TOP

この記事は、おんな城主 直虎第四十六話の実況・感想まとめです。

twimg.com

おんな城主直虎第46話は、信康救出のため家康、瀬名が命がけで策を講じるものの、信長のたったひと言ですべては水泡に帰すという悲劇的な内容でした。

そんな中、注目を集めたのは、
政次(高橋一生)の存在と石川数正の告白

直虎が瀬名を説得するシーンでは

回想シーンがあったわけではないのに、
直虎が何を思って語ったのか

これまで直虎を見てきた視聴者には、
その情景がありありと浮かんできたのです。

その結果、多くの方が示し合わせたかのように
政次について思いを口にするというTLになりました。

また、石川数正が瀬名に
想いを伝えるシーンにも注目が集まりました。

主君の正室と家臣という立場の中で
数正の想いが痛い程伝わってくる告白は、

視聴者から秀逸なラブシーンとして評価を受けていました。

さて物語はどんな展開を見せたのか?
あらすじとみなさんの感想・実況まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → おんな城主 直虎 感想・実況まとめ

スポンサーリンク

直虎 第四十六話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

家康の側室が長丸を出産したことに端を発し

信長は言いがかりとも言える理由で、信康を処罰するよう圧力をかけてきた。

我が子を守ろうとする家康に、
生母である於大の方は、信康を斬るよう説得した。

その結果、岡崎城へ入り信康を捕らえた家康だが、一方で氏真に密書で助けを求めていたのだった。

前回:おんな城主 直虎 第44話「魔王のいけにえ」感想・実況「怖くて美しい瀬名と信長」

スポンサーリンク

直虎の対応

武田との内通を疑われた信康は、
父親である家康らに岡崎城で捕らえられた。

その際、万福が直虎の存在に気付いた。

直虎は、問われたことだけ答えると
関わりを避けるようにそそくさと、その場を後にした。

twimg.com

榊原康政は残った信康の部下に、
信康との交わりを絶つ起請文をとると宣言した。

徳川家康(竹千代)
@bz_iw0tn
岡崎城で起請文は実際やりました。

  

2017-11-19 20:02:10

ぬえ
@yosinotennin
信康さまと一切の交わりを絶つという起請文を。
そうしないと、岡崎の家臣団を処刑せねばならなくなってしまうから…家中の被害を最小限にするだけが、いま家康様と側近団に出来ること。

  

2017-11-19 20:03:32

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
昔のおとわだったら後先考えず正しいことを正しいと叫びに飛び出していそうなシーン。

  

2017-11-19 20:02:24

瀬名の反応

「何ゆえかような根も葉もないことを…」

瀬名は、信康が捕えられた理由を
石川数正に激しい口調で問い質した。

数正は、織田の企みであると答えた。

twimg.com

すがるように瀬名は直虎を名を口にしたが。。

「おとわ様、おとわ様ならきっと良い考えが…」
「お帰りになりました。」

twimg.com

まとめ管理人
@1059kanri
石川数正は信康の対信長対応をしっかり認識していたのだなあ

  

2017-11-19 20:05:44

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
頭が良すぎて孤独な瀬名様。助けてあげたい…

  

2017-11-19 20:06:29

りおん
@Rionn_unosarara
とりあえず帰るおとわさまを見て、おとわさまの成長をしみじみ感じる視聴者 

  

2017-11-19 20:06:30

管理者管理者

次のページでは、
家康が何か画策を!

下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク