この記事は、
西郷どん 第9話「江戸のヒー様」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

幕府の黒船対応

阿部正弘はイラついていた。
斉彬と顔を合わせると、黒船に対する幕府の対応に不満を漏らした。

阿部によると評議の様子をこうだった。

斉昭「夷敵など追い払えばよろしい!」
「そのために我が藩は武器弾薬を調えておる」

twimg.com

強硬派の斉昭に対し、異論を唱えるものがあった。

「水戸様…」
「何だ?」
「もしまこと戦になれば勝てますかな?」

その男の名は
彦根藩主 井伊掃部頭直弼だった。

twimg.com

「戦うのは水戸様だけではございません」
「ここに集う者皆でございます」
「勝てる証しがないならば開国を受け入れる」
「天下万民を守るためにはそれしかございません」

これに対し、将軍・家定は反対をしなかった。

twimg.com

その結果、評議は一気に開国に傾いてしまったのだった。
これに阿部は納得がいかなかった。

「勝てる見込みがないからといって何の策もなく国を開くは愚の骨頂!」

斉彬と阿部は家定を見限った。

「このままではエゲレスにのみ込まれた清国の二の舞になるは必定かと」
「ああ。しかし上様があのご様子では…」
「未曽有の国難が迫る今将軍の座には、英邁なる御方におつき頂き更には政そのものを改めねばなりませぬな」

スポンサーリンク

石田三成
@zibumitunari
直弼きたああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!

  

2018-03-04 20:10:44

のんびり
@nonbiri444
御先祖もこんな顔で見守ってるぞ。 #西郷どん

  

2018-03-04 20:11:47

築山御前(瀬名)
@tsukiyamagozen
あ、井伊直弼殿!!!繋がった!!!

  

2018-03-04 20:10:11

いが(たろに)
@iga_iganao
今年の井伊谷は去年とは一味違うぞ、まず脳が筋肉で出来てはいない

  

2018-03-04 20:11:05

アメージング太郎
@project_Mr_A
井伊直弼、本来は部屋住みの身分で若い時は出家はしなかったけど仏門を学んでて、井伊家で当主になるはずのなかった人が巡り巡って当主の座に就いてしまう、雪の降る日に殺されてしまう。直虎や直親が来た道を井伊直弼が辿る辺り、歴史は繰り返すということか。

  

2018-03-04 20:10:14

まとめ管理人
@1059kanri
#おんな城主直虎 の直虎の思想が脈々と受け継がれ、今の井伊直弼の「必ず勝てないのなら開国を受け入れるしか無い」という発言に至るとしたら実に感慨深い #西郷どん

  

2018-03-04 20:13:03

成瀬忠詠
@naruseeigo
こんなに視聴者からの井伊への好感度が初期状態から高い大河なかなか無いよ

  

2018-03-04 20:15:45

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
伊武雅刀さんは #西郷どん では水戸の徳川斉昭 役だけど、2010年の映画『#桜田門外ノ変』では井伊直弼 役をしているし、今回の井伊直弼 役の佐野史郎さんは、有能だが何を考えているか分からない無表情の阿部正弘っぽいイメージなので、誰が誰やら混乱する。

  

2018-03-04 20:11:56

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
江戸在府の大名や旗本はすべからく登城する「総登城」の日。手に手に武鑑を持ち、大名行列を見物しようと人々が集まる。太鼓を合図として時ならぬ雪に静まりかえる通りを大名行列が行く…安政7年3月3日、桜田門外で時の大老井伊直弼が水戸浪士等に暗殺された。その翌日4日の #西郷どん から直弼登場。

  

2018-03-04 20:13:59

無邪気な篤姫

その頃、篤姫は江戸におり、
斉彬の嫡男・虎寿丸と仲むつまじく過ごしていた。

無邪気に相撲をとる2人を喜久は

「まことの姉と弟のようじゃ」

と言って、温かく見つめていた。
そんな折、斉彬がやってきた。

篤姫は、無邪気に吉之助の所在を斉彬に聞いた。
そして、吉之助が江戸に詰めていることを知ると、喜んだのだった。

そうかと思えば、再び虎寿丸と相撲をとり始める。
この様子を見て、斉彬は不安になった。

「あんな明るくてまっすぐな薩摩娘に徳川の御台所が務まるのかのう…」

twimg.com

山田「畏れながら今の篤姫様では…」
「相当な時をかけて学問や諸芸をお仕込み申し上げねばなりませぬな」

斉彬は山田の言葉を明確に否定した。

「そんな時はない!」

状況は差し迫っていたため、斉彬に余裕はなかったのだ。

スポンサーリンク

ふきとの再会

吉之助が江戸へやってきた初日の晩。
吉之助は大山と俊斎に連れられ、品川宿を訪れた。

「今日は吉之助さぁの江戸入りをパ~ッと祝いもんそ!」
「んにゃんにゃ、遊ぶ金なんどおいにはあいもはん」
大山「よかよか!おいたちに任せんか」
「おごってやっで」

吉之助は店に入ると、目を丸くした。
そこには会津・長州・土佐、藩邸の仕事を終えた男たちが集まり、美しい女性が彼らを給仕する世界が広がっていた。

twimg.com

吉之助ら3人の部屋にはタマとカネという女性がついた。
大山と俊斎は鼻の下を伸ばし、この状況を楽しんでいた。

ところが、吉之助は違った。

「おいはこげん酒は飲めもはん」
「吉之助、やぼは言うな」「じゃじゃ」
「大山さぁ!俊斎どんおいは正助どんや弟たちが必死にかき集めてくれた金で殿にご奉公すっために江戸に来たとじゃ」
「女子から酒をついでもらうために来たとじゃなか!」

そう言って吉之助は席を立った。
ところが、部屋を出た瞬間、一人の女給と出会い頭にぶつかってしまった。

「うわっあ…ああっこ…こいはすんもはん!」

必死で謝る吉之助に対し、
女給は不思議そうな表情を浮かべた。

twimg.com

「お侍さん薩摩のお人?」
「そうじゃが」
「間違えたらごめんなさい」
「お侍さん西郷吉之助様ではございませんか?」

吉之助を言い当てたこの女給は、
なんと、薩摩時代に世話をした「ふき」だった。

twimg.com

海野つなみ
@uminotsunami
ここで出てくるふきどん

  

2018-03-04 20:17:43

まとめ管理人
@1059kanri
「いっけな~い遅刻遅刻」→道の角でドーン、的な遭遇 

  

2018-03-04 20:17:32

萌える大河姫
@taiga_takeda
品川宿ね。
磯田屋。
ちな、ご飯屋さん兼キャバレー兼吉原の下位互換ね!

  

2018-03-04 20:16:36

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク