この記事は、
西郷どん 第7話「背中の母」感想・実況の5ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

吉兵衛死去

翌日、予想もしないことが起きた。

琴が吉兵衛を起こそうにも起きない。
代わりに満佐が声をかけると異変に気付いた。

「冷たか…」

それは、祖父龍右衛門の死からたった2か月の出来事だった。

twimg.com

その後、満佐の病状も悪化した。

床に伏す満佐を見て、須賀は言った。

「こげんなったら墓に人形を埋めなくてはいけもはん!」
「なんち人形?」
「はい。一年のうちに死人を2人出した家は墓に人形を埋めなくてはいけもはん」
「墓は2人入ったら必ず3人目を欲しがるもんじゃち聞いちょいもす!」

twimg.com

その言葉を聞いたきみが諌めた。

「そげな話こいまで70年生きちょって聞いたこっがなか。迷信じゃ」
「じゃっどん…」
「そげなこつに余計なお金をかけんでよか」

twimg.com

きみは冷静だったが、西郷家にとって、これまでにない異常事態が起きていたのは明らかだった。

スポンサーリンク

まとめ管理人
@1059kanri
突然の死(32分ぶり2度目)

  

2018-02-18 20:32:39

城主ペネロペ
@tsurukameryu
風間杜夫さんの「ぬわっはははは!」が良いなと思った矢先よ・・・

  

2018-02-18 20:32:57

いが(たろに)
@iga_iganao
母ちゃんに立てたフラグを父ちゃんが突然回収

  

2018-02-18 20:33:06

アロエ
@alo0e0
30分で葬式2回に、結婚式1回… 

  

2018-02-18 20:33:35

萌える大河姫
@taiga_takeda
運命の人と出会うのではない。
運命の人にするの。

  

2018-02-18 20:33:37

ひぞっこ
@musicapiccolino
父上! せめて きちんと 死亡フラグを立ててから 逝ってくいやんせ!

  

2018-02-18 20:34:04

今川氏真
@imagawano_uji
言いたいことだけ言って逝ってしまうなんて卑怯だよお父さん… 

  

2018-02-18 20:34:55

an_shida
@an_shida
「フィ、フィギュアなんか持ってないよ!」とシラを切る成人男性の画像です。

  

2018-02-18 20:35:14

ヒノッチ
@hinocchi
風習についての考え方が違って、育った家が違いすぎるといういいエピソード。

  

2018-02-18 20:36:10

真田 左衛門佐 信繁
@saemonnosuK
急いで秋葉原に行きましょう。
人形がいっぱいありますよ

  

2018-02-18 20:35:02

なかむら
@tkbnkmr
嫁さんは雑誌のムーとか読んじゃうタイプなのか

  

2018-02-18 20:36:11

スポンサーリンク

t.ko
@tajiko
NHK美術部,よい仕事をしておる。しっかり汚れて,寂れておる。

  

2018-02-18 20:36:10

竹元勇子(教授)
@yutakemoto
1年に2人死人が出ると墓が3人目を欲しがるから代わりに人形を埋めた方がいいって迷信だとしても須賀さぁは母上の身を案じて必死だったんだと思うよ。

  

2018-02-18 20:36:45

晴野未子🏯歴タレ(本アカ)
@3535haruno
ナレ死
察っ死
忖度死
ほのめか死

などなどに次ぐ…­­

ポックリ死(←普通)

  

2018-02-18 20:37:23

あしたまご
@ashi_tamago
家族に二人続けて死人が出ればそれは一大事だし、二人の看病していたら看病していた人が感染していたり、疲労で倒れたり、急死だったらそのショックで病気になったりするもんな。二人墓に入れると三人目が出るってかなりアルな言い伝えだと思うわ 

  

2018-02-18 20:37:31

ごっちゃん
@greenhorizon86
吉兵衛さん「嫁に先立たれるなんて寂しくてたえられないから、お先に逝っとくね」

  

2018-02-18 20:38:13

江戸行き

その頃、斉彬は江戸へ向かっていた。
メリケン船来航に備え、江戸詰めに選ばれた二才たちよりも一足早い出発だった。

吉之助が満佐の看病をしていると、大山と俊斎が西郷家を訪れた。

twimg.com

「吉之助!選ばれたど!」
「ないな?」
「大山さぁとおいが江戸詰めに選ばれもした!」
「そいはほんのこっか!やいもしたな!」

そこで、当然吉之助のことも聞かれた。

「いや、そいがおいは選ばれんかった」

「な…ないごてな!?おいと俊斎が選ばれて二才頭じゃったき…吉之助が選ばれんちそげんおかしな話があっか!」
「吉之助さぁまさかち思うが願い出んかったとじゃ?」

「いや願いは出した」

この会話は、病床に伏す満佐の耳にも届いていた。

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク