この記事は、
西郷どん 第12話「運の強き姫君」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

本寿院を落とせ

なかなか輿入れが決まらない篤姫。
このことに痺れを切らした幾島が斉彬に進言をした。

「畏れながら申し上げたき事が」
「何だ?珍しいな」

「今のまま公方様へのお輿入れが決まらん事には薩摩のただの姫様にすぎませぬ」
「お殿様いつになったら御公儀よりお許しを頂戴できるのでございましょう?」

斉彬は幾島に、なかなかうまくいかない状況を説明した。

「阿部様を通じ一日もはようお許しが出るよう働きかけてはおる。だがのう…」
「この事をよう思うておらぬやからが横やりを入れてくる」

「それは彦根様井伊掃部頭様でございますな?」
「何でも他藩の姫様を御台所にとお考えやとか」
「フフフッ。さすが幾島」
「当節は女子とて御政道の裏に通じておりますゆえ」

そこで、幾島には策があった。

「畏れながらお殿様なれば、この一件その女子の御政道より働きかけてみるというのはいかがでございましょう?」
「大奥の力を借りて輿入れの話を進めるという事か?」

幾島の作戦は、本寿院から攻めるということだった。これに斉彬は迷わずGOサインを出した。

「幾島人も金も惜しまず使え」
「ははっ」

むろん、吉之助もこの役目を手伝うことになった。そのため山田からは多額の軍資金も与えられた。

twimg.com

ただ、吉之助には気がかりがあった。
一橋慶喜が言った言葉が頭を過るのだ。

twimg.com

慶喜「何も知らないんだな」
「公方様は大うつけ世継ぎはつくれん」

木本 仮名太
@kimotokanata
吉之助「官房機密費でごわすか」

  

2018-03-25 20:10:08

山本八重さん@会津道
@aizu_sniper_yae
工作資金に必要とあらば千両万両いくらでも……と……(´・ω・`)

  

2018-03-25 20:12:38

真田 左衛門佐 信繁
@saemonnosuK
井伊vs島津

関ヶ原の戦いにて
最初に動いた者と最後まで動かなかった者
対照的ですね

  

2018-03-25 20:09:03

一二三
@nunonofuku123
斉彬父の島津斉興が心配したのは、この将軍輿入れ費用で、11代将軍徳川家斉に広大院輿入れしようとした島津重豪のせいで財政破綻した。
だから、ある意味輿入れに金つかう島津斉彬を長く藩主にしなかったのは正しかったともいれる。

  

2018-03-25 20:10:51

スポンサーリンク

篤姫の心配

篤姫も、幾島らの動きに気づいていた。

「西郷」
「どげんなされたとでございもすか?」
「何やらお屋敷の中が慌ただしいと思うてな」

「このところ幾島もすぐ姿が見えぬようになる」
「まっ、おかげでこうして気ままに抜け出してこられるのじゃが」

篤姫は核心を突いた。

twimg.com

「西郷、我が輿入れもしや事が破れたのでは?」
「めっそうもなかこっでございもす」

「江戸に来てもうすぐ2年じゃ」
「されど私はいまだこの屋敷におる」

「お殿様も今御公儀に働きかけておられもす」
「それでもお許しが得られぬというのはよもや公方様が望んでおられぬそういう事ではないのか?」

輿入れを案じる篤姫に、吉之助は意味深なことを尋ねた。

「畏れながらお聞き致しもす」
「篤姫様はまっこてどげな事があろうとも御台所になりたかとでございもすか?」

吉之助の質問に対し、篤姫の考えは明快だった。

「当たり前じゃ。もしそれがかなわぬのならば江戸におる事父上の娘になった事すら意味をなさぬではないか」
「西郷そなたも力を貸してくれ」

twimg.com

みずほ
@ha43zu
篤姫、すっかり洗練されちゃって。姫さまの薩摩言葉が恋しいわ。

  

2018-03-25 20:11:21

スポンサーリンク

活動開始

幾島と吉之助は、磯田屋で活動を開始した。

幾島「あんたさんらはいっつもこんな所で無駄なお銭を使うておられるのやな」

twimg.com

吉之助「んにゃ…いつも来ちょっ訳では。。」
「まあ他藩のお人らもよう出入りしてはるみたいやし、内情を探るには悪ないでしょう」


座敷に着くと、幾島は普段の声色とは打って変わり甲高い声で場を盛り上げた。

幾島「大隅屋の内儀いくでございます」
「さぁさ今日は楽しゅうやりましょ」
「お江戸の事いろいろ聞かせておくれやす」

twimg.com

そう言って、ふきやタマに酒を汲み、
関係者に近づくための情報収集を行った。

一方、吉之助はカラダを張って接待をした。

「よっはぁ~!」
♪「カライモイブスキサクラジマ」
♪「さつまというたらカライモじゃ、ほっ!」

twimg.com

吉之助はハダカ踊りを披露して取り入ったのだった。

連日続く接待。
同郷で江戸の薩摩藩邸に詰める有村俊斎と大山格之進は、羨ましがった。

俊斎「うっくっさか!」
「大山さぁこいは酒のにおいではごわはんか?」
大山
「あっないごて~!おいは悲しかど吉之助」
「わいはここんとこ磯田屋に入り浸ってわっぜ派手に騒いじょっそうじゃなかか!」

ところが、疲れ切った吉之助は、相手にもせず寝るだけだった。

乳母エミリオ
@nanny_emilio
毎回思うけど、ナンノ幾島、結構好きよ

  

2018-03-25 20:12:59

東区の人
@Higashikunohito
隠密のエキスパート

幾島の接待上手は、京都で公家衆を手玉に取ってたたまものであろう…かと。

  

2018-03-25 20:13:48

花さん
@hana3_bears27
お庭方というよりただの宴会部長

  

2018-03-25 20:14:57

前田利家(大納言の方)
@matazadainagon
西郷どんからあふれ出る一発屋感

  

2018-03-25 20:15:03

♪はるるん♪
@happysmile523
俊斎様の、歌舞伎みたいな口調でクソ笑った(笑)
流石、光臣さん。アドリブぶっ込んでくるなぁ

  

2018-03-25 20:17:13

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク