Cash on Deliveryが開幕

twimg.com

29日、演劇ユニット・ラフィングライブの「Cash on Delivery」が東京・博品館劇場で開幕しました。

ラフィングライブは、山寺宏一、水島裕、野坂実によるユニット。「Run for Your Wife」以来、1年ぶりの公演となっています。

今回も、高垣彩陽さんが出演し、作はレイ・クーニーからマイケル・クーニー(息子)ということで、これまでのコメディ路線の流れを汲んだ公演ということです。

第3回公演はどんな爆笑を巻き起こしたのか? この記事では、初日を観劇した方達の感想を紹介します。

スポンサーリンク

公演情報

twimg.com

2017年11月29日(水)~12月3日(日)
東京都 博品館劇場

チケット

料金:6,800円(前売・当日共/全席指定/税込)

チケット情報

上演時間は?

1幕 1時間05分

休憩 15分

2幕 1時間05分

合計 2時間25分

スポンサーリンク

キャスティング

演者 役名
山寺宏一 エリック・スワン
高垣彩陽 リンダ・スワン
岩崎ひろし ミスター・ジェンキンズ
横島 亘 アンクル・ジョージ
斉藤こず恵 ミズ・クーパー
折笠富美子 サリー・チェシントン
小形 満 ドクター・チャップマン
高橋広樹 ミスター・フォーブライト
越川詩織 ブレンダ・ディクソン
水島 裕 ノーマン・バセット

作 :マイケル=クーニー
翻訳:小田島恒志
演出:野坂実

関連

あらすじ

ロンドン東部に家を持つエリック・スワン(山寺宏一)は、妻リンダ(高垣彩陽)と幸せ暮らす男。

2階は靴屋で働くノーマン(水島)に間貸ししている。週末にはノーマンの結婚式に参列する予定。

ところが、エリックは、社会保障省に電話をして、ノーマンは死んだと告げる。

エリックには秘密があった。

実は、彼は失業を隠し、国の補償制度を利用した不正受給で生活費を賄っていたのだ。

そんなエリックの元へ社会保障省の調査員の訪れたから、さあ大変。嘘が嘘を呼び、騒動を巻き起こす。。。

Cash on Deliveryの感想

管理者管理者

爆笑の連続だったようです!

客席全体がサクラ?

koji
@koji2792
ラフィングライブ 第3回公演
やはり激しく面白い。
客席全体がサクラなんじゃないかと思うくらい、最初から最後まで手を叩いて大爆笑してる人達ばかり。
こんなに笑いっぱなしの舞台は、他には知らない♪( ´▽`)

  

2017-11-29 23:40:13

G
@yun_yun_g
Cash on Delivery笑い疲れる面白さだった。台詞まわしが上手くて会話しながらどんどん誤解が広がって収集つかなくなるのと終盤のドタバタの動き特に好き。あやひー怒って叫んでの感情の爆発具合にも大満足

  

2017-11-29 21:50:22

挨拶まで全部笑わせにきてる

moだ
@azact0125
ラフィングライブ第三回公演「Cash on Delivery」観てきました。
最初から終わった後の挨拶まで全部笑わせにきてる。やばい。ほんとに終止笑ってました。明らかに矛盾してる話をどんどん繋げてって膨らんでくのが面白い

  

2017-11-29 21:44:32

moだ
@azact0125
山寺宏一さんやっぱすごい

  

2017-11-29 21:47:50

期待通り

nag
@nag3264
ラフィングライブCash on Delivery観てきた。おもしろい。始めこそクスクス程度だったけど途中から笑いっぱなしだった

  

2017-11-29 21:49:38

nag
@nag3264
前回の公演観てるとスキンヘッドの人出てくるだけで笑える。そして期待通りだった

  

2017-11-29 21:53:33

管理者管理者

次のページでは、
あやひーについての感想も!

下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク