西郷どん 第5話

この記事は、西郷どん 第5話の実況・感想まとめです。

twimg.com

西郷どん 第5話は、縁談が持ち上がった糸の揺れる恋心と御前相撲の様子が描かれました。

そんな中、今回の見どころは、とにかく凄い鈴木亮平さんの肉体美。

「パンプアップされた胸筋美」
「斉彬も於一さまもマッチョボディにメロメロ」


こんな声がTL上で数多くあがりました。

鈴木亮平さんと言えば、役柄に合わせ、肉体を作り上げることで有名ですが、それでも想定を軽く越えてくる鈴木さんのプロ根性には脱帽です。

今後の西郷どんにますます期待といった次第になりました。

ちなみに、北川景子演ずる於一の美しさ、正助(瑛太)がフラれた時の表情など、その他にも話題は満載。これまで放送の時間帯に「直虎」がトレンドワードにあがってしまう珍現象が発生していましたが、今回はしっかり「西郷どん」が上位にランキングされていました。

さて、実際のストーリーの展開はどうだったのか? みなさんの実況と感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第5話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

切腹の沙汰が下った赤山靱負。
吉之助を始めとする郷中の門弟達は、一縷の望みを託し島津久光に助命を嘆願するも取り付く島もなかった。

その結果、吉兵衛が介錯する中、吉之助は赤山の切腹を見届けることとなった。

その後も粛清は続いた。
今度は大久保次右衛門の島流しまで決まった。

もはや限界だった。
吉之助は筆をとり、一連の粛清や薩摩の現状を江戸の斉彬に書状で伝えた。

そして、斉彬に藩主となることを望む熱い想いも添えた。これに感化され、斉彬は立ち上がった。

幕府に働きかけ、さらに斉興との命がけのロシアンルーレットを経て、晴れて薩摩藩藩主となったのであった。

前回:西郷どん 第4話「新しき藩主」感想・実況『肝練り!?ロシアンルーレットで斉彬が藩主に』

御前相撲開催

twimg.com

斉彬の代替わりに藩内は期待で満ちあふれた。
それは新八の言葉に象徴された。

「新しか殿様が来られてから、空の色まで ちごて見えもす」

そんな折、御前相撲が行われることが発表された。

「相撲じゃ! 相撲じゃ!」
「有馬さぁ」
「ないをすっとでごわすか!」

「相撲じゃ! 殿様が」
「御前相撲を開かるっそうじゃ!」

賞金は米10俵。郷中の仲間は気勢を上げた。

twimg.com

スポンサーリンク

まとめ管理人
@1059kanri
大人になっても行動を促す最大の理由は食い物のままである

  

2018-02-04 20:06:24

☆るる☆
@rudopai_ruru
子供の頃から全然変わってない郷中仲間w

あの時は餅のため、今は米10俵のために夢中で勝負しようとする可愛さ。

  

2018-02-04 20:03:42

なかむら
@tkbnkmr
TLが「今この時期に相撲かよ…」「ある意味タイムリーだな…」「うろたえるな!幕末にカラオケのリモコンはない!」みたいな感じでざわざわしてる

  

2018-02-04 20:03:14

an_shida
@an_shida
長州の政治を喜ぶ薩摩民。

  

2018-02-04 20:02:48

一二三
@nunonofuku123
西郷どん年表
1848年島津斉彬が老中首座阿部正弘に薩摩の密貿易密告
1849年調所広郷が服毒自殺
1850年赤山靭負切腹
1851年5月斉彬藩主で薩摩入国←先週ここ
7月ジョン万次郎薩摩へ
1852年西郷隆盛最初の結婚
1853年黒船来航

  

2018-02-04 20:00:52

謹慎が続く正助

西郷家に郷中仲間と戻ると、ちょうど岩山糸がやってきた。
糸は手に風呂敷を抱えていた。

「正助さぁの写本に使うてもらおうと思いもして」
「そいはよか」

家では正助が写本に勤しんでいた。

「正助どん 糸どんが来てくれたど」
「糸さぁ…?」

正助の表情に変化が見て取れた。
糸は正助に写本に使う紙を差し出す。

「こん紙」
「また家から持ってきもした」

「いや こげな高価なもん。こん前も もろうたばかりで」
「遠慮はいかん」
「つらか時は お互いさまじゃ」

正助の謹慎はまだ解けていなかったのだ。
糸がその場を離れると、正助はつい目で追ってしまう。

吉之助が正助が読みたがっていた「海国図志」を渡すと、正助は喜んだ。

twimg.com

「あいがて~。 声がかかったらいつでん お役目に戻れるよう備えておらんにゃいけもはんで!」

斉彬に代替わりしたことで正助は希望を捨てていなかった。

悲しい笑い
@kanasiiwarai
大久保利通はお由羅騒動の影響で父親と自分の収入が途絶えた為に日々の食事にも事欠く有様となり、実際に西郷や周りの人間達の援助を受けていたというから友達って大事。

  

2018-02-04 20:15:03

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
正助が借り受け写本をしていた『海国図志』。清末・魏源が著した地理書。 19世紀前半までの世界情勢を記し、アヘン戦争後の中国の危機感を背景に、軍備の近代化、殖産興業を計り、富国強兵を説いた。日本でも幕末の志士が大いに影響を受けた。

  

2018-02-04 20:08:11

一二三
@nunonofuku123
お由羅騒動は、一般的な後継者争いでなく、斉彬が長男で徳川一橋家を娘を嫁にしてお由羅がどうこう言っても後継者は確定してた。
薩摩上層部→斉彬は蘭学好き、幕府普請で金を使うから藩主するのを引き延ばせ!
薩摩下層部→斉彬様が藩主になれないのはお由羅のせいだ!
と意識差がある

  

2018-02-04 20:07:47

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク