わろてんか 第89話のネタバレな見どころ

twimg.com

今日のわろてんかは、団吾のラジオ出演問題を中心に描かれました。

風鳥亭の看板落語家・月の井団吾のラジオ出演を止めるべく強硬手段に出た風太。
ところが、団吾は風太のやり口をギャグに変え、新聞で出演宣言を行います。

怒り心頭の風太。一方、不義理な格好になったものの、
当の団吾は、療養中の藤吉の病室を訪れ筋を通します。

「落語と万歳どっちがオモロイ?」と尋ねる団吾。

当惑する藤吉に対し、団吾はラジオ出演の意図をほのめかすと、翌日出演するラジオ番組で「ホンマにオモロイ落語聴かしたる」と言い残して去った…というあらすじでした。

そんな中、注目を集めたのは
リリコの笑顔。

藤吉はリリコに「笑顔がべっぴん」と言われ、その気になります。
そして、病院の鏡で笑顔のチェック。その様子が放送されると、

「やっぱりアリスはべっぴんさんや」
「リリコ好きだー!」

といった声がTLにあがり賞賛されたのでした。

さて、今日の放送は一体どんな展開だったのか?
あらすじ&感想の実況まとめをご覧ください。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか 感想まとめ

スポンサーリンク

わろてんか 第89話 あらすじ感想まとめ

twimg.com

前回のあらすじ

倒れてから3日目にして目覚めた藤吉。
医師の見立てでは、若干の麻痺は残っているが、動かすことで改善するということだった。

そんな折、月の井団吾師匠にラジオ出演の話が舞い込んだ。
風鳥亭を訪れたラジオマンは、てんや風太に話を持ちかけたが、寄席への影響を危惧した風太が一蹴。

そこで、ラジオマンは直接団吾を口説きに出た。

その動きを察知した風太。
団吾に談判を行うも、のらりくらりとかわす様子を見て、風太は家の家具を差し押さえる強硬手段に出たのだった。

前回:わろてんか第88話 あらすじ・感想「高橋一生が松坂桃李の手を握り熱い思いを伝えた」実況まとめ

スポンサーリンク

噺家の口に蓋

風鳥亭の事務所で新聞を読む風太。
月の井団吾の記事を見つけ驚愕した。

「何や?これ」

新聞には差し押さえの付箋を口に貼った団吾の写真。

twimg.com

「借金の差し押さえはしかたないと諦めましょうが」」
「噺家の口に蓋をするのは無理というもの。わしはこの封印を解くためにラジオに出ます」

ラジオ出演を禁止されていた団吾が、徹底抗戦することを新聞紙上で宣言したのだ。

「絶対出させへんぞ」

当然、記事を読んだ風は激怒したのだった。

くら (Kura)
@Kura_t_teio
#わろてんか 界の新聞はよくクシャクシャにされるのう…(^o^;)

  

2018-01-18 08:01:38

yui之助
@tierce_yui
大阪でラジオに落語家が出る番組ってヤンタン?

  

2018-01-18 08:03:04

ギズム_ネコガミ
@gismnekogami
キョンシー師匠

  

2018-01-18 08:18:20

団吾を探せ

風鳥亭は団吾の確保におおわらわだった。
風太は思い当たる先に電話をかけていた。

「ああもしもし?うちの団吾師匠おりまへんか?」
「ええ…そうですか」
「ほなまたよろしゅうお願いします」

トキ「どこ行かはったんやろ」
「なじみの料亭はみな聞いたしな」

傍らの亀井は観念したようにつぶやいた。

「逃げるとなったらとことん逃げおおせる人やからなぁ」
「感心してる場合ちゃう!」

従業員のイチが事務所に駆け込んできた。

「今戻りました…」
「おお赤い人力見つかったか?」
「どこにも…」
「ホンマに雲隠れしよった」

そんな時、てんが母・しずを連れやってきた。

「おはようさん」
「奥さん!」「奥様!」

おトキも風太も予想外の来訪に声をあげて驚いた。

ひぞっこ
@musicapiccolino
【史実であるラジオ騒動】団吾師匠がラジオへの出演に関して北村笑店と揉めるエピソードは、団吾のモデルである桂春団治が ラジオへの出演を禁じた吉本興業と実際に起こした騒動に基いているようです。当時の春団治も「落語家の口に蓋は無理というもんだっせ」と語っていました

  

2018-01-18 08:07:21

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク