この記事は、
おんな城主 直虎 第48話「信長、浜松来たいってよ」感想・実況の6ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → おんな城主 直虎 感想・実況まとめ

戦のない世

直虎の望みは明快だった。

「私は…徳川様に織田に取って代わってほしいと望んでおります。」
「わしなどに。何故。」

twimg.com

「さような事をお考えになった事はございませぬか?」
「わしはこの世が嫌いじゃ」

家康は、戦国の世に辟易していることを明かした。

「戦をなくされたいと?」
「戦という手だてがこの世にある限り武勇が自慢の者たちはそこに訴える。」

さらに家康は続けた。

「ならばあらかじめ戦を起こせぬような仕組みを敷いてしまうがよい。そんな事を考えたりはするが…できると思うた事は…ないの。」

直虎は、弱音を吐く家康に発破をかけた。

「なれどやってみねば分かりますまい」

twimg.com


さらに

「私はさような世が見てみとうございます」

そう願いを託したのだった。

まとめ管理人
@1059kanri
家康の「わしはこの世が嫌いだ」が、綺麗事ではなく「そうだろうなあ」と視聴者も納得するのが、このドラマが積み重ねてきたものですね 

  

2017-12-03 20:37:05

sakaikazunori
@sakaikazunori
今の家康の「わしはこの世が嫌いじゃ、、」以降の愚痴を簡単に4文字でまとめると「厭離穢土」となります。

  

2017-12-03 20:36:09

氏政@戦国ライバー
@Hj_Uji4
家康さまの厭離穢土欣求浄土の旗印の意味は「こんなクソみたいな世の中やだなぁ(超訳)」なんだよなぁ…。

  

2017-12-03 20:36:45

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
一年かけて視聴者を納得させる形でヒロインが天下人を動かした。名もなき女傑たちの、こんな女大河を待っていた。

  

2017-12-03 20:36:41

空知
@sorachiakira
おとわの「出来るかどうか、やってみねばわからぬではないか」の精神が、ここで家康に注入されるのか。やばい江戸幕府開かれちゃう。

  

2017-12-03 20:38:28

萌える大河姫
@taiga_takeda
「出来ると思った事はないの」
そう。そして、感じるのはやはり、信長の凄さなんだよね。
たかだか、尾張美濃を抑えただけで、「天下布武」出来るって思っちゃうところね。

  

2017-12-03 20:39:13

ぬえ
@yosinotennin
「私はさような世が見てみとうございまする」
この作品の直虎は、いったいどういう形で世を去るのだ。

  

2017-12-03 20:39:17

スポンサーリンク

家康の決定

直虎は、南渓と昊天にことの顛末を話した。

twimg.com

「なんとまああの子はさような身の上で」

「昊天さん私はこれは定めだと思うのです」
「定め?」

「直親も虎松も。よその寺に守って頂きました。
こたびは私たちがあの子を守る番ではないかと」

南渓「しかし徳川様はいかように心をお決めになるかの」
「さあ…」

twimg.com

その頃、家康は瀬名の言葉を思い出していた。

家康「わしなんぞはあまり出過ぎぬようにの」
瀬名「出る時は前に出ねば好機をつかみ損ねまする」

twimg.com

家康の決意は固まった。

重臣を集めると、尋ねるまでもなく
家臣達は、信康と瀬名の仇を取るため立ち上がったのだった。

twimg.com

そして、徳川の主たる面々は安土城へと旅立った。

萌える大河姫
@taiga_takeda
嗚呼。。
瀬名。。。

  

2017-12-03 20:41:52

まとめ管理人
@1059kanri
ここで瀬名様出すの卑怯だ( ;∀;)

  

2017-12-03 20:41:18

かきね@時々低浮上
@kakineneko
あぁぁぁ…そうか、そうなのか。どんな状況でも、どんな状態でも、最後の最後で家康の背中を押すのは瀬名ちゃんなんだ 。゚(゚´Д`゚)゜。

  

2017-12-03 20:41:36

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
家康が考える碁盤の上、すでに碁石は無くあるのは瀬名姫の紅入れだけ。つまり「熟考して検討する段階はすでに終わり、あとは気合と決断のみ」

  

2017-12-03 20:41:25

いかづちまる
@Icazutti
熱いよ、徳川…っ

  

2017-12-03 20:42:44

まとめ管理人
@1059kanri
ここの徳川家臣団の熱さ!これは天下を取りますわ

  

2017-12-03 20:42:05

徳川家康(竹千代)
@bz_iw0tn
(やばい、皆少年誌の仲間すぎる)

  

2017-12-03 20:42:11

ルリ(仕事繁忙期突入です)
@C5892Crush
……こうして、二年連続の伊賀超えのプレリュードとなったのであった。

  

