この記事は、
西郷どん 第2話「立派なお侍」感想・実況の3ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

島津家のお家事情

宴席が一段落すると、赤山を中心に
郷中教育を受けた正助の仲間たちが座を組んでいた。

大山格之助は、吉之助のお人好しを咎めた。

twimg.com

「のう吉之助次の禄を頂戴したら、ばあ様に足袋を、畑仕事をしてくるっ吉二郎には新しか鍬を買うてやれ。百姓に同情しちょっ場合か」

しかし、農家の窮状を目の当たりにした吉之助は、借金のカタに売られる娘を放っておけないという。このままではいけない。その気持を素直に吐き出した。 ただ、赤山にどうしたいのか?と問われても、その答えは見つからない状態だった。

そんな中でも、吉之助は、斉彬が藩主になれば民百姓の苦しみを理解してもらえると期待し、担ぎたいと口にした。
すると、正助は財政を立て直した調所の勢いを分析し、吉之助の甘さを指摘した。

「そん調所様が嫌うちょっ斉彬様を今担ぐっとは危うすぎっど」
「じゃっどんそいを…」
「殿は調所様の言いなりじゃっで」

すると、再び有村俊斎がふざける。

「お側女のお由羅様にものう!」

その後、女の言いなりにならないという有馬新七と「女を知らんからじゃ」という俊斎が小競り合いを始めるのだった。

twimg.com

東雲ののか
@y32ma05jo
赤山先生の鹿児島弁がネイティブ過ぎて、違和感なか!!

  

2018-01-14 20:19:37

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
大久保さんに早くも政治的センスが垣間見える。(小松さんと打ちそうになる)

  

2018-01-14 20:19:47

スポンサーリンク

久光を藩主名代とする

twimg.com

翌日、城では島津斉興がイラだっていた。

「こいはそん方が書いたとか!?」

「薩摩の沿岸の備えを視察した報告書にございまする」

久光は兄を止めようとするも斉彬は続けた。

「急ぎ御公儀に申し上げねば手遅れになるやもしれません」
「こげなもんが御老中方に届いたらわしがどげんなっか」

「ですが父上もしメリケンやエゲレスが…」
「黙らんか!幕府の手先が」

twimg.com

そこで斉興の側女・由羅が口を挟む。

「まあ恐ろしい方。万一このような御方がご当主になられたら薩摩はどうなってしまうんでしょう」
「ねえ殿様」

「お前に薩摩は任せられん!久光を藩主名代とする」

斉興は勢いに任せ、久光を名代に指名した。
すると、斉彬は斉興を睨みつけ、その場を後にしたのだった。

りうみん
@yu_panzuki
由羅さまは、今年の大河の妖怪枠かな(^_^;)

  

2018-01-14 20:21:19

iWakaWatakuWo
@kagoshimamusou
狆がいる!!島津家の菩提寺・福昌寺の跡にはお殿様・お姫様が飼っていたペットのお墓があります。

  

2018-01-14 20:21:49

いが(たろに)
@iga_iganao
島津久光が今までの島津久光像はなんだったのかというほどあまりに可愛らしいので、TLで「ひさみちゅ」というあだ名がついている

  

2018-01-14 20:22:19

みかん
@hutakigusa
まー、正室腹の嫡男差し置いて側室腹の久光さんが藩主になれるわけがないし、そもそも斉彬様は幕府中枢に強烈なパイプ持ってるのと幕閣に覚えめでたいから、父上がなんと言おうがお由羅さんが呪おうが、結局は幕府の鶴の一声で決まるんだよな。

  

2018-01-14 20:22:09

一二三
@nunonofuku123
調所広郷は商人への借金棒引きや、密貿易や重税、奄美大島への「砂糖地獄」と言われる圧政で500万両(約一兆円)を20年で返したので
古い薩摩藩士→斉彬みたいな島津重豪に似た蘭学好きに金使うのは絶対イヤ
若い薩摩藩士→調所広郷は20年も重税で苦しめてもうイヤ
って対立。

  

2018-01-14 20:22:12

けうぽ
@Keu_Po_Rin
渡辺謙に!
もっと女優ライトを!
鹿賀丈史に!
もっとジジイメイクを!
(同年代にしか見えない)

  

2018-01-14 20:22:46

スポンサーリンク

斉彬の目論見

赤山は急ぎ足の斉彬を追いかけながら聞き返した。

「藩主名代を久光様に!?まことにございもすか?」
「赤山明日わしは江戸へ発つ」

赤山は必死で止めた。
そこで、斉彬は目論見を明かした。

「赤山」
「幕府はうすうす気付いている。薩摩に不審の筋ありとな」
「琉球の扱い密貿易…つつきだしたら切りがない」
「だがわしはその事を幕府に申し上げるつもりだ」

「では…!」
「父上にはその責めを負うてもらう」

twimg.com

「斉彬様」
「何じゃ!?その顔は」

「次にこの地を踏む時には必ず藩主として戻ってくる」

twimg.com

そう言って、勇気づけるように赤山の肩を小突いた。

「それまでの辛抱じゃ」

斉彬の表情はあくまで明るかった。

成瀬忠詠
@naruseeigo
この大河ほんとに「西郷どん」?「島津斉彬の野望」とかにした方がよくない?

  

2018-01-14 20:23:11

ぬえ
@yosinotennin
あちこちにわかりやすいキャラクターがいて、ある意味まっこと…まっこと物語がスムーズです

  

2018-01-14 20:24:34

みかん
@hutakigusa
薩摩が借金抱えてたのは、蘭癖大名と言われた先先代の重豪さんが原因なのもあるんだが、他にも薩摩っていう地理的に端っこポジションがね。海外からの脅威に晒されるから、いち早く防備固めてんの。その為の大砲費用諸々の出費がかさんでお金がない。

  

2018-01-14 20:24:40

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク