてほしいな

  

2017-10-09 08:20:07

管理者管理者

次のページでは、
ついに伊能栞=高橋一生がっ!

下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク