この記事は、
西郷どん 第11話「斉彬暗殺」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

虎寿丸の死

スポンサーリンク

その頃、斉彬は再び不幸に見舞われた。
息子の虎寿丸が遊びの最中に意識を失うと、そのまま亡くなってしまったのだ。

twimg.com

斉彬はこれで5人の子を失った。
しかし、斉彬は立ち止まることなく働き続けた。

迫りくる列強の脅威が斉彬を駆り立てていたのだった。

この様子を見た篤姫は父の行動に疑問を感じていた。

「虎寿丸様がお亡くなりになったばかりだというのにお父上は悲しくないのだろうか?」

また、薩摩藩邸で働く大山や俊斎などは、

「またお由羅…呪いか?」

そう言って、不自然な連続死を訝しんだ。
そして、当のお由羅と斉興は・・・

斉興「こいで5人目か」
由羅「お気の毒に…。また私が呪い殺したなどとあらぬ疑いをかけられるのでしょうね」
「ああ嫌だっ」

いつものオーバーなリアクションで、自分の心配ばかりをするのであった。

twimg.com

いわかわたくを
@kagoshimamusou
虎寿丸が亡くなったということは嘉永7年(安政元年・1854年)ということ。虎寿丸は6歳にて死去。当時、西郷どんは26歳ぐらい、斉彬公が45歳ぐらい。

  

2018-03-18 20:10:24

一二三
@nunonofuku123
芝三田の薩摩上屋敷→藩主が住む。今は島津斉彬が住む。現在の二郎ラーメン本店あたり。
高輪の薩摩私邸→斉彬曽祖父島津重豪が住んで居た隠居屋敷。幕末は島津斉興が住む。現在の高輪プリンスホテルあたり。

  

2018-03-18 20:12:42

かなこ@猫です猫です猫です…。猫だからあんまり遠くまではよう行かんとです
@moetreehaihai
大河見てても、話の中に出てくる子供が必ず何人か死ぬ。昔はとにかく子供の死亡率が高かったんだなぁと思うにつけ、ここ数十年の医学の進歩はすごいし、ちょうどその時代に生きてることがものすごいラッキーなことなんだと感じる。ほんと、生きてるだけで丸もうけとはこのことよ。

  

2018-03-18 20:12:25

西郷どん☀️Sakura Junichi
@kagopic
なぜ、斉彬は子供の死を受け入れられたのか。
ここからは、僕の妄想。
徳川家定の父・家慶は、27人の子を授かるも、家定以外全員20歳以下で亡くなった。
それが念頭にあっても、おかしくない。

  

2018-03-18 20:11:49

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
島津虎寿丸(儔次郎)【1849-54】
斉彬の五男。 の中では側室・喜久の子となっているが、資料では田宮安知の娘の子とされる。嘉永7年閏7月24日6歳で死亡。斉彬の後嗣が再び夭逝したことで、お由羅の呪いが疑われた。因みに幼名・虎寿丸は島津家当主、貴久、義久、光久、綱久らが名乗った。

  

2018-03-18 20:05:49

スポンサーリンク

薩摩の反応

虎寿丸の死の報せを聞いた薩摩では、郷中連中が憤っていた。

吉二郎「お由羅様は久光様を藩主にしようちまだ諦めちょらんとでごわんそか」
「今度という今度は許さん!」
正助「今はまだ…待つ時でごわす」
「待ってなどおれっか!」
新八「お由羅の方のせいで赤山先生は切腹正助さぁのお父上も遠島処分のままじゃ!」
有馬「仇を討つ時じゃ正助!」

彼らは不審死をお由羅の仕業と決めつけていたのだ。
そんな中、1人冷静であった大久保正助。

twimg.com

彼が働く鶴丸城記録所に偶然、久光が訪れた。
久光は、お由羅の実の息子である。

資料を探しに来た久光に正助は思い切って意見をした。

「畏れながら江戸では虎寿丸様が突然に身まかられたと聞きもした」
「城下士の中には先年の騒動を思い出し暴挙に出かねん勢いの者もおいもす」
「こんままではまた多くの血が流るっこつにないもす」

正助は膝を付き、平伏して続けた。

「私はあなた様の御名を傷つけたくあいもはん!」
「あなた様なら必ずや立ち上がりこん騒動を鎮められるち信じちょいもす!」

久光は正助の意見に触れず、名前を尋ねた。

「お主…」
「名はないな?」
「はっ名乗るほどの者では…」

まーぼー(実況用)
@mabo1113
久光様は久光様なりにイギリスに対抗しようとしてるのか。兄の出来が良すぎるだけでただのボンボンではないようだ

  

2018-03-18 20:15:44

ブラキストン線の向こう側
@cupsoup2
そう、久光は凡人ではないのよ。大久保は気づいた様だけど。 #西郷どん

  

2018-03-18 20:15:39

わた@シン・呉鎮守府
@them_isto_cres
付き合いでファンになったけど、友達ほど推し(斉彬)に夢中になれてなかった利通が、ようやく自分の財布を預けられる推し(ひさみちゅ)に出会えた瞬間であった。

  

2018-03-18 20:16:47

FIN
@FIN_Historia
大久保利通の行く末を思うと島津久光の件で冷静にしていられる部分は本当に大きかった。
年齢が若いにも関わらず小松帯刀を家老に抜擢する等、島津久光の人を見出す力は間違いなく本物。#西郷どん

  

2018-03-18 20:15:12

まとめ管理人
@1059kanri
囲碁で久光に取り入るエピソードが消された模様 

  

2018-03-18 20:17:10

一二三
@nunonofuku123
島津斉彬と島津久光兄弟は、仲が悪くなく、こうやって西郷隆盛とか薩摩藩士に嫌われている二重構造なんだよね。
西郷隆盛なんか、島津斉彬に「島津久光を支えて欲しい」と言われてもガン無視ですからね。
忠義あっても藩主の言うこと聞かない薩摩隼人ってやっかいだよね。

  

2018-03-18 20:14:51

一二三
@nunonofuku123
藩主の言うこと聞かないで暴走する薩摩藩士を制御するのは、島津藩主歴代の問題でもあるんだよね。
島津久光も、薩摩藩士の暴走を止めるには藩父になっても止まらないので、西郷隆盛の力が必要だった。

  

2018-03-18 20:16:16

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク