この記事は、
わろてんか 第55話 あらすじ・感想「藤吉の病気がまた始まった…」実況まとめの3ページ目です。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか あらすじ感想まとめ

芸人を抱えたい

家で横になった藤吉はつぶやいた。

「笑いの神さんに愛された天才か…」
「どないしはりましたん?」
「ん? いや何でもない」

風鳥亭の芸人達を思い浮かべる。
キース、岩さん、アサリ…

心ここにあらずな藤吉にてんは声をかけた。

「どないしはったん?何か心配事でも?」

藤吉は寄席を増やしたいとてんに訴えた。
むろん、もう簡単には「うん」と言わないてん。

「お客さん散るだけやあらしまへんか?」
「そやからな、大看板の芸人迎えてうちのお抱えにしたらどうかと思うねん」

わぶ
@chikuwabu5015dr
まぁた悪い癖ハジマタ

  

2017-12-04 08:11:43

yui
@tierce_yui
震吉のビョーキがはじまった

  

2017-12-04 08:11:54

🐥蓮花茶@実況🐯
@lotusteajikkyou
藤吉の声が震えだしたらあかん証拠

  

2017-12-04 08:12:07

玉川 薫
@tamagawakaoru
昔の芸人は面白かった、という人もしばしば見かけるが、「怪力岩男」とか「猿子」(側転が上手い)とか太った体使って「重ね餅」とか、キースの「西洋物真似」とか、昔の寄席って大方こんなもんだったんだろう。「後ろ面」の藤井隆自身、「あらびき団やな」って思ってるに違いない。

  

2017-12-04 08:18:52

スポンサーリンク

団吾師匠の値段

つまり、藤吉は目玉商品となるコンテンツが欲しいということだった。
その1人として、団吾師匠の名をあげた。

「団吾師匠をうちのお抱えに?」「ああ」
「えろうお金かかりますやろ?」「う~ん…」

藤吉の予想では5000円~1万円というところだった。

「1万!?そんなお金どこにありますの!」

1万円は現在の価値で5000万円ほど。
ところが、藤吉は驚くほど前向きに考えていた。

「やるとなったら金は要る。
 てんも考えといてくれ」

そんな藤吉を見て
てんは、複雑な表情を浮かべていた。

畑 圭
@momohiro82346
さっき聞いたことをさもずっと考えてたように話すところはマジ藤吉。
ええ、ぶれてません。

  

2017-12-04 08:12:23

猫使いヾ(=´・∀・`=)
@uedamomoneko

こういうこと言うときって、もうぷる吉の中では考え実行する段階だから、もう止められないんだよなぁ

  

2017-12-04 08:12:58

ParoParo
@pal0dies
ここでも 善は急げら〜 と藤吉がハヤる

  

2017-12-04 08:13:01

じょー@ぶつ森たのしい
@joe_1125
吉本新喜劇は芸人さんの新ネタを楽しむ喜劇じゃなくて「この人のこのネタを観たい」っていうベタを楽しむものだから、万丈目さん達が一つのネタでずっとやってるのもいずれ活きてくるんじゃないかと思うけどなぁ

  

2017-12-04 08:12:26

ei-gataro
@chubow_deppoo
人気噺家を引き抜いて借金肩代わりした、というエピソードは他局の吉本せいさんについての番組でやってたな。

  

2017-12-04 08:13:46

スポンサーリンク

芸人の噂話

噂は早かった。楽屋では万丈目やキースら芸人達が藤吉の行動を話題にしていた。

万丈目「ホンマかいな!大将が団吾師匠お抱えにするて」

「師匠の高座見に行く言うて出ていかはったわ」
「おお~!」
「その時にな『なんぼ要んねん』ってしつこう聞かれたがな」
「なんぼ要んねや?」

「少のう見積もっても1万ってとこかな」
「えっ!? 1万!?」

この様子を覗き見していたてんは頭を抱えた。

キース「どこにあんねんそんな大金」

twimg.com

「わてらに出す金はないけど師匠に出す金はあるっちゅうんか」
「わてらここが始まった時から頑張ってきたのにこんなアホな話あるかいな」

堪らずてんは楽屋の中に入った。

twimg.com

「あのすんまへんまだ決まった訳や…。
 藤吉はんも「思いつきや」言うてましたし」

ねこやまだ
@msao211
なんやこのトンチキと不安感を同時に感じさせるBGMはw

  

2017-12-04 08:12:41

藤原 聡
@s320174
既存に冷たく新規に優しい、携帯電話の料金体系みたいな藤吉 

  

2017-12-04 08:14:23

yui
@tierce_yui
みんな呆れとるで

  

2017-12-04 08:13:53

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク