西郷どん 第14話見どころ

この記事は、西郷どん 第14話の実況・感想まとめです。

twimg.com

西郷どん 第14話は、一橋慶喜(松田翔太)が、次期将軍になることを決意する様子が描かれました。

老中・阿部正弘が急死。それを受け吉之助が江戸へ戻った頃、アメリカ総領事ハリスが家定に謁見を求めるなど、幕府は混迷を極めていました。

そんな中、吉之助に課された使命は橋本左内と共に「将軍を拒否する」一橋慶喜を説得することでした。

2人は熱心に働きかけますが、一橋は全力で拒否。取り付く島もない状態です。

さらに、そんな時に斉彬が幕府に建白書を提出して、ますます事態は複雑化。これによって、一橋派と南紀派の対立が決定的になりました。

そして、南紀派と言えば、井伊直弼。手段を選ばない冷酷非情さを見せると、直虎を見ていた大河クラスタは歓喜!2度オイシイ展開に。この辺の皆さんの反応も今回の見どころです。

さて、将軍継嗣問題でドロドロの難局を吉之助や御台所(篤姫)はどう乗り切るのか? 西郷どん 第14話実況・感想まとめをご確認ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第14話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

安政の大地震で延期になっていた篤姫の輿入れは無事まとまった。

吉之助は、斉彬に働きを評価され、その出世ぶりは西郷家の誇りであった。

そんな吉之助が帰郷すると、正助が嫁取りをしたことを知らされた。

親友の結婚を大いに喜んだ吉之助だったが、大問題が起きた。

老中・阿部正弘が急死したのだ。

これによって、一橋慶喜を次期将軍に担ぐ作戦は大きく揺らいだ。

急ぎ江戸へ戻ることとなった吉之助。

その際に、正助の登用を斉彬に進言した。その結果、正助は熊本まで登ることとなったのだった。

前回:西郷どん 第13話「変わらない友」感想・実況『香り立つBL感』

江戸へ帰る吉之助

阿部正弘の急死により
風雲急を告げることとなった薩摩藩。

吉之助は正助と熊本へ寄り、単身江戸に戻ることとなった。

twimg.com

正助「吉之助さぁ熊本の御重役や先生方に紹介してもろうてほんのこてよか勉強にないもした」
「おいは正助どんがわっぜ勉強しちょったでひったまがったど」
「んにゃ初めて薩摩を出て自分がどんなに小さか考えの中で生きちょったか痛いほど分かいもした」

「おいたちのお殿様はいかにすごかお人か、他藩の人に教えられてやっと分かった気がしもす」
「お殿様の目指す国のため互いに気張って働きもんそ!」
「おいは薩摩で気張っで吉之助さぁは江戸で!」

twimg.com

吉之助と正助はお互いエールを交換し、それぞれの道へ進んだのだった。

twimg.com

一二三
@nunonofuku123
西郷どん年表
1851年斉彬藩主就任
1852年父吉兵衛母マサ死去
1853年7月黒船来航・将軍徳川家慶死去
1854年2月黒船再来航
1855年7月島津斉彬嫡男虎寿丸死去11月安政の大地震
1856年11月篤姫と徳川家定婚姻
1857年8月阿部正弘死去←先週ココ

  

2018-04-15 20:00:39

一二三
@nunonofuku123
そもそも一橋慶喜が将軍になる事は、老中首座、現在の総理大臣にあたる阿部正弘自身が、アヘン戦争から黒船来航の対抗のため「外様や御三家を政治参加させる為に、家康まで血の繋がりのない一橋慶喜を将軍するクーデター」なわけで、阿部正弘が亡くなった時点で頓挫する。

  

2018-04-15 20:01:10

スポンサーリンク

ハリス将軍謁見

アメリカ総領事のタウンゼント・ハリスは日本との通商条約締結の足掛かりを得るため、再三にわたって将軍家定との謁見を強く要求。
多くの幕閣たちが反対する中、家定はとうとうハリスに謁見することにした。

twimg.com

ハリスは英語で恭しく家定に挨拶をした。
すると、家定は床を強く踏み鳴らす。

バンッ!

緊張感が走った。
次の瞬間

家定「遠国よりの書簡をうれしく思う」
「幾久しく友好を保ちたいと大統領に申し述べるべし!」

twimg.com

家定はハリスに友好関係を結ぶことを口にした。
その言葉にハリスはほっと胸をなでおろした。

ところが、

家定「幾久しく友好を保ちたいと大統領に申し述べるべし!」
「幾久しく友好を保ちたいと大統領に申し述べるべし!」

twimg.com

難解なセリフを言えた喜びから、
家定は何度も同じ言葉を繰り返したのだ。

驚きで通訳と顔を見合わせるハリスであった。

生きてるだけで褒めてくれる刑部bot
@ikiteruOKgyobu
焦った……壊れかけのれでぃおになられたのかと思うたぞ

  

2018-04-15 20:08:54

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
家定公の「意思疎通できる事はできるけどちょっとアレ」な感じの表現のさじ加減うまいよね…。

  

2018-04-15 20:08:00

まずりん 独身OLのすべて⑦発売中
@muzzlin
西郷どんの又吉はすごい

  

2018-04-15 20:10:06

のぐちよしあき(配役宝典の中の人)
@noyorin
家定のハリス謁見は大河の作品ごとに描き方が全然違うね 

  

2018-04-15 20:07:52

一二三
@nunonofuku123
ハリスとの会見で、足を踏み鳴らしたという記録が残っており、これは脳性マヒの症状の一つとも言われてるが、篤姫では「カブキのみえ」だと超解釈をしてました。

  

2018-04-15 20:07:11

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク