わろてんか 第33話のネタバレな見どころ

twimg.com

今日のわろてんかは、
リリコが籐吉に助けを求めたことを発端に
てんがヤキモチをやくものの無事解決。

その過程で、てんと啄子、籐吉と亀井が
距離を詰める様子も描かれるというお話でした。

そこで注目を集めたのは、
藤吉の無責任とも思える優しさです。

モテる男にありがちな特性と知りながらも

「お前のそういうとこだぞ!」
というニュアンスの怒りの声がTLにあがりました。

今日の放送は一体どんな展開だったのか?
あらすじ&感想の実況まとめをご覧ください。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか 感想まとめ

スポンサーリンク

わろてんか 第33話 あらすじ感想まとめ

twimg.com

前回のあらすじ

鄙びた寄席の席主が
亀井(内場勝則)ということを知った藤吉。

箱を売ってもらおうと、亀井の元へ日参する中
てんもまた訪れていたことを知った。

そんなてんに感謝をする藤吉だが…
夜分にリリコ宅を訪れ助けを求められてしまう。

前回:わろてんか第32話 あらすじ・感想「内場勝則がヤバい」実況まとめ

スポンサーリンク

リリコの告白

「うちを助けて」
藤吉(松坂桃李)に抱きつき懇願するリリコ(広瀬アリス)。

「何があったんや?」
「後添いになれ言われてるんや。」

「見たやろ?ご贔屓さんといるとこ。あの旦さんや。」
「いや…年もえらい離れてるみたいやったけど、お前は好きなんか?」
「好きとか嫌いとかちゃう。」

twimg.com

リリコによれば、その旦那は一生贅沢をさせてくれるお金持ち。しかし、気持ちはまだ藤吉に残っていた。

「なあ、アンタあの子と本気で一緒になるつもりか?もしそやったらうちは後添いになる。」

twimg.com

「アホ!自分を粗末にすな。お前にはお前に合うた男が必ずいてる。」

部屋を飛び出すリリコ。
藤吉が必死で止めようともみ合いになる。

「ええ加減にせえ!リリコ!」
「離してって!もう。」

その様子を片隅からアサリ(前野朋哉)がじっと覗いていた。

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
リリコちゃん、藤吉よりも贅沢させてくれる男性の後添いになったほうが幸せかもよ。

  

2017-11-08 08:02:45

ぬえ
@yosinotennin
「自分を粗末にすな!」
藤吉の台詞はかっこいいが、身寄りのない芸人の女の子を妾じゃなくて後添い、しかも結婚式披露宴も盛大に挙げてくれるなら、年は離れていてもその男性はかなり真心尽くしてる相手ではと思うよ…リリコが愛せないってのは仕方ないが。#わろてんか

  

2017-11-08 08:04:17

切妻 緑
@CordeliaFAnne
自分が何もしてやれない女に中途半端に優しくすな。もうほんっとやだ、この人。

  

2017-11-08 08:04:47

安芸むらさき
@hiroshimapurple
妾じゃなく後添いやろ?ええ話やないかさっさと嫁に行き。それがあんたのためや。
…とリリコに言うてやりたい人挙手お願いします。

  

2017-11-08 08:19:23

アサリ(前野朋哉)の噂話

アサリがキースと万丈目を前にリリコと藤吉の一件を話していた。

「『離さん!離して!』あないな事言うたら…。」

含みを持たせて話すアサリ。
「そのあとは… 言えん!」

twimg.com

咳払いで、改まり
「藤吉が夜中にリリコのうちに忍び込んでリリコを泣かしたんは確かや。」

2人はアサリの話を信じた。


すると戸が開き藤吉が出てきた。

「おい藤吉お前見損のうたで。」
「は?」

万丈目「ボンホンマに夜中にリリコんとこ行ったんか?」
否定をしない藤吉。

キース「ひどいやっちゃお前。おてんちゃんかわいそうやないか!」

その瞬間、「カツッ」桶が落ちる音が。。。

そこにはショックを受け、虚ろな目のてんの姿があった。

twimg.com

ギズム_ネコガミ
@gismnekogami
_, ._
  ( ゚ Д゚)
  ( つ旦O
  と_)_)

    _, ._
  ( ゚ Д゚)   ガシャ
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。

  

2017-11-08 08:15:56

にじこ
@nijiko_dx
家の真ん前で藤吉夜這い疑惑を大声で話すとは実は楽しんでないか?売れないトリオよ

  

2017-11-08 08:12:22

じょー
@joe_1125
キース、「おてんちゃんが可哀想」って怒ってくれるのか!エエ奴やんけ!(・∀・)

  

2017-11-08 08:03:07

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク