西郷どん 第11話の見どころ

この記事は、西郷どん 第11話の実況・感想まとめです。

twimg.com

西郷どん 第11話「斉彬暗殺」は、久々にケン・ワタナベ迫力の演技が堪能出来ました。

島津斉彬を暗殺しようとした犯人の捜索を始めた吉之助。
お由羅の仕業と決めつけた吉之助は、証拠もないのに斉興が隠居する屋敷に乗り込みました。

この一件を知った斉彬は激怒。

「この大バカ者!」
と叫ぶとケンカキックを見舞うのでした。

そして、弁明する吉之助の言葉を
「つまらん、つまらん、つまら~ん!」
と一蹴すると、吉之助と頬がつく距離で理想を語ったのでした。

まさに「へのつっぱりはいらんですよ」状態。

言葉の意味はわからんがとにかくすごい迫力。
そのパワーに吉之助は恋する乙女が如き表情を浮かべたのでした。

ということで、実際にどんな展開になったのか?

西郷どん 第11話「斉彬暗殺」感想・実況まとめをご確認ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第11話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

斉彬の密偵となった吉之助。
ヒー様の正体を確かめるため品川宿を訪れた。

ヒー様はあっさりと一橋慶喜であることを認めた。
そして、

「俺は将軍になどならぬ!」

そう言って、政に巻き込まれることを拒絶していた。
そんな折、ひょんなことから蘭方医の橋本左内と出会う。

左内は吉之助に近づいてきた。
実は左内も福井藩から密命を担う役目にあったのだ。

ところが、情報交換を目論み、面会に来た橋本左内は失望する。

というのも、吉之助は藩の情報について全く通じていなかったからだ。
一方、篤姫には大きな出来事があった。

篤姫の実の父が亡くなったのだ。
さらに、もう一つ。
輿入れ先が発表された。それは、将軍家であった。

薩摩言葉も抜けきらぬ田舎の姫と将軍家。
そのギャップは大きい。

そのため篤姫には幾島という教育係がついた。
幾島は篤姫を御台所にふさわしい人物にさせるべく鍛えた。

それは、話し言葉から夜の夫婦の営みまで徹底していたのだった。

前回:西郷どん 第10話「篤姫はどこへ」感想・実況『南野陽子版 幾島参上!もすもすもす!!』

スポンサーリンク

家定と対面

斉彬は篤姫を御台所にするため、徳川十三代将軍家定との対面を果たした。

twimg.com

「薩摩守斉彬にございます」
「本日はお目通りがかない恐悦至極に存じまする」

阿部正弘は2人の間に入り、
薩摩の姫との御婚儀であることを家定に説明した。

ところが、

そんな重要なテーマにも関わらず
家定は話を理解しているのか、していないのか不明。

「薩摩の姫との御婚儀話を進めてもよろしゅうございますな?」

阿部の問いかけには答えもせず
家定は、カラスの鳴き真似をするだけであった。

twimg.com

家定「カア!カア!カア!カア!」
阿部「・・・」

平伏している斉彬であったが、斜め上を行く家定の行動に苦虫を噛み潰すような表情を浮かべていた。

にゅーも
@nona124191
「篤姫」の時に堺雅人さんが演じた家定はうつけのフリをした将軍だったけど、今回の又吉家定は本物のうつけっぽいなw

  

2018-03-18 20:02:55

ひつじ雲
@altocumulusky_
綾部より先にハリウッド俳優と共演してる又吉先生w

  

2018-03-18 20:04:09

浅野長政
@nagamasaasano
将軍様のうつけな言動まとめ
前回落ちたァ〜落ちたァ〜
今回カァァァァァ カァァァァァ

  

2018-03-18 20:21:50

一二三
@nunonofuku123
この時期、まだ13代将軍徳川家定が将軍就任してからまだ1年も立ってない。
1853年7月8日黒船来航 7月27日12代将軍徳川家慶死去→徳川家定13代将軍に
1854年2月13日黒船再度来航、3月日米和親条約締結、4月西郷隆盛、斉彬ともに江戸へ 9月虎寿丸死去

  

2018-03-18 20:04:28

井伊直弼と斉彬の対立

twimg.com

井伊直弼と斉彬の間には不穏な空気が漂っていた。

「聞いておりますぞ薩摩守殿」
「そなた様の姫君を御台様にと働きかけておられるとか」
「薩摩の丈夫な娘をという公方様のご意向をお受けしたまでの事」

「ざれ言を申されますな」
「公方様がまことにそのような事を望んでおられるはずがない」
「分家の娘を御台所におし立て舅面をして公方様に近づく腹積もりであろう?」

2人は、次の将軍を巡り対立していたのだ。

紀州藩主徳川慶福を推す井伊直弼。
一方、幕府の改革を目指す斉彬は、英邁の誉れ高い一橋慶喜を推挙しようとしていた。

井伊直弼は敵意を隠そうとしなかった。

「いや薩摩守殿が公方様の舅御になろうとは…」
「恐ろしいのは異国の船ばかりではありませぬな」
「どちらの思いが強いのか天命を待つのみかと存じまする」
「薩摩守殿」
「くれぐれも御身大切になされませ」

twimg.com

石田三成
@zibumitunari
島津vs井伊

関ヶ原以来の因縁ではないか……!!!!

  

2018-03-18 20:05:37

いが(たろに)
@iga_iganao
先祖代々受け継がれてきた脳筋を脱した井伊谷の子孫

  

2018-03-18 20:05:11

まとめ管理人
@1059kanri
メンチの切り合いから威嚇という猛獣同士の対峙 

  

2018-03-18 20:05:19

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
今年の大河ドラマ「井伊直弼vs.島津斉彬」じゃダメなの…?

  

2018-03-18 20:38:36

一二三
@nunonofuku123
幕末がややこしいのは、
今まで通りの譜代大名政治派(井伊家)
VS外様大名(島津)と御三家親藩(水戸家)など大名合議制派
VS長州や朝廷一部の武士身分制度破壊中央集権派
の三派が入れ替わるとこ。今は前段だけの戦い。

  

2018-03-18 20:06:13

一二三
@nunonofuku123
一橋派VS南紀伊派の対立は、
本来、紀伊家徳川慶福こと後の徳川家茂は、11代将軍徳川家斉の孫で、一橋慶喜は初代家康まで将軍も血縁がなく絶対不利。
そこを「黒船来航につけこんで無理を通し、外様と御三家の権力を増やし譜代大名支配を終わらせる」のが一橋派の計画。

  

2018-03-18 20:06:32

まとめ管理人
@1059kanri
斉彬「天命を待つのみ」(俺が死ぬかお前が死ぬかだの意)
直弼「斉彬殿、御身お大事に」(死ぬのはお前だの意)

  

2018-03-18 20:08:06

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク