西郷どん 第1話

この記事は、西郷どん 第1話の実況・感想まとめです。

twimg.com

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」がいよいよ始まりました。
今年一年よろしくお願いします。

記念すべき第1回は、「薩摩のやっせんぼ」。
西郷隆盛(小吉)の子供時代・薩摩が舞台となりました。

この舞台で展開されたのは、
島津斉彬との出会いエピソード。

小吉らを砲撃する
強烈なファーストコンタクトからの

「思てたんと何か違う」
マッドマックスな島津斉彬の登場。

TLでは、クセが凄いキャラデザインにハートを鷲掴みされる人が続出する次第となりました。

この渡辺謙さん演じる島津斉彬
とにかくカッコイイ。

荒っぽい言葉で叱り飛ばしたかと思えば
ストレートな言葉で激励もする。

しかも、驕らず情報収集も欠かさないから説得力がある。

結果、たった一話にして
小吉が心酔するに足る人物と印象付けることに成功したのでした。

真田丸、おんな城主直虎と、かなりハードルがあがった中でバトンを受けた『西郷どん』ですが、順調な滑り出しを見せたという印象を受けました。

ということで、放送はどんな展開だったのか?
みなさんの感想と実況まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第1話「薩摩のやっせんぼ」のあらすじ

twimg.com

天保11年(1840年)、薩摩の国。
西郷小吉は郷中教育の中で、地域の仲間と勉学や武術に切磋琢磨していた。

ある時、甘いもの欲しさに仲間たちと磯の御殿(藩主の別邸)に潜りこんだところ、あわや命中の砲撃を受ける。
その砲撃の主こそ、島津斉彬だった。

斉彬との縁は続いた。

小吉らは、藩最大の行事「妙円寺詣り」に参加。
見事一番乗りを果たし、褒美をもらう。そこで、再び斉彬に再会するのだ。

運命的な出会いに、「いつか斉彬に仕えたい」と考えるようになる小吉だったが…。
妙円寺詣りの件で逆恨みした他の町の少年に肩口を切られ、剣が振れない体になってしまうのだった。

西郷どん 第1話の感想と実況

西郷どん

twimg.com

明治31年上野。
西郷隆盛像記念式典が行われていた。

「兄さぁもこいで浮かばれますな 義姉上」

twimg.com

晴れやかな西郷従道(錦戸亮)と対照的に
隆盛三番目の妻、糸(黒木華)は浮かない表情だった。

「ちごっ」

銅像を見上げ、糸は声をあげた。
晴れの舞台に似つかわしくない振る舞いに従道は窘めたが…

「うちの旦那さぁはこげな人じゃなか」

twimg.com

糸は銅像の前に飛び出し絶叫した。

今となっては彼女の意図は不明だが、
確かなことがある。

それは、隆盛が男にも女にもよくモテたということ。
そして、もう一つ確かなのはこの男がいなかったら新しい日本は生まれなかったということ。

人々は深い敬愛の念と親しみを込めて彼をこう呼んだ
西郷どん!

twimg.com

村山☆潤
@jun_murayama
はじまちょっど!!

  

2018-01-07 20:02:26

ぬえ
@yosinotennin
「ちごう。うちの旦那さぁはこげな人じゃなか。こげな人じゃありもはん」
そう、この「違う」の意味は私も知りたい。

  

2018-01-07 20:03:13

一二三
@nunonofuku123
西郷イトが、明治21年の西郷隆盛銅像をみて「こげなひとじゃなか」と言ったのは記録に伝わる。
理由は
・顔が似てない(写真がない)
・服装が浴衣とか着ない
・体型が違う
とか諸説ある。

  

2018-01-07 20:02:31

亜姫篤
@gameura
糸「あれはウチの旦那さんじゃなか!パンツ被ってない!」

  

2018-01-07 20:02:39

ゆずず
@yuzu0905
いやいけると思うけどな。

  

2018-01-07 20:03:46

マルキン
@ma_ru_kin
よし、日本語で頼む

  

2018-01-07 20:03:28

しみず さるひこ
@bub_shimizu
『#西郷どん』、たぶん方言に引っ張られずに(なにを言ってるんだろうと考えずに)、画面を観てれば内容は充分に分かると思いますよ

  

2018-01-07 20:01:09

一二三
@nunonofuku123
大河ドラマ翔ぶが如く
西郷隆盛役西田敏行→ナレーション
大久保利通役鹿賀丈史→島津斉興
とかオマージュが強い。
ちなみに、大河ドラマ翔ぶが如くは地元薩摩言葉にこだわりすぎて薩摩弁が一般人に、聞き取れず字幕になった事で有名です。

  

2018-01-07 20:05:57

スポンサーリンク

郷中教育

twimg.com

天保11年。薩摩の国。
西郷小吉は郷中教育で仲間と切磋琢磨していた。

twimg.com

twimg.com

郷中とは、町を区割りしたもの。
薩摩では、郷中ごとに教育が行われていた。

年長者が年少者を指導し、
男子のみが教育を受けられる仕組みだった。

twimg.com

なかじー
@nkzm8080
NHKの子役探し能力が異常 

  

2018-01-07 20:09:38

ラスン
@endumions
去年の井伊谷と違ってメッチャ子どもがいるのが人材の層の厚さを現してますねぇ………

  

2018-01-07 20:07:48

まとめ管理人
@1059kanri
郷中を正確に説明しようとすると「シマズ・ユーゲント」としか言いようがない 

  

2018-01-07 20:08:55

石田三成
@zibumitunari
すげえな
あの伝説的な敵中突破から240年経ってんのにずっと戦国風の訓練してるわけか

  

2018-01-07 20:09:34

坂本龍馬
@historical_per
1840(天保11)年

坂本龍馬 5歳
西郷吉之助(隆盛) 12歳
大久保正助(利通) 10歳
桂小五郎(木戸孝允) 7歳
武市半平太 11歳
高杉晋作 1歳

その他 割愛(すまん)

  

2018-01-07 20:12:39

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク