この記事は、
おんな城主 直虎 第47話「決戦は高天神」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → おんな城主 直虎 感想・実況まとめ

酒井忠次の生き恥

家康の訴えは家臣達の気持ちも掴んだ。

忠次「石川殿。お二人を助けられなんだ事恥じておられる事かと思う。じゃが わしも生き恥じゃ。これからは 共に恥を背負っていってはくれぬか。」

twimg.com

そして、本多忠勝は、岡崎衆の前に立ち
「えい、えい、お~」で、さらに煽ったのだった。

「駿河を取るぞ~!」
「まずは 高天神じゃ~!」
「えい えい!(一同)お~!」

こうして 徳川は心新たに武田攻めへ向かっていく事になったのだった。

twimg.com

キム虎
@soukurokimyan
エイエイオー
エイエイオー(←榊原様楽しそう)
エイエイオー
エイエイオー

  

2017-11-26 20:06:45

こざ
@koza_ahtmk
まって可愛い無理

  

2017-11-26 20:06:28

みずほ
@ha43zu
忠次さん白髪増えちゃって…心労、如何ばかりか…

  

2017-11-26 20:05:06

ひろったー
@hiro6038jp
生きるは恥じゃが役に立つ…

  

2017-11-26 20:05:14

まとめ管理人
@1059kanri
忠勝さんは本当にナイスガイだ 

  

2017-11-26 20:06:25

まき
@maki_taiga
本多さんの発言を「こういう時に場の空気を変えてくれる脳筋は大事だな」「脳筋は脳筋でもさすが徳川、井伊の脳筋とは一味違うぜ」と絶賛の我が家

  

2017-11-26 20:09:55

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
徳川家中の著しい男子校濃度

  

2017-11-26 20:07:37

ぬえ
@yosinotennin
信康と瀬名の死を礎に一丸となった徳川家…家康様の言葉に、かつての井伊家と直虎を重ねる万千代。アバンから泣かされた。
もう初っ端でトップギアに入れてきてるぞ!最終回まで振り落とされないようについていくのみ!

  

2017-11-26 20:08:30

一二三
@nunonofuku123
直虎年表(終盤なのでネタバレあり)
1578年上杉謙信死去→継者争いの御館の乱発生し武田北条同盟解消
1579年9月信康事件←先週ココ
1580年3月織田信長に北条氏政が従属的同盟
1581年3月高天神城陥落
1582年6月本能寺の変9月井伊直虎死去

  

2017-11-26 20:07:21

スポンサーリンク

戦に出るユキロック

直虎は白い碁石を見つめ
物思いに耽ていた。

そこへ六左衛門や直之らがやってきた。

「殿!」
「おお どうした。」

twimg.com

六左衛門は直虎に戦へ出る報告をした。
材木の専門家として声がかかったということだった。

そんな事を聞き、直虎はますます戦国の世を憂いたのだった。

ヤッキー(モミモミさん)
@yakip3780

今週は出番あり!!
久々のツーショット(*^^*)

  

2017-11-26 20:10:56

道人
@dojindo
近藤さんちが戦争土木の、工兵スペシャル部隊みたいになってる。六左輝いてるな。 

  

2017-11-26 20:11:33

an_shida
@an_shida
武勲上げたくてウキウキの六佐かわいい。

  

2017-11-26 20:10:34

直虎の織田評価

六左衛門らがその場を離れると
南渓がやってきた。

「和尚様。織田と徳川の力の差というのは、それほどにあるものなのですか?」

南渓によれば、
もはや天下布武ももうじきということだった。

ところが、直虎はそれには疑問を呈した。

「できませんでしょう。織田に天下布武。」
「ほう…皆 間近じゃと言うておるがの。」

twimg.com

直虎は織田と面識は無かったが、
卑劣な男だということを耳にしていた。

「いとしき者を奪われ、誇りを奪われた者たちが、果たして従い続けようと思うものでしょうか。」

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
1月から思ってるのですけど南渓和尚、何者なのだろう。

  

2017-11-26 20:11:58

ぬえ
@yosinotennin
命と誇りを奪うやり方を通す織田では天下布武はできない…光秀さんの母君の逸話やるのかな…

  

2017-11-26 20:13:07

スポンサーリンク

高天神城攻め

高天神城は、
遠江における武田の拠点。

実に4年もの間、武田は城に籠もり
徳川は高天神城攻めを続けていた。

この難攻不落の山城を落とすため
徳川は横須賀城に本陣を置いた。


そこへ直之と六左衛門は参戦した。

「中野直之 奥山六左衛門井伊谷よりただいま参上つかまつりました!」

twimg.com

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
鎧をつけると井伊の赤備えの片鱗が見えて良いですね。

  

2017-11-26 20:13:54

みずほ
@ha43zu
之の字がいつまでも若すぎw
可愛いすぎw

  

2017-11-26 20:13:49

虎かつ
@trkatsu
自信を持った六左衛門!!!
素敵が過ぎ過ぎない????

  

2017-11-26 20:13:57

河三郎って何だ?

twimg.com

twimg.com

山に入ると、六左衛門は持ち前の親しみやすさで、人夫たちと親しく話した。

その中で、竜宮小僧の話になった。
竜宮小僧は、地域によって、「河三郎」だったり「スケどん」、「たんだぼっち」などと呼ぶということだった。


この時、直之は引っ掛かりを感じていた。

twimg.com

「河三郎… 河三郎。」

床につくと、直之は思いを巡らせ
どこかで聞き覚えがないか六左衛門に尋ねた。

「確か高瀬様の生まれ育ったところではそういうらしいと。。」

そこで直之の中にあった違和感に合点がいった。

「あの者、武田領から来たという事ではないか?」


深夜、直之は、武田の間者であった人夫を捕らえたのだった。

くろま
@kuroma_9
おおう高瀬ちゃんのスパイ騒動が高天神攻めの伏線になるとは!

  

2017-11-26 20:15:46

ar257ai@心はHFでできている
@ai257ai
六左、またしてもコミュ力の異様な高さを発揮中。なんでこの人、猪が怖いのに、盗賊団とか寄せ集めの集団とか、迂闊に気を許してはいけない集団は怖くないんだろう…。獣より人間の方がずっと怖いとかは一生に一度も考えた事すらないとお見受けする。凄いを通り越して怖い。

  

2017-11-26 20:14:32

an_shida
@an_shida
2秒ぐらいで寝入ってる六佐がかわいすぎる。

  

2017-11-26 20:16:12

管理者管理者

次のページでは、
直虎をいやらしい目で見る男が!

下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク