この記事は、
わろてんか 第82話 あらすじ・感想「追い込まれる高橋一生祭り」実況まとめの3ページ目です。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか あらすじ感想まとめ

栞の異変

twimg.com

藤吉は帳面とにらめっこをしていた。

「まだまだ足らんなぁ。」「そうですね」

すると、そこへ伊能栞がやってきた。

「こんにちは」
「救護品の事やったら電話でも」

「いや…」
「あ…キース君彼に聞けば東京の事が分かるんじゃないかと…」

栞は相変わらず様子がおかしい。

「ああ…まだ長屋に籠もってるようで」
「志乃さんは早速ここを手伝うてくれたはりますけど」

「え?」

栞は過敏に反応した。
と、そこへ折よく志乃が食事を持ってきた。

「さあ食べて食べて」

志乃は皆に食事を配った。
栞は慌てて背を向けた。

「おおきにありがとうございます」

志乃は栞にも声をかける。

「あんたも食べてくかい。あんた言葉からして東京の人だろ。大阪の薄味に飽きてんじゃないかい」「ほらちょいと味見しとくれ」

すると、動揺した栞は思わず
志乃が差し出す食事を払い除けてしまう。

「アチッ。」
「申し訳ありません。」

栞は、慌ててハンカチで志乃の手を拭くと
手を握りしめ、そのままじっと志乃を見つめるのだった。

twimg.com

その様子をみた藤吉とてんは、栞の異変を感じ取っていた。

ギズム_ネコガミ
@gismnekogami
「僕は熟女好きなんだ」

  

2018-01-10 08:28:29

yui之助
@tierce_yui
手の握り方がなんとも

  

2018-01-10 08:09:21

畑 圭
@momohiro82346
栞さま!私も昨日食べたごはんが思い出せないから手を握ってください!

  

2018-01-10 08:09:40

スポンサーリンク

栞の告白

「やっぱり船便か」

藤吉は物資の輸送手段を栞に尋ねた。
ところが、栞は心ここにあらず。

「栞君何や気がかりな事があるんやないか?」
「いや」
「この間から何やおかしいで」
「志乃さんって人何かあるんか?」

グイグイと踏み込む藤吉。
ついに栞が重い口を開いた。

「あの人は…」
「僕の母親なんだ」

「元は向島の芸者で父の妾として僕を産んだ」
「中学までは一緒に暮らしていたんだが」

てんが疑問を口にした。

「けど実のお母さんなんやったら、お会いできてよろしおしたやないですか」
「あの人は僕をお金で売った」

「本家の兄は体が弱くて兄に何かあった時の保険として僕は伊能家に引き取られた」
「その時あの人は父から多額の手切れ金をふんだくったらしい」

「それ以来何の音沙汰もなかった」
「あの人が実の息子の顔も思い出せないのはあの人にとっても幸せな事かもしれない」

栞は愛憎相半ばするといった様子であった。

ゆめ
@yume0issay
仕事できないくせに妙な勘だけ働く藤吉

  

2018-01-10 08:11:00

あけみち
@newyork_rose
藤吉に おかしいで言われちゃう栞さま。藤吉に…

  

2018-01-10 08:10:36

maple
@HgSakura
しおりん、いくらなんでもわかりすぎだし、見てるこっちが辛くなる〜! ほら、藤吉にもてんにもバレバレ。

  

2018-01-10 08:10:18

もこ
@6komo5
栞さま、いつものペースが崩れて取り乱しがちなの、たまんないわぁ。一生さんの真骨頂。

  

2018-01-10 08:10:59

ゆめ
@yume0issay
「あの人(母親)僕を金で売った」
高橋一生の真骨頂というべき役の栞さん

  

2018-01-10 08:12:40

亜姫篤
@gameura
設定をイッキに喋り出す高橋一生です

  

2018-01-10 08:11:50

maple
@HgSakura
わかってたよ!(視聴者)

  

2018-01-10 08:11:06

のんびり
@nonbiri444
視聴者「うん。そうだと思ってた。」 

  

2018-01-10 08:11:48

✨蜜八瑪婦人✨
@YaQtn
「僕の母親なんだ」
TL「知ってた」

#わろてんか

  

2018-01-10 08:11:58

大葉
@kinuingen
「あの人は僕の母親なんだ」1ミリも驚きがない

  

2018-01-10 08:11:13

スポンサーリンク

整理がつかない伊能栞

栞が身の上を語ると、当の本人がやってきた。

「お邪魔するよ」
「どないしはりました?」

「さっきの煮物が口に合わなかったみたいだからいろいろほかのものを持ってきたんだ」
「あんたしっかり食べて元気出さなきゃダメだよ」

「私の卵焼きはちょっとこう砂糖がたっぷり入ってるから甘すぎるかもしれないけどね」
「さあ食べとくれ。どうぞ」

ところが、栞は食事に手を付けなかった。
それどころか、目も合わさず、そのまま部屋を後にしたのだった。

twimg.com

萌える大河姫
@taiga_takeda
らしくないね。
しおりん。

  

2018-01-10 08:14:20

ぶち猫
@butitato
銀粉蝶さん
いい味出してるわあ
いかにもきっぷの良いもと芸者
惹きつけられますな
(o^^o)

  

2018-01-10 08:13:05

もこ
@6komo5
志乃さんって、東京のお母ちゃんとしてキースの世話も焼いていたでしょうから、基本お世話好きだし、それが息子と同じくらいの年頃の男性だと余計に発揮されるんだろうなぁ。

  

2018-01-10 08:13:22

酸橘
@sudachisanma891
高橋一生、こじらせやらせたら天下一品だな!
しのさんはもう思い出してると思うぞ…

  

2018-01-10 08:13:30

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク