西郷どん 第12話の見どころ

この記事は、西郷どん 第12話の実況・感想まとめです。

twimg.com

西郷どん第12話は、篤姫が御台所となる様子が描かれました。

江戸へ来て2年。なかなか輿入れが決定しなかった篤姫。
痺れを切らした幾島(南野陽子)が動き出します。

幾島は、斉彬に本寿院から手を回すことを進言。斉彬からGOサインが出ると、吉之助と共に暗躍し、遂に目通りを叶えます。

そして、本寿院から後押しを得ると、井伊直弼の横槍も抑え、とうとう輿入れすることが決定したのです。

この快挙に湧く薩摩藩邸の面々。
ところが、吉之助だけは浮かぬ顔です。

それというのも、吉之助は将軍・家定が子供の出来ぬうつけ者だと知ってしまっていたから。

「篤姫が不幸になるかもしれない」
この事実に吉之助は葛藤するのでした。

むろん、直情径行な吉之助。黙っているはずはありません。

葛藤を抱えた結果、
吉之助はどんな行動に出るのか?

そして、思わぬハプニングが篤姫と吉之助を襲い・・・まさかの急接近!!

いったい2人はどうなってしまうのか?
西郷どん 第12話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第12話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

島津斉彬と井伊直弼は、次の将軍を巡り対立していた。

そんな中、斉彬の息子・虎寿丸が亡くなった。そのうえ、当の斉彬も突然倒れる。

不審に思った吉之助は、橋本左内を頼り、斉彬の食事から毒を見つけ出したのだった。

「何者かが暗殺を企てた」
そう考えた吉之助は、斉興の屋敷に乗り込んだ。

ところが、吉之助には斉興が服毒させた証拠はない。その結果、斉興とお由羅に一喝され、すごすごと戻ることしかできなかった。

そして、この一件は一命をとりとめた斉彬の知るところとなった。
斉彬は吉之助を見つけると、ケンカキックを見舞い、怒鳴りつけた。

斉彬は一刻も早く欧米列強に対抗する準備を行いたかった。にもかかわらず、服毒の犯人探しをしている吉之助。そんなせせこましいことにかまけている吉之助を斉彬は許せなかったのだ。

前回:西郷どん 第11話「斉彬暗殺」感想・実況『斉彬のケンカキック炸裂』

スポンサーリンク

輿入れが決まらない篤姫

安政ニ年。
お由羅騒動で処罰された人々に対する特赦令が出された。

その結果、正助の父・次右衛門も
遠島から戻ることが出来たのだった。

twimg.com

正助「父上長い間まっこておやっとさあでございもした!」

次右衛門の帰還に
正助を始め西郷家の人々も喜んだ。

熊吉「うちの旦那様と奥様もお帰りになっ日を心待ちにしちょいもした」
「亡くなられた事は便りで知っちょったどん。吉兵衛さぁの顔がもう見れんとはな…」

吉兵衛と満佐の死は、
それだけ時間が経過していることを意味していた。

一方江戸では…

吉之助「幾島様落ち着いてたもんせ。殿は今…」
幾島「控~え~よ」「はっ」

幾島が荒ぶっていた。

twimg.com

「ご多忙の御身という事ぐらい重々承知しております。それゆえこちらから参るのです」
「じゃっどん幾島様!」
「西郷」
「篤姫様お輿入れの件一体いつまで待たせるのじゃ!?」
「そいは…」

輿入れが決まらぬまま篤姫が江戸に来てニ年の月日が過ぎようとしてた。

アロエ
@alo0e0
ヒッかァ~↑↑えッよッ! 

  

2018-03-25 20:02:19

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
ふっ…今作の幾島のテンション、嫌いじゃないぜ…

  

2018-03-25 20:05:13

築山御前(瀬名)
@tsukiyamagozen
幾島様が歌う吐息でネットが聞きとうございます笑

  

2018-03-25 20:07:49

一二三
@nunonofuku123
西郷どん年表
1853年7月8日黒船来航 7月27日12代将軍家慶死去→13代将軍家定へ 8月篤姫江戸へ
1854年2月黒船再来航日米和親条約締結 4月隆盛江戸へ 9月島津斉彬嫡男虎寿丸死去←先週ココ
1855年11月安政の大地震
1856年11月篤姫と徳川家定婚姻

  

2018-03-25 20:00:18

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク