この記事は、
わろてんか 第110話 あらすじ・感想「隼也育成ゲームスタート!」実況まとめの3ページ目です。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか あらすじ感想まとめ

伊能栞の元で修行したい

隼也は簡単に諦めなかった。
自宅ではてんの説得を試みた。

「これがマーチン・ショウや」

twimg.com

そう言って、隼也はパンフレットを差し出した。

「アメリカさんのショウか」
「ああ」
「お父ちゃんもこういうのがやりたかったんやないかて」
「僕なお父ちゃんの夢をかなえたい」

twimg.com

その言葉を聞いててんは笑った。

「あんたお父ちゃんそっくりやな思て」

隼也は本題を切り出した。

「僕、伊能さんとこで修業したい」
「え?」
「風太おじちゃんの事は好きや」
「ただ考え方が合えへん」

隼也にしてみれば、現状を打破する最善策だったのだろう。
ところが、そう思い通りにことは運ばない。

「あんたは風太に預けたんや」
「風太が認めんもん許す訳にいきまへん」

てんが隼也の訴えを受け入れることはなかった。

もこ
@6komo5
マーチンショーは今やらなあかんねん!みたいな隼也、寄席を始めたころの情熱で突っ走りまくってた藤吉にそっくりですね。

  

2018-02-12 08:09:47

友見紗雪
@yuiyuimaruru
藤吉も先取りし過ぎなくらいの先見の明があって、周りがついて行けないで、結局、一人で暴走するしかなくて失敗したこともあった。隼也の話、だれか大人がちゃんと聞いて、導いてあげな、それこそ藤吉と同じ暴走してまわへんかなぁ。

  

2018-02-12 08:12:39

酸橘
@sudachisanma891
大きくなった息子の反抗期と自立をどう描くかなあと思ってたら、家族経営の会社組織の中で描くんだなと。そうするといろんなオヤジやオカンがおるからなあ

  

2018-02-12 08:12:25

中原れい
@minta_kanagawa
専務や相談役とも「いいおっちゃんと若い衆」な絵になるのいいわあ。でも「古い」言うのは同じ。今は聞けないかもしれないけど、言い続ければ風太にも聞いてもらえるようになる、負けるな。
栞様と風太、昔を考えると思いもよらない絵だ~^^ #わろてんか

  

2018-02-12 08:11:53

スポンサーリンク

風太の思い

屋台では栞から切り出した。

「一度君とじっくり飲んでみたいと思ったんだ」
「ん?」

「僕は北村はどんどんレビューもやっていくべきだと思うな」
「そのためには君の力添えが必要だ」
「腹を割って話さなきゃいけないと思ってね」

栞は率直に想いをぶつけた。
すると、風太もそれに応えた。

「北村笑店の1丁目1番地は漫才や」
「俺は漫才が百年先も残るようにせなアカン」

twimg.com

風太にとって、何よりも漫才が第一であった。

「藤吉君との約束か」
「ああ」
「そやけどそれだけやない」
「これは俺の夢でもある」

それを聞くと、栞は「フフフ」と笑った。

さむ
@sum_taka84
岳ちゃん×イッセイのターンは安心してみていられる

  

2018-02-12 08:13:25

じょー@ぶつ森たのしい
@joe_1125
しおりんの助言、対女性(てん、リリコ)だとめちゃくちゃイイ事言うのに、対男性(藤吉、隼也)だと割とろくでもない焚き付け方になっててちょっと笑う

  

2018-02-12 08:11:51

にじこ
@nijiko_dx
「ここ、いいかな」と栞さまが現れる屋台、最高か。

  

2018-02-12 08:14:23

スポンサーリンク

風太の頼み

栞の笑いは風太の癇に障った。
風太は舌打ちして、イキった。

「何やねん!」

「いや僕もだ」
「あ?」

栞は思わず笑った理由を答えた。

「僕が北村の役員になったのは藤吉君との友情だけが理由じゃない」
「伊能商会は全てを手がける総合的なエンターテインメントの会社を目指している」

twimg.com

「そのためには北村と手を組むのが一番だと思った」

栞もまた自分の夢のために動いていたということだった。

「おうおうおうおう、随分腹割ってくれはるやないの」
「僕は僕の夢もかなえたいだけだ」

あまりにストレートな栞に、風太にも変化が現れた。
風太は栞の盃にお酌をしたのだ。

方向は異なっても、夢を追う者同士、共鳴した。

2人は盃を掲げた。

「ほな俺らの夢に」

そう言って乾杯すると、風太は真剣な面持ちで、栞に言った。

「なあ、頼みがある」

友見紗雪
@yuiyuimaruru
風太にしたら、乗っ取る、までは行かなくても、栞は警戒すべき相手やったんやろな。だから、考えが見えて、初めて安心できたんやろな。

  

2018-02-12 08:14:13

norifnenkoセンキューこころ
@amber_3118
高橋一生、濱田岳2人の野心ある昭和ビジネスマンの姿を見て、この2人で山崎豊子の壮大ドラマやってくれないかなーと思った。

  

2018-02-12 08:15:06

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク