この記事は、
わろてんか 第83話 あらすじ・感想「圧巻の銀粉蝶(志乃)さん」実況まとめの4ページ目です。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか あらすじ感想まとめ

てんの訴え

志乃の状態を報告するために、
てんは伊能栞の事務所を訪れていた。

「すまなかった迷惑をかけて」
「いいえ迷惑やなんて」

「やっぱり伊能さんが面倒見てあげはった方がよろしいんとちゃいますやろか。お母さんの事」
「治療費はこちらで払う」
「そんな事やのうて会いに行ってあげとくれやす」

栞は逃げるように外出の準備を始めた。

twimg.com

「すまない会合があるんだ」
「伊能さん言うてはったやないですか」
「活動写真を好きになったんはちっさい頃お母さんと一緒に見たからやて」

「お母さんの好きな活動写真を自分で作って日本中を感動させたい。そう言わはったやないですか」
「うちはそのお気持ち信じてます」

てんの訴えが栞の心に突き刺っている様子だった。

どぐりん
@dogurin
実の息子が高橋一生で大野拓朗が「東京のお母ちゃん」と慕って甲斐甲斐しく面倒みてくれるって、前世でどんな徳積んだらそんな境遇になれるんだ…  

  

2018-01-11 08:11:39

きっちょん
@aemilia_kw
しおりんが活動写真を好きになったきっかけと藤吉が落語を好きになったきっかけが両方小さいときお母さんとみにいった、いい思い出からきてるんだね。そういうとこも共通点なのかな。

  

2018-01-11 08:15:00

スポンサーリンク

志乃の覚醒

深夜、志乃は目を覚ました。
傍らでは、看病したままキースが寝落ちしている。

志乃はキースに気づかれぬよう
そっと風呂敷を開き、へその緒の箱を取り出した。

箱をよく見ると
生年月日と名前が書かれている。

そして

名前には「栞」という文字があった。

twimg.com

「ハッ!」志乃は、驚きで息が止まった。
そして、へその緒の入った箱をぎゅっと握りしめるのだった。

もこ
@6komo5
思い出した時の銀粉蝶さんの演技が、すごい。いろんな感情と記憶が押し寄せてるのがわかる、、

  

2018-01-11 08:11:52

ゆずず
@yuzu0905
イッセー高橋もなんだが、同じくらい銀粉蝶さんも表情の演技が圧巻(´⊙ω⊙`)

  

2018-01-11 08:14:17

にじこ
@nijiko_dx
しのさんの記憶が戻る前と後の表情の違い。

  

2018-01-11 08:15:14

スポンサーリンク

風太からの連絡

事務所では、亀井とおトキが軽口を叩いていた。

「ああ亀さん。今度来はる時、天満の帳簿みな持ってきとくれやす」
「そら困りますわ。わしが使い込んでんのばれまんがな」
「亀さんにそないな度胸あらへん事とうにばれてます」

そこへてんが来た。

「何や2人とも楽しそうやな」
「おトキさんが明るいとね話はずみますわ」

「風太から電話あったんか?」
「あれから1週間も連絡ありまへん」

寂しそうな表情を浮かべるおトキをてんが慰めた。

「けど『便りのないのはええ便り』言いますやろ」
「そらそうでんな」

「そうや!お饅頭でもぎょうさん買うといたら匂いにつられて帰ってくるえ」
「なあ。へえ」
「そうですな。ほな今度買うてきます」

そんな時、志乃が風鳥亭を訪れた。

友見紗雪
@yuiyuimaruru
亀さんのおちゃめなボケ、可愛い

  

2018-01-11 08:13:07

わぶ子
@chikuwabu5015dr
切ないな、おトキちゃん

  

2018-01-11 08:13:23

アホアホマン
@ahoahoman17
亀さんとかいう癒し

  

2018-01-11 08:13:25

畑 圭
@momohiro82346
ふっと緩むよね、亀さんのこういうシーン。
入れてくれて助かる。

  

2018-01-11 08:13:36

う~く・りけるけ
@ukworldpremium
これこれ、トキと亀の会話。これが関西の日常のやりとりなのよ~。ボケられてもツッコまれても、お互いにためらわず、フツーに受け流しながら会話が進んでいき、いつの間にか元の話に戻ってる……。「冗談だよ~」とかの無粋なフォローは不要なのよ。

  

2018-01-11 08:15:41

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク