この記事は、
わろてんか 第110話 あらすじ・感想「隼也育成ゲームスタート!」実況まとめの4ページ目です。

※わろてんか最新記事、その他記事はコチラへどうぞ → わろてんか あらすじ感想まとめ

隼也を武者修行させる

てんの自宅に風太一家が線香をあげにきていた。

風太「今日もよろしゅうお願いします」

仏壇に挨拶を済ませると、風太は改まっててんに向き合った。

「隼也を伊能さんに預けよ思う」
「へ?」「えっ!?」

これには、てんも隼也も驚いた。

「社長の息子よそさんの会社で武者修行するやろ」
「あれと一緒や」

想定外の事態にてんは再確認をする。

「ほんまにええんか?」
「伊能さんやったら大丈夫や」
「ちゃんと仕込んでくれはる」

こうして、隼也は栞に預けられることとなったのだった。

スポンサーリンク

友見紗雪
@yuiyuimaruru
後継者を預けるなんて、風太、最大限の信頼を栞に示したね

  

2018-02-12 08:14:49

漫才百年のために

風太は、会議室にキースとアサリを呼び出していた。

「何です?大事な話いうんは」

風太は決意を決めた表情をした。

「とことん考えたんや」
「漫才百年のために」

「一生に一度の男の頼みや」
「聞いたってくれ」

そう言って風太は2人に頭をさげたのだった。

酸橘
@sudachisanma891
隼也の造形をしおりんに寄せてた理由がようやくわかったよw今の北村笑店とはカラーが合ってないっていう簡単な答えだったw

  

2018-02-12 08:17:45

reon
@milktea_reon
リリコアンドシローが成功したとき「お願いします」と頭を下げたり、隼也に「頭が古い」と言われて怒っているようで、ちゃんとその意味を考えて伊能さんに託す決断をしたり。偉そうにしてるだけでなく、風太のそういうところもちゃんと描いていて、ホッとする。

  

2018-02-12 08:18:35

「わろてんか」第110話 みなさんの感想

ひぞっこ
@musicapiccolino
藤吉:落語至上主義
風太:漫才至上主義
伊能:レビュー至上主義
隼也:マーチンショー至上主義

  

2018-02-12 08:24:40

須山浩継
@suyamahakusyak
「わろてんか」見終わる。さて、風太は改めてキースとアサリに何を語ろうとしているのか?史実から考えればあれでありますが…

  

2018-02-12 08:18:03

恋蓮
@renren032130
今日の#わろてんか。#一生くんと#岳ちゃんが、お酒を酌み交わすシーンにホロッとした。いいシーンだった。そこにはいないけど、二人の間にはまちがいなく#藤吉がいる。#軍師勘兵衛で共演してた三人が、成長した姿で作品の中での再会。感慨深かった。勘兵衛スタッフの皆様、嬉しいですよねー🤗

  

2018-02-12 08:26:35

ルルフ
@hervorruf
お互い藤吉のためと心の中に思いつつも、その道を進むのは自分の夢のためでもあるよ、と大人の考えを引き出し手の内を見せ合う二人なのであった
しかしお母ちゃん達に食いつく隼也は藤吉が寄席やりたいと取り憑かれてた時と同じ顔でしたね

  

2018-02-12 08:21:01

スポンサーリンク