2017-12-03 20:42:21

ぬえ
@yosinotennin
どうしよう、今週も徳川家家臣団が尊い。このひとたちと本当にもうすぐお別れなの、最終回なの。

  

2017-12-03 20:42:40

スポンサーリンク

来週の直虎

遊葵
@yuk_e_mk
この胸熱展開の予告の後現れるパンチの強すぎるタイトル

  

2017-12-03 20:45:11

さとひ(あるいは渡辺裕子)
@satohi11
「本能寺が変」

緊張しまくった45分のラストに何をどう言っていいかわからないこのサブタイ助けて

  

2017-12-03 20:44:05

さつぼう
@Satsubo0637
毎回映画タイトルをパロってくる直虎だけど、次回信長殺られるっぽいタイトルが『本能寺が変』っていうwww
元ネタわかんねぇよぉwww

  

2017-12-03 20:44:06

竹元勇子(教授)
@yutakemoto
え?本能寺の変じゃなくて『本能寺が変』www

  

2017-12-03 20:44:19

せっちゃん
@L0Zdf
頭ああああああ久しぶりいいいいい

  

2017-12-03 20:42:46

みつばちーな
@youmehe825
ふざけるのも…www
たいがいにwww
(褒めてる

  

2017-12-03 20:45:12

KYO
@8OyIQs23yjT2yP1
絶対に笑ってはいけない伊賀越え?に大爆笑の予感が…

  

2017-12-03 20:45:39

おんな城主直虎 第48話「信長、浜松来たいってよ」感想

袴田
@kitahori_i
今日のMVPは満場一致で氏真さま。この物語における彼の一番の美徳は、見栄は捨てても矜持を失わないところだと思います。銭の犬のご機嫌とりに無邪気に喜んでいた頃から時勢は移り変わり、父の仇のために自ら座興を用意することになった彼の瞳は…

  

2017-12-03 20:46:09

伊達 政宗
@datemasamune141

おんな城主直虎での今川氏真様

瀬名様を救おうと すげぇ働きかける

寿桂尼様を復活させて信玄公を病死させる

本能寺の変 黒幕説

氏真様すげぇな おい…..

  

2017-12-03 20:37:25

築山御前(瀬名)
@tsukiyamagozen
殿…来週も死にそうなほど怖い目に合うと思いますが絶対味噌をこぼしちゃいけませぬぞ…?

  

2017-12-03 20:46:44

n@tsumix(沼モード)
@natsumix_
まじ伊賀越えやってくれたら受信料倍額払うしなんなら今後の大河のために伊賀越え積立やりたい

  

2017-12-03 20:47:16

かおる@但馬沼継続中
@sakyo_asc
家康さんの「まんぷーくッ」でこの2時間ずっと笑ってる。
万福がなんでいつも主殿とかに控えてるのかなあと思ってたんだけどこの数分で理解。

  

2017-12-03 20:10:47

ののまる
@nonomaru116
尾美としのり、だいたいドラマではコミカルかあまり存在感のない役どころがこれまで多かったけど、今回の榊原康政の存在感、画面の引き締めっぷりがすごくて、本当にいい役もらったなって感想しかない。

  

2017-12-03 20:48:11

おゆきさん
@takahara_yukix
大河ドラマって、12月に入ると収束に向けて「お片付けモード」全開になるのが多いのに、去年も今年も最後の最後まで走っていくのだな。素晴らしい2年だ✨

  

2017-12-03 20:49:32

大竹直子
@naokoohtake6969
ラスト2回に来て、本能寺の変の真相の新説をぶち込むあたり、いかに直虎が攻めてる脚本かがわかる。あと2回、大いに攻めて下さい。楽しみに直虎皆勤賞目指します。#おんな城主直虎

  

2017-12-03 20:50:17

さとひ(あるいは渡辺裕子)
@satohi11
大河ドラマとしては、すごーく子ども時代が長かったんだよね。画面が子どもばかりなのは若干緊張感に欠けたし、あの頃は不安に感じてたんだけど…あれは、やはり必要だったんだよね…。鶴亀おとわはもちろん、氏真さんも瀬名ちゃんも、幼き日のあれこれがすべて今につながってる

  

2017-12-03 20:50:24

アズあるいはハル
@azuxxxharu
「女性主人公」「女性脚本家」「マイナー主人公」「戦は嫌でございます」が、書きようによってはいくらでも面白くなるどころか、たいへんな神大河になり得るということを一年かけて証明した…という点でもこの作品はすげェ偉大だと思う。

  

2017-12-03 20:53:39

スポンサーリンク