この記事は、
西郷どん 第6話「謎の漂流者」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

正助の英語

ジョンは、日本語を話さず、心を閉じていた。
ところが、母・満佐は客人に対するように、心づくしのもてなしをした。

そんな中、吉之助は正助に助けを求めた。
正助なら英語を話せるかもしれないと思ったのだ。

正助は、父が使っていた辞書を頼りに、片言の英語で話しかけた。

正助の言葉は通じているようにも見えたが、男の口は重かった。

twimg.com

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
中園脚本におけるパワーアイテム「辞書」

  

2018-02-11 20:14:38

晴野未子🏯歴タレ(本アカ)
@3535haruno
大久保さんのカタコト英語

とっても笑うwwww

  

2018-02-11 20:16:44

まとめ管理人
@1059kanri
ペリー来航(未だ来てない)の時に、日本語⇔オランダ語⇔英語、で通訳した中央政府(幕府)より優秀な薩摩の片隅の大久保さん 

  

2018-02-11 20:20:57

あかる@『怪盗ルパン伝アバンチュリエ』応援中
@akaru_m
おい皆メリケン人の扱いに慣れすぎだろう
鎖国どこいった

  

2018-02-11 20:16:12

Watanabe
@nabe1975
ジョン・マンの綴りは John Mung になる。「ジョン」は、万次郎を救ったアメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号から採られた。

  

2018-02-11 20:18:36

秋ゑびす●2/15 涅槃会・お釈迦さんの御命日、2/16 旧正月、2/23 皇太子 徳仁殿下 萬歳!
@yamashita99
土佐者のジョン万次郎は、アメリカから帰国した時に琉球にたどり着き、琉球方言が全く解らんので『自分は日本語を忘れた!』と思い込んで脳内パニックになったらしい。

  

2018-02-11 20:15:09

スポンサーリンク

ジョン・マンの目的

その晩、吉之助は正助にジョンを連れてきた真相を明かした。

「おいが命じられたとはジョン・マンさぁが我が藩に潜入した目的じゃ」

twimg.com

吉之助によると、藩はジョンを密偵とみなしているということだった。しかし、吉之助と正助は、ジョンの様子から到底密偵とは思えなかった。ただ、彼の目的は皆目検討がつかなかった。

そんな折、2人がジョンについて話をしていると、ジョンは勝手に家を出ようとした。
吉之助が捕らえると、ジョンは何かを叫んだ。その言葉の中に「トサ」という単語を確認した。

twimg.com

さらに、満佐が歌った子守唄がジョンの耳に入ると、里心がついたジョンは「おっかぁ」と呟いた。

そこで、話が繋がった。

吉之助「母上が土佐におっとか!」

吉之助の推測通りだった。
しかも、ジョンは日本語を理解していた。

「母上は土佐のどこにおっとな?」

そう聞くと、「中ノ浜」と答えたのだった。

この一件は、斉彬に漏れなく報告された。
斉彬は、中ノ浜にいる母親について調べるよう部下に命じた。

twimg.com

六条檀
@mayumirokujo
あ、相撲大会の後、吉之助だけが「こいつは見どころ有、そして斉彬に忠実だろう」と見込まれてこういう密命を受け、家族が事情を知らされずに吉之助が相撲の結果投獄されたと勘違いした、ということか 

  

2018-02-11 20:19:17

さとひ
@satohi11
これはやはり、大河ドラマではなく、冒険時代活劇だと思った方が、楽しめるのでは。

  

2018-02-11 20:19:35

桂川
@homachimaru
吉之助が牢に入れられた理由がもはやパワー全開すぎてこのビッグウェーブに乗るしかない気持ちになってる。

  

2018-02-11 20:22:21

亜姫篤
@gameura
ケンワタナベがくつろいでる場所なんなの?モンスーンカフェなの?

  

2018-02-11 20:21:54

くろま
@kuroma_9
「不思議な男だ・・・」でたー!少女マンガでイケメンが「変わった女だ」とかいうのと同類の台詞回しだー!!

  

2018-02-11 20:22:34

さとひ
@satohi11
「西郷…不思議な男だ」
それを言いたいのは視聴者の方ですぞ斉彬さま
次々と有力者に会い、瞬時に愛される不思議な吉之助さあ…

  

2018-02-11 20:23:11

一二三
@nunonofuku123
ジョン万次郎年表
1841年14歳で土佐から遭難しアメリカへ
1843年救助されたホイットフィールド船長の養子となりオックスフォード大学入学
1850年サンフランシスコで金を見つけ日本へ
1851年2月薩摩支配下の琉球上陸→7月薩摩へ移送され島津斉彬の尋問

  

2018-02-11 20:21:25

スポンサーリンク

おかあへのLOVE

半月後。
吉之助の家に使者を通じ、斉彬からの書状が届けられた。

書状にはジョン・マンの母親が元気にしていることが書かれていた。

そのことを吉之助がジョンに伝えるとジョンは「おっかぁ」と声に出し涙したのだった。


「わしは 中ノ浜の万次郎ゆうがよ。隠しちょってすまんかった」

母親の報告を聞いたジョン・マンは、ついに心を開き、身の上を明かした。

ジョンによると、本名は万次郎。漁船で遭難したところをアメリカの捕鯨船に助けられたということだった。
そして、母のことが恋しくなり、命がけで海を渡ってきたということだった。

「おかあへのラブぜよ」
「ラブ?」

twimg.com

「アメリカではラブが一番大事ながよ。家族やち女子やち好いちゅう思いを堂々と伝えるがよ。好きな者同士が結ばれるがじゃき」

ジョン万次郎の言葉に西郷家の皆が感心したが、とりわけ正助には響いている様子だった。

海野つなみ
@uminotsunami
LOVEぜよ…

  

2018-02-11 20:24:51

いが(たろに)
@iga_iganao
土佐弁と薩摩弁でここまで話が通じるのは翻訳コンニャクを食べたからですね

  

2018-02-11 20:24:32

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク