この記事は、
わろてんか 第77話 あらすじ・感想「風太の動揺」実況まとめの3ページ目です。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか あらすじ感想まとめ

ケンカの理由

一件落着し、風鳥亭を後にする伊能栞を
てんが見送りした。

「伊能さんホンマにありがとうございました」
「隼也君、学校でケンカしたんだってね」
「隼也がその話を?」

栞によると、
隼也が学校で芸人になりたいと言ったところ
「芸人なんてアホがなるもんだ」とからかわれ、ケンカになったということだった。

「隼也が芸人さんに?」
「どうしてだと思う?」

てんは見当がつかなかった。

「芸人になればお母ちゃんといつも一緒にいられるからだそうだ」

乙女組が来て以来、さみしい思いをしてきた隼也。
てんは、栞の言葉でやっとその気持を理解したのだった。

うた@おんな城主直虎一年間ありがとう!
@inoueaiai1008
シオリンもお母さんと離れて暮らしてたんだもんね・・

  

2018-01-04 08:10:34

パルナス副長
@ojyaru5
栞さまの政次み
しょうがないけどね(^◇^;)

  

2018-01-04 08:11:03

よしひろ
@Yoshi_Heero
てんちゃんと一緒にいたいから芸人になりたい言う隼也。伊能も東京のお母さんには思い入れがあるから気持ちはわかるよね。それは藤吉も同じことで。藤吉かてお母さんを笑わせたくて、元気づけたかったから芸人を目指したわけで。

  

2018-01-04 08:10:23

スポンサーリンク

藤吉の対応

藤吉と隼也、事務室で2人になっていた。

「隼也、ほい」

藤吉は隼也にミカンを渡した。

「ケンカのわけも家出のわけも聞かん」
「俺はお前を信じる」

隼也は父の顔をじっと見つめた。

「そやけどな、迷惑かけた人には謝らなアカンで」

藤吉はそれだけ言うと、
それ以上は家出に関して詮索しなかった。

畑 圭
@momohiro82346
やっぱり震えかたが足りない。
物足りない。

  

2018-01-04 08:11:08

ギズム_ネコガミ
@gismnekogami
んでもってこのミカンは、はつさん所のだったりしてね

  

2018-01-04 08:25:46

友見紗雪
@yuiyuimaruru
藤吉がお父ちゃんしてる(T . T)自分自身、周りにいっぱい迷惑かけてきたもんな。

  

2018-01-04 08:12:09

ぶち猫
@butitato
隼也
芸人になれば
お母さんといつも一緒にいられる
その気持ち分からないでもないという栞様は母親から引き離された子かあ
わろてんか
こーゆーしみじみしたパートはなかなか秀逸なんだよなあ。

  

2018-01-04 08:12:14

スポンサーリンク

藤吉とてん

家に帰るとてんと藤吉は
今日の出来事を振り返った。

「母親失格やわ」
「あの子の気持ちに気付かんと」
「構うてほしかったんや思うで」

藤吉には隼也の気持ちが分かった。

「乙女組のお母ちゃんになってしもたてんに、ちょっと心配かけとうなっただけや」

2人にとって今回の隼也の件は
成長の糧となった様子だった。

「うち隼也がいてくれてよかった思います」
「あの子がいてるさかい親のうちらも成長できるんやなてつくづく感じましたわ」
「そやな」
「まだまだ俺らも成長せなアカンな」

翌朝、ご飯を食べ終えた隼也。

「お父ちゃんお母ちゃんごめんなさい!」

そう言うと、元気に学校へ飛び出したのだった。

じょー@ぶつ森たのしい
@joe_1125
そうか、よく考えたら藤吉も「母親が仕事ばかりで寂しい思いをした子」やもんなぁ…

  

2018-01-04 08:12:28

畑 圭
@momohiro82346
つえこさんにかまって欲しかった藤吉。
お母さんと一緒にいたかった栞さま

  

2018-01-04 08:12:54

友見紗雪
@yuiyuimaruru
藤吉は誰かの懐に入るときは、食べ物渡すスタイル(てんしかり、リリコしかり)

  

2018-01-04 08:13:20

うた@おんな城主直虎一年間ありがとう!
@inoueaiai1008
藤吉もお母ちゃん不足みたいやったしなあ。

  

2018-01-04 08:13:49

にじこ
@nijiko_dx
わろてんか77。ここはミカンじゃなくてチョコレートを渡すとこじゃないかな藤吉よ。チョコ衛門はもうええけどな。ところで「笑いの色は茶色」ってのは今でもなんだかなって思うで。

  

2018-01-04 08:13:34

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク