わろてんか 第92話のネタバレな見どころ

twimg.com

今日のわろてんかは、風太とおトキ夫婦のオメデタイ出来事が描かれました。

結婚を機に、てん達が暮らす長屋へ引っ越した風太夫婦。
新婚早々、おトキは風太に若干の不満が・・・その結果、おトキの相談相手がてんの日課になっていました。

そんな風太とおトキ夫婦が、ある時2人で北村家を訪れます。

落ち着かない様子の風太。藤吉は、別れ話の相談かと勘違いしますが・・・という内容でした。

また、藤吉はてんを連れ立って東京へ訪れます。そこで大いに刺激を受け、アメリカ行きを考えるというトピックも語られました。

ということで、今日の放送は一体どんな展開だったのか?
あらすじをご覧ください。 ※PC不調のため、数日間あらすじのみのまとめになります。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか 感想まとめ

スポンサーリンク

わろてんか 第92話 あらすじ感想まとめ

twimg.com

前回のあらすじ

団吾のラジオ出演問題に揺れた風鳥亭。
必死で妨害工作を行うも、団吾に出し抜かれてしまう。

ところが、いざ団吾がラジオ出演すると
宣伝効果で風鳥亭はますます繁盛することとなった。

そして、風太とおトキ。

なかなか前に踏み出せなかった風太だが、
団吾の言葉に勇気を得た風太はプロポーズを行い、2人は結ばれたのだった。

前回:わろてんか第91話 あらすじ・感想「時代を変えた団吾の『死神』」実況まとめ

おトキの相談

てんの家の庭でおトキが風太の愚痴をこぼしていた。

「風太とケンカした?」
「トキ仕事に精出すんはよろしいんですけど、近頃家に帰ると「飯!」「寝る!」それしか言わへんのです」
「風太もあんた守らなアカンて気張ってんのやろ」

結婚したおトキと風太は長屋に引っ越してきており
そこで、てんは新婚夫婦の相談相手になっていたのだった。

傍らの藤吉も風太のフォローをした。

「あいつかて甘えたいんや」
「たまには膝枕して耳でもかいたってや」

twimg.com

スポンサーリンク

新婚気分で東京へ

脳卒中で倒れた藤吉だったが、
リハビリのかいあって仕事に復帰していた。

藤吉は仕事へ向かおうとした時、忘れていたことを思い出した。

「そや、明日からの東京出張、てんも一緒に来てくれへんか?」

藤吉は理由も付け加えた。

「近頃は職業婦人やモダンガールの時代や」
「寄席ももっとそういう女子に来てもらわんとアカン」

そのため、てんに目利きになってもらいたいということだった。

若干、戸惑いをみせたてんだったが、
おトキがアシストをした。

「よろしいやないですか!経理や事務はうちがみな引き受けますさかい」

さらに、小声で耳打ちする。

「新婚気分でのんびり楽しんできとくれやす」

てんもまんざらでもない様子だった。

藤吉とてんの東京視察

「天国と地獄」に合せ、
踊り子たちがレビューを披露する。

東京へ来たてんと藤吉。
2人は浅草の劇場を訪れていた。

レビューの次は、スケッチ劇。
舞台ではコントのようなお芝居が演じられていた。

2人は当時、人気だった浅草のエンターテイメントを存分に楽しんでいた。

twimg.com

一方、大阪・風鳥亭では
おトキがてんに思いを馳せていた。

「今頃ごりょんさん夫婦で楽しゅう東京見物してはるんやろなぁ」

すると、風太が即座に発言を正す。

「見物やのうて東京支店の見回りやアホ!」

そこへキースとアサリが舞台の小道具を持ってやってきた。

「社長のこっちゃ東京中の劇場回って猛勉強してはるわ」
「前より元気やさかいな」

2人のゆるい会話を聞くと
風太は、藤吉を引き合いに発破をかけた。

「お前らももっと社長見習って精進せえ!」

そんな時、藤吉とてんが風鳥亭に帰ってきた。

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク