この記事は、
わろてんか 第74話 あらすじ・感想「安来節乙女組オーディション」実況まとめの3ページ目です。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか あらすじ感想まとめ

新婚旅行

藤吉とてんは海岸を歩いていた。

「お父さんが乗り込んできはった時、京都のお父はんの事思い出しました」
「俺もや」

twimg.com

てんは、だからこそ都の夢を叶えさせたい
と思いを新たにしていた。

2人は海岸を歩き少しセンチメンタルになっていた。

結婚以来、初めて2人きりの旅行。
結婚生活を振り返り、藤吉はてんに尋ねた。

「てんは…後悔してへんか?」
「する訳ないですやろ」
「好きな藤吉はんと生きてこれた。こない幸せな事ありまへん」

てんの言葉は藤吉を高揚させた。

「よっしゃ!明日はてんのお父さんに結婚頼みに行った時の気持ちでぶつかったる」

安来節オーディションは、
図らずも2人にとって新婚旅行になったのだった。

もこ
@6komo5
後悔してたらもっと前に別れてると思うよ、藤吉w

  

2017-12-26 08:10:30

れんぎょく
@s_rengyoku
新婚旅行も兼ねてる!
かわいい夫婦ですよ、ほんとに

  

2017-12-26 08:10:30

mo
@bsprt
可愛らしい新婚旅行なのにちょっとしんみりしててなんか泣ける

  

2017-12-26 08:10:34

にじこ
@nijiko_dx
やはり外ロケ映像は広々として良いねえ

  

2017-12-26 08:13:50

ギズム_ネコガミ
@gismnekogami
ロケ場所は分からんですが、設定は宍道湖って事かな?
綺麗ねー。

  

2017-12-26 08:29:15

友見紗雪
@yuiyuimaruru
プル吉、照れてる。てんちゃんも嬉しそう。ラブラブ夫婦。可愛い。

  

2017-12-26 08:11:07

スポンサーリンク

女子寮を作ります

藤吉、てん、都は、都の父・太平を待っていた。

「わざわざお越し頂いてすんまへん」
「都がまた邪魔しちょるらしいけん連れ戻しに来ましたが」

話し合う気もない太平。
都を連れて帰ろうとうするのを藤吉が呼び止めた。

「待って下さい」
「何かね」

「娘さんを私ら夫婦に任せてもらえませんやろか」

藤吉がそう切り出すと、てんは1つ提案した。

「女子寮作ろう思いまして」
「女子寮?」

twimg.com

「へえ。朝起きてから夜寝るまでうちらが責任持って面倒見さしてもらいます」

あまりの厚遇に太平は不審がると

「うちらは芸人さんをみんな家族や思てます」

そう理由を説明し、必死で藤吉と2人で訴えた。

🐥蓮花茶@実況🐯
@lotusteajikkyou
そりゃまー、大手メーカーへの就職が決まってる子が「芸能人になりたいから大阪へ行く!」って言い出したら、全力で止めるがな

  

2017-12-26 08:11:14

うた@おんな城主直虎一年間ありがとう!
@inoueaiai1008
遊郭がある時代やもんなあ。お父さんの心配ごもっとも。実際騙されて売られた娘さんもおったんやろなあ。

  

2017-12-26 08:12:13

ときわたり@はむ☆ポケ森なう
@maitokiwatari
藤吉に育てられるのは不安しかないがw

  

2017-12-26 08:12:53

わぶ子
@chikuwabu5015dr
何で出向かずに呼び出してるのかは震えてるから置いておくか

  

2017-12-26 08:12:59

mo
@bsprt
ちょっとだけ藤吉の傘回しを期待した

  

2017-12-26 08:12:31

スポンサーリンク

だんだん

頭を下げるてんと藤吉。
都も続いた。

「お父ちゃんお願いだけん私が大阪に行くのを許してごしない」

すると、3人の訴えは、太平に届いた。

「そげなら、いっちょ前になぁまで帰ってくぅだない」
「泣いて帰ってきても戻る家はないけんの」

都は、父の言葉を聞き涙を流した。

「だんだん」

twimg.com

てんは、都の肩に手をかけ「頑張ろうな」と声をかけたのだった。

トモ
@shufu_tomo
思ってたより随分簡単に許可出たな

  

2017-12-26 08:14:23

ゆずず
@yuzu0905
※BKおなじみ年末進行のためスピード解決です

  

2017-12-26 08:15:57

パルナス副長
@ojyaru5
つんくがモー娘の両親に頼みに行く番組みたことあるけど、それ思い出した。

  

2017-12-26 08:12:34

ひぞっこ
@musicapiccolino
朝ドラ歴の長いクラスタには今さらですが、島根県を舞台にした過去の朝ドラへのオマージュと思われるこの台詞「だんだん」は、出雲弁で「ありがとう」という意味です。

  

2017-12-26 08:49:17

もこ
@6komo5
都さんのお父さんが一旦は反対してくれて良かったですね。てんや藤吉は改めて若い娘さんを預かる責任の重さを感じたでしょうし、それによって踊り手の娘さんたちの待遇も当初考えていたものよりも良くなったんじゃないかなぁ。

  

2017-12-26 08:17:00

わぶ子
@chikuwabu5015dr
ごしないとかだんだんとか過去の作品が思い出される方言たち

  

2017-12-26 08:14:18

畑 圭
@momohiro82346
だんだん
(二回目)

  

2017-12-26 08:14:26

ちろる@ブルネイ泊地
@tirol28
あまちゃんとひよっこと舞台的にゲゲゲの女房とだんだんぶっこんできやがったー

  

2017-12-26 08:13:16

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク