わろてんか 第58話のネタバレな見どころ

twimg.com

今日のわろてんかは、
ニセ団吾と本団吾が遭遇するお話でした。

借金取りから逃げてきたお夕夫婦。
てんの計らいで一時的に風鳥亭に拾われる形となります。

そこで、噺家の旦那の実力をはかるべく
てんはネタ見せの場を一席設けました。

そこで、旦那が『崇徳院』を披露し始めると…
偶然逃げて来た月の井団吾と遭遇。

旦那はその場から逃げ出すという内容でした。

そんな中、注目を集めたのは
北村有起哉さんの落語。

良い感じで始まったにも関わらず
ナレーションが入り、さらには途中で終わったことで

「完全版を見せろ」
「ナレーションはいらないだろ」

といった不満の声がTLに多くあがることとなりました。

今日の放送は一体どんな展開だったのか?
あらすじ&感想の実況まとめをご覧ください。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか 感想まとめ

スポンサーリンク

わろてんか 第58話 あらすじ感想まとめ

twimg.com

前回のあらすじ

神社で倒れていた女性は、名前をお夕と言い
噺家の娘であった。

彼女は事情を抱え逃げてきたものの
夫とはぐれてしまい食事もとれず倒れていたということだった。

困っていたお夕をてんは風鳥亭で預かった。
そんな折、藤吉がご執心の月の井団吾が現れたという報告を受けた。

風鳥亭一同で団吾のいる万々亭を訪れると・・・
そこに居たのは、ニセ団吾。
そのうえ、その男は、お夕の旦那であった。

前回:わろてんか第57話 あらすじ・感想「北村有起哉が8時14分の男だった」実況まとめ

スポンサーリンク

笑いの神さんなんかおるかい

団吾を騙っていたのはお夕の旦那だった。

お夕「あんた!何してんの!」
藤吉「よりにもよって団吾師匠の名ぁをかたるとは…」

芸人達も口々に責め立てた。

「ホンマすんません!ほら!あんたも!」

そこで、てんが助け舟を出した。

「ここはうちがとりあえず払いますさかい」
「ごりょんさん…」

先日アサリがさい銭泥棒に疑われた件を引き合いに万丈目がくってかかった。

twimg.com

「こんな芸人がいてるさかい、わてらが巡査に疑われんねんで!」
「笑いの神様の罰当たるで!」

すると、お夕の旦那は吐き捨てるように言った。

「アホ言うな!笑いの神さんなんかこの世におるかい!」

twimg.com

おゆきさん
@takahara_yukix
有起哉たまんねーな💕

  

2017-12-07 08:01:05

びびびのれいな@師走
@bi3017
役名が北村の人と中の人が北村の人との対峙@ 食堂

  

2017-12-07 08:01:23

畑 圭
@momohiro82346
タカスィの顔芸www

  

2017-12-07 08:01:31

🐥蓮花茶@実況🐯
@lotusteajikkyou
有起哉さんすてきークズですてきー

  

2017-12-07 08:01:31

切妻 緑
@CordeliaFAnne
「よりによって」プルッ、「團吾師匠の名を騙るなんて」プルプルッ。

  

2017-12-07 08:01:34

ニセ団吾

一同はお夕の旦那を連れ風鳥亭へ戻った。
お夕は旦那をさい銭泥棒したかと疑ったが、その犯人は捕まったと亀井が教えた。

「何でもさい銭盗み回っては酒飲んでたちゅう罰当たりな奴や」
「そうですか」
「俺は罰なんか怖ない」

「神さんなんかおらん言うたやろ。あんた!」
「神さんがおったら団吾やのうて俺が今頃天下とってるわ」

お夕から、旦那は噺家であること、
団吾の名を騙り小屋に出ていたことが明かされた。

twimg.com

てんは2人に長屋を使うように勧めた。

しましま(朝ドラ/大河)
@20years_later_
有起哉さん なんて素敵な クズ男
(今日の一句)

  

2017-12-07 08:01:49

三沢 ♡ようこ
@2251_Mai
北村有起哉さんの役名が
ニセ団吾師匠 → お夕の夫に格上げ

  

2017-12-07 08:03:09

れんぎょく
@s_rengyoku
ニセ団吾師匠やさぐれてるw
ここで藤吉がニセ団吾の素質に気づいてプロデュースすれば「見る目はある」に説得力出てくるんだけどなぁ

  

2017-12-07 08:02:00


@s_abagashira
藤吉から人に対する敬意ってものがごっそり消えてるのがどうにもしんどい

  

2017-12-07 08:04:46

ギズム_ネコガミ
@gismnekogami
まあ、それ言い出したら古典落語って全部ものまね落語なんだけどね

  

2017-12-07 08:19:14

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク