この記事は、
西郷どん 第2話「立派なお侍」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

反りの合わない斉興と斉彬

江戸から帰国した島津斉彬と藩主島津斉興も
反りの合わない親子であった。

twimg.com

斉彬は、大がかりな大砲の訓練を提案していた。

「参加藩士2000人じゃと!?」
「はっ。いささか費用はかさみますが…」

薩摩藩家老・調所広郷(ずしょひろさと)は財政を懸念し咎めた。
調所は500万両もの借金に目処を立てた人物。斉興は信頼し、影響力は強かった。

twimg.com

ところが、そんな調所に斉彬は正面切って攻撃した。

「調所。そなた聞くところによると借金を帳消しにしたばかりでなく50万両懐に入れたそうではないか」
「ちょっとそれ貸してくれんか」

そして、傍らにいた赤山を巻き込み芝居じみたおふざけをするのだった。

「赤山、エゲレスの軍艦が…」
「おっおお!」
「いや違うた。どうやら桜島があきれておられるようじゃ」

斉興は、そんな斉彬に手を焼いている様子だった。

Watanabe
@nabe1975
島津斉興は借財だらけだった島津家の財政を調所広郷と共に立て直したので、斉彬の散財には厳しいのだ。

  

2018-01-14 20:11:26

umico
@marlinche94
世界の渡辺謙が大河に出るとだいたい親子相剋描写が入ります。

  

2018-01-14 20:13:16

眞鍋やよい@クー子はGATE1257参戦
@manayayo
パプリカ生食いしたり四川料理の鉄人を召喚しそうな藩主様やな…

  

2018-01-14 20:11:34

一二三
@nunonofuku123
幕末薩摩の出来事は大体斉彬ひい爺さんの8代藩主島津重豪のせい
曾孫斉彬に蘭学を教育→斉彬も蘭学好きに
天文館や藩校を作る→薩摩科学技術の基礎に
娘の茂姫を11代将軍徳川家斉に輿入れ→篤姫輿入れに
浪費家→薩摩財政破綻させ重税に
逆らった家臣を切腹させる→お由羅騒動に

  

2018-01-14 20:11:55

一二三
@nunonofuku123
調所広郷は8代藩主島津重豪が蘭学事業及び将軍家輿入経費で500万両(1両20万円として約1兆円)と借金を背負った薩摩藩を、商人への借金の棒引き、琉球と密貿易、奄美諸島で島民に過酷な労働を強いて砂糖生産で僅か10年で逆に250万両の蓄えを作る。薩摩にとって「良い悪代官」

  

2018-01-14 20:11:27

スポンサーリンク

農家の現状

翌日、吉之助は借金取りから助けた娘の家を訪れた。

「食うや食わずで働いても借金をせんと年貢も払えん」
「病の女房を医者に診せる金もなか。そんあげくふきまでこげん事に…」

窮状を訴える平六。一方、ふきは吉之助への感謝を口にした。
そして、働いて金を返すと言う。

twimg.com

「ご奉公に行けばよか着物着てお化粧してもろて住むとこもごはんもお給金だってもらえっとでございもんそ?」

現実はそれほど甘くないことを吉之助は知っていた。

「じゃっどんそいは…。」

憐れに思った吉之助は自分のおにぎりを差し出した。
ふきの小さな弟は、すぐに食いついた。

「うまかぁ!」

吉之助はふきにも勧めた。

「米っちゅうのはこげんうまかもんですか」

平六が続ける言葉に格差が明らかになる。

「こいたちゃいっぺんも白か飯を食ったこっがなかとです」
「そ…そうじゃしたか」

twimg.com

のぐちよしあき(配役宝典の中の人)
@noyorin
こんな家で台風来たらどうなるかといつもおもう 

  

2018-01-14 20:13:01


@s_abagashira
奄美の島で砂糖ばかり作らされて田んぼを作れなかったってブラタモリで言ってたけど、田んぼ作らされても米が自分の口に入らないんだもんな… 

  

2018-01-14 20:14:34

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
人助けの為に身を削りはじめた西郷さん。なんだかアンパンマンに似ている。

  

2018-01-14 20:14:06

マルキン
@ma_ru_kin
おんな城主直虎の傑山の腕橈骨筋を西郷隆盛が大胸筋として引き継いだということでいいのかな。

  

2018-01-14 20:13:07

はなちゃんだよ
@emotions3679
ネット用語(?)の「わい」は「私」だけど、鹿児島弁の「わい」は「あなた」っていう意味になりもす。

  

2018-01-14 20:14:29

かとりせんこ。
@nizigaro
近代以前の米は、炊くと嵩が増すインディカ種の赤米(唐法師、とぼし)が多かったのです。
ただ唐法師だけだと粘りがないので、裕福なところでは白米を混ぜて炊いたのです。

ジャポニカ種白米のみに栽培種が淘汰されたのは、近代軍隊発足後、一律飯盒炊爨が必要になって以降。
これ豆な。

  

2018-01-14 20:22:58

スポンサーリンク

岩山糸との再会

その晩大久保正助の就任祝がささやかに催された。
正助の父・次右衛門が挨拶を始めると、吉兵衛が遮り宴が始まった。

twimg.com

郷中の仲間が総出で正助の就任を祝った。

twimg.com

「正助どんにゃ記録所の仕事はぴったいじゃ」
「ほんのこて学問ば~っかしちょったで」

冷やかしながらワイワイと騒いでいると、赤山靱負が訪れた。

「正助おめでとう」
「赤山先生こん度は大変お世話にないもした」

赤山は祝いの鯛を贈った。そして、付き添いの娘が酒を差し出した。
そこで正助が気付いた。

「あ…あの~どこかでお会いしもしたか?」
「なんちわいたちゃ忘れたとか?妙円寺詣りに行った仲じゃっどが」

娘は一緒に妙円寺詣りに参加した岩山糸だった。

「あん糸どんか。足がわっぜ速か!」

twimg.com

赤山によると、学問がしたくて下働きをしているということだった。

「女子んくせに学問を!」

有村俊斎が冷やかすと、正助は叱り飛ばした。
ところが、俊斎はさらに続けた。

「さては正助惚れたな!」

twimg.com

そうして、一同は大いに笑い盛り上がったのだった。

ぬえ
@yosinotennin
北村有起哉さんだー

  

2018-01-14 20:15:28

南十字@大河垢
@sc_hateruma
宴席に女が一人も座ってないことにお気づきでしょうか 

  

2018-01-14 20:16:01

もこ
@6komo5
侍の西郷家の貧乏と、百姓の貧乏では貧乏のレベルが違いすぎるのがわかってしんどい。

  

2018-01-14 20:16:15

わた@シン・呉鎮守府
@them_isto_cres
「あの、どこかでお会いしましたか」
確か真田丸でお会いしたと思います。あと江戸時代。

  

2018-01-14 20:16:35

☆るる☆
@rudopai_ruru
糸どんが吉之助どんを見る目に憧れが❤️

  

2018-01-14 20:17:55

まーぼー(実況用)
@mabo1113
正助→糸→吉之助→斉彬様

矢印の方向はこうですか

  

2018-01-14 20:18:37

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク