西郷どん 第15話の見どころ

この記事は、西郷どん 第15話の実況・感想まとめです。

twimg.com

西郷どん第15話は、南紀派が将軍継嗣問題に勝利。それに対し、薩摩藩が上洛計画を始動する経緯が描かれました。

今回キポーイントとなったのは、将軍・家定の遺書。

いまわの際にあった家定に対し、井伊直弼は奇跡的に「頼む!」の言葉を引き出します。

そして混乱に乗じ、まんまと大老の座につくのでした。

これにより、一橋将軍構想が崩れた斉彬ら薩摩藩。

「もはや打つ手なし」という状況へ追い込まれ、上洛計画を企てるに至ったのでした。

しかし、その計画が始動したかと思うと、更なる不幸が薩摩藩に襲いかかり・・・

いったい薩摩藩に何が起きたのか? 西郷どん 第15話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第15話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

老中・阿部正弘が急死。それを受け吉之助が江戸へ戻った頃、アメリカ総領事ハリスが家定に謁見を求めるなど、幕府は混迷を極めていた。

当時、吉之助に課された使命は左内と共に一橋慶喜を将軍へ説得することだった。

2人は熱心に働きかけるものの、ウンとは言わない一橋慶喜。

さらに、そんな時に斉彬が幕府に建白書を提出し、事態は複雑化。これによって、一橋派と南紀派の対立が鮮明になった。

そんな中、井伊直弼が一橋慶喜に取引を持ちけけた。将軍を辞退すれば、紀州をくれてやるという。

これに対し、一橋慶喜は激怒。井伊に反発する形で、次期将軍を引き受けることを決意したのだった。

前回:西郷どん 第14話「慶喜の本気」感想・実況『直虎クラスタ歓喜!』

浮かれる一橋派

ついに一橋慶喜は次期将軍となる決意をした。
そこで、吉之助たちは急ぎ京へ向かい将軍継承に関する詔を賜るべく朝廷へ働きかけたのだった。

近衛「喜びなはれ」
「ついについに!天子様から幕府に詔が下されます」
吉之助「ついにでございもすか!」
左内「ついに慶喜様が将軍となられるのですね!」

「いや~ほんまに苦労したわ。なあ月照さん」

一橋慶喜将軍擁立へ動いた面々は、歓喜に湧いていた。
ところが、月照だけは違った。

twimg.com

月照「ただこの写しによると『世子は英傑人望年長の三件をそなえたものを選ぶべし』と記され一橋慶喜様をとは書かれておりません」
「あ…じゃっどんこの年長ちゅうお言葉が指すのは紀州の慶福様ではなく明らかに一橋様でございもす」
「はい。この詔が下されれば幕府が次の将軍を一橋様にするのは必定にございます!」
「これでこの国も朝廷も安泰や」

月照の懸念も浮かれる者たちには届かないようであった。

ひぞっこ
@musicapiccolino
このタイトルはもしや、俗に言う “ネタバレ” では? ((◉o◉|||;))

  

2018-04-22 20:06:23

一二三
@nunonofuku123
西郷どん年表
1853年7月黒船来航
1854年2月黒船再来航西郷隆盛江戸へ
1855年11月安政の大地震
1856年11月篤姫と家定婚姻
1857年8月阿部正弘死去10月家定ハリス会見←先週ココ
1858年4月井伊直弼大老8月14日徳川家定死去8月24日島津斉彬死去

  

2018-04-22 20:00:18

一二三
@nunonofuku123
くり返しですが、一橋慶喜将軍は初代家康まで将軍家と血の繋がりがなく、紀州徳川慶福は祖父が11代将軍徳川家斉なので常時ならありえない。それを、黒船来航に対抗するため、老中首座だった阿部正弘が譜代大名以外の力を使う為の一種のクーデター。だから、阿部正弘死去の時点で無理。

  

2018-04-22 20:01:06

ひぞっこ
@musicapiccolino
色々と不吉な予感がするアバン。

  

2018-04-22 20:03:45

スポンサーリンク

家定、倒れる

その頃、篤姫と家定は穏やかな日々を過ごしていた。

篤姫「不思議な絵をお描きですね」
「春なのに柿の実がなっております」
「上様の目にはお見えになるのですか?」

twimg.com

家定「秋になったら甘い実がつく。それが見える」
「上様は柿がお好きなのですね」
「うん。御台にも食べさせたい」

twimg.com

「うれしゅうございます。私も柿が大好きです」
「そうか!秋になったら御台と甘い柿を食べよう」
「そうじゃ…」
「幾島、薩摩からたる柿を取り寄せよ」
幾島「それはよきお考え。たる柿なら秋まで待たずとも甘い柿が召し上がれます」

すると突然、家定は横になって倒れた。

twimg.com

「うう…」
「上様?」
「苦しい…」
「上様!?誰か!」
「すぐに医師を!はっ!」
「上様…上様!」

家定は持病のかっけが悪化し、予断を許さない状態となったのだった。

まーぼー(実況用)
@mabo1113
家定様と篤姫の穏やかな1日ずっと見ていたい

  

2018-04-22 20:07:14

marilyneg【まりりんgどん】
@marilynepet
「秋になったら甘い柿を御台と一緒に食べたい」
家定の言葉にキュン死する幾島がかわいい
(*´∀`)ww

  

2018-04-22 20:07:54

海野つなみ
@uminotsunami
開始8分でフラグひとつ回収

  

2018-04-22 20:08:37

石田三成
@zibumitunari
あー、やはり柿がフラグだったか

  

2018-04-22 20:08:24

マルコ@drama
@marukodorama
「御台にも、甘い柿を食べさせたい。」
家定様の精一杯の篤姫への愛情表現だったろうな😭。

  

2018-04-22 20:09:59

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
御所柿はひとり熟して落ちにけり。

徳川将軍家の始まりから柿はあまり縁起が良くない…

  

2018-04-22 20:10:56

tocco@薄い本「次郎法師異聞」通販中
@HyperionTocco
上様の死因は脚気ですがこれはビタミンB1不足によるもので、足の浮腫や全身の倦怠感が長く続いて遂には心の臓のポンプ機能が不全になりもす。白米食って玄米食う習慣のない江戸の人達が身分の上下を問わずかかったので江戸患いともいうのは有名ですね

  

2018-04-22 20:08:41

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク