この記事は、
西郷どん 第3話「子どもは国の宝」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

大見得を切る吉兵衛

「やめんか!」

吉兵衛は、侍がイノシシを売りに行くのが恥ずかしいという。
そして、そうするくらなら借金をしようと言い出すのだった。

ならばと、吉之助は家を売る方が良いと主張する。
ところが、吉兵衛はそれも恥ずかしいと言い放つ。吉兵衛は何より武士のプライドが第一であった。

その結果、2人は親子喧嘩を始めた。

twimg.com

「体面を気にしちょっ場合じゃなかでごわす」
「わいは父親に向かって口答えすっとか!」

そこへ、大久保次右衛門と正助が仲裁に入った。
そして、次右衛門は誰が吉兵衛に金を貸すものかと正論を言う。

売り言葉に買い言葉。

「そげなもんいくらでんあっが!」

吉兵衛は、強がったのだった。
そんな一部始終を職場の赤山靱負に吉兵衛は話した。

赤山は援助を申し出てくれたが、吉兵衛は丁寧に断った。
だが、実際問題、借金の当てはなかった。

twimg.com

連盟
@Remmei
「借金をして返せなかったら武士の面汚し」…薩摩藩、430万両未返済のまま廃藩置県ですけどね

  

2018-01-21 20:10:21

ぬえ
@yosinotennin
猪も刀も家も売るのは武士の恥!それよりは借金を!という父上、何を担保に金を借りる気だったのよ。#西郷どん

  

2018-01-21 20:10:53

大久保 利通
@naimkyou926
借金返さないのは武士の恥か…。ワシ一応藩士の生まれだけど、暗殺されたときいくら残してたっけな…

  

2018-01-21 20:10:03

かぼす🐦🐯
@kabosu0805
去年も今年も銭に困ってる主人公たち

  

2018-01-21 20:15:26

南渓和尚(南渓瑞聞)
@nankeizuimon116
吉之助を見ておると、どこぞの誰かの若い頃を見ておるようじゃなw

  

2018-01-21 20:09:58

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
ほんとね、ほんとね、沢村さんの鹿児島弁美しいの…品の良さとか知性までちゃんと分かる間合いになってるの…

  

2018-01-21 20:11:52

侘助
@minoruno
3話どうした!?今まで全然やってなかった西郷家の金問題とか下級武士の生活とか状況説明が入ってわかりやすくなったじゃねーか(*´▽`*)

  

2018-01-21 20:11:26

スポンサーリンク

斉彬の申し立て

その頃、島津斉彬は江戸にいた。
幕府の最大権力者、阿部正弘に薩摩藩の不正を報告していたのだった。

twimg.com

「ここに全てが書いてございます。異国との密貿易琉球出兵についての偽りの申し立て」
「これをもって父斉興をよきように…」

斉興が久光を名代に立てた以上、
斉彬が藩主となるためには幕府の後ろ盾が必要だった。

阿部正弘は斉彬をじっと見つめた。

「何か?」
「私は貴殿が立ち上がるのを待っておった」

twimg.com

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
幕末の伝統イケメン枠阿部正弘に、今年は藤木正人さん

  

2018-01-21 20:04:33

一二三
@nunonofuku123
調所広郷が1838年に薩摩藩家老になって、島津斉彬が幕府に密貿易を密告するのが1848年で僅か10年。
10年で500万両(約1兆円)を圧政したとはいえ返しきったのは物凄い手腕。
でも、その10年間の圧政は藩士にとっては地獄であり若い藩士は調所広郷への恨みは募っていた

  

2018-01-21 20:12:07

スポンサーリンク

百両お貸しもす

結局、吉兵衛と吉之助は、赤山が口利きをしてくれた商人の家へ向かっていた。
道すがら吉兵衛は「武士の威厳を忘れたらいかんど!」などと、立場をわきまえていなかった。

twimg.com

そんな吉兵衛が板垣与三次に百両という大金の借金を申し出た。
結果は火を見るより明らかだった。

「赤山様のお引き合わせとは申せ…」

ところが、体よく断ろうとする与三次に
吉之助が必死で食い下がった。

「板垣様お願い致しもす!」
「どうか貸してたもんせ!」

twimg.com

武士である吉之助が商人に土下座をしたのだ。

「おいの家は貧乏で11人の家んもんが食う飯にも事を欠き病人を医者に診せる金もあいもはん」
「お借りしたお金は命に代えてでん父とおいとでお返ししもす!」

家族のためプライドをかなぐり捨て頼み込む姿に与三次は心を動かされた。
そうして、吉之助たちは百両を借りることに成功したのだった。

twimg.com

晴野未子🏯歴タレ(本アカ)
@3535haruno
この後…
もう100両借りることになるのを
この時この親子はまだ知らない。

  

2018-01-21 20:14:27

バンビーナ
@9_bambina
「借金は恥」貧乏なくせに金のことをみだりに口にしたりするのは恥というのは、根底に商人への差別があるからだろうなあ。これが後に精忠組内における森山への当たりのひどさに通じるというか。

  

2018-01-21 20:13:24

ぬえ
@yosinotennin
そろそろ西郷どん平伏懇願カウンターが作られる

  

2018-01-21 20:13:20

iWakaWatakuWo
@kagoshimamusou
弘化4年(1847)12月、水引村(現在の薩摩川内市)の豪商・板垣氏のもとに100両の借金をしに父・吉兵衛と西郷どんは赴く。西郷どんの一番古い書状は板垣氏との借金のやりとりです。

  

2018-01-21 20:15:19

一二三
@nunonofuku123
ちなみに、斉彬曾祖父さん島津重豪は「借金を返さなくていいよ」の徳政令を発動して、低金利の商人から相手にされなくなって、高金利の商人からし金を貸してもらえなくなったのも借金が増えた原因。調所広郷はまず、借金の利子でなく元本を減らすように財政を行ったのは凄い。

  

2018-01-21 20:16:09

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク