この記事は、
西郷どん 第16話「斉彬の遺言」感想・実況の4ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

月照の訪問

京に戻った吉之助は、一橋慶喜との話を報告した。

月照「全て大老さんに先手を打たれてたという事ですか」
左内「これで…我らの最後の望みも…絶たれました」

twimg.com

近衛は泣き崩れた。

その晩、短刀をじっと見つめる吉之助の元を月照が訪れた。

「すんません夜遅うに」
「どうしても西郷さんとお話をしとうなりましてな」
「泣きはらへんのやな西郷さん」
「薩摩守様が身まかられてから涙一つこぼされませんなぁ」

そして月照が核心を突いた。

「あんたさん、薩摩へ帰って死ぬおつもりでっしゃろ」

吉之助は月照をじっと見つめ、否定しなかった。

twimg.com

「やっぱり…」

「おいは…殿のおらんこん世におっても意味のなか人間でごわす」

「あんたさんよう肥えといやすから腹を切ったら血ぃもぎょうさん出て、はらわたもさぞかし立派なもんが出てくるやろ」
「ほやけどそれだけの事です」
「薩摩守様のご遺志はどなたが継ぐのですか?」

「よろしおすか」
「あんたさんの頭の中には薩摩守様のご遺志がいっぱい詰まってる」
「今死んでしもたらそのお考えも消えてしまうのです」

そして、月照は吉之助を激励した。

「生きるんや」
「生きてあんたさんが薩摩守様になりなされ!」

twimg.com

しみず さるひこ
@bub_shimizu
深夜にひっそりと訪れてくる月照のヤバみ w

  

2018-04-29 20:27:16

Mars田丸@榊原康政の憂鬱待ち
@MartianMN
月照様の京言葉、柔らかくて癒やし効果がある
腸も立派とか物騒なこと言ってもあくまで柔らかい

  

2018-04-29 20:27:56

T.Tsubasa
@t2satelitemds
菊之助さん「色香」がある
かつ「芯」のある漢だと思う
月照さん、ただの美坊主でない

  

2018-04-29 20:30:26

小栗さくら@歴史タレント
@oguri_sakura
月照が訪ねてくるシーン、
原作の月照はすごいアレです。

月照
「泣きなはれ、もっと泣くんどすえ。」
「そやけど、西郷はん、そのお顔で泣くと、赤ん坊みたいになりますなァ。ほんまにかわいらし赤ん坊どすえ」
月照、西郷の涙を唇で吸い上げる。

この後の展開含めカットされた模様(笑)

  

2018-04-29 20:31:42

スポンサーリンク

安政の大獄

そのころ詔を口実に井伊大老が動き出していた。
幕府に刃向かおうとした者たちへの取締る「安政の大獄」が始まったのだった。

twimg.com

幕府の追及の手は月照のもとにも伸びていた。
そこで、月照は幕府へ名乗り出ようとしていた。

近衛「いかん!いかんいかん!」
「月照さんを行かしたらあきませんのや」

「そこのいておくれやす」

吉之助らは、月照を必死で止めていた。

twimg.com

「多くの同志たちが捕まり御公儀に命を奪われております」
「今度の大老さんを甘う見たらあきません!」

月照の狙いは、近衛らに迷惑をかけないため、自らが生贄となろうとしていた。

「うちの家は五摂家筆頭や!そないな事させますかいな!」

twimg.com

月照「今度の大老さんを甘う見たらあきません」
「そうですのやろ?」

近衛は涙を流した。

「あんたという人は…」
「ゆっくり別れの歌でも詠み合いとうございましたけど…」

そう言って、行こうとする月照を吉之助が止めた。

「行かせもはん」

「御公儀にそん命を預けっとならいっそおいに預けてたもんせ」

「おいと共に薩摩に行って下さいもんせ」

近衛「そうや薩摩や!」
「薩摩やったら御公儀もやすやすと手ぇは出されへん」

左内「もしまことにいま一度薩摩が兵を起こす事ができるならば、その時は再び月照様のお力を借りねばなりませぬ!」

月照「とはいうても薩摩までの遠い旅路追っ手からうまく逃げきれるかどうか」
「おいが命を賭してお守り致しもす」
「分かりました」
「この命預けまひょ」

こうして吉之助と月照、それに俊斎で薩摩まで旅立つこととなった。

スポンサーリンク

はなたろう
@hana_taro2014
安政の大獄はじめました

  

2018-04-29 20:24:42

ぬえ
@yosinotennin
おっ安政の大獄始まった (それにしても、この古畑任三郎みたいな配色とエヴァみたいな配置のテロップ、いつまでも慣れないなあ…)#西郷どん

  

2018-04-29 20:29:26

アンチョビ
@anchovy_aid
安政の大獄への道筋は丁寧でいいな。主膳こわくてかっこいい。

  

2018-04-29 20:24:20

大久保利通
@toshi_okubo_
300年前は、井伊が今川に粛清されるのを恐れていたのに、今は…

  

2018-04-29 20:27:13

石田三成
@zibumitunari
やべえわ。去年あんなに風前の灯火だった井伊が権力的にも完全な強キャラになってる。それはそうと佐和山かえして

  

2018-04-29 20:25:09

わた@シン・呉鎮守府
@them_isto_cres
安政の大獄の直弼、心の中で絶対こう思ってる。

  

2018-04-29 20:32:30

一二三
@nunonofuku123
井伊直弼を擁護すると、欧米との戦争回避には日米修好通商条約を結ぶしかないと島津斉彬初めとした蘭学大名はわかっていたのに朝廷不許可などミスを見つけて批判した。ちょうど「野党の、与党のやってる事は妥当だとはわかるがミスを見つけて批判しないと存在意義がない」事に似てる。

  

2018-04-29 20:25:44

Watanabe
@nabe1975
「今度の大老さんを甘うみたらあきまへん」

  

2018-04-29 20:29:55

アメージング太郎
@project_Mr_A
安政の大獄で恐れられる井伊直弼だけど、井伊家は政次、六佐、之の字ら家臣が支えてきたから、幕末の井伊家もあるんだと思うものの、この頃の井伊家は家老が尊皇攘夷派で、尊皇攘夷派の師(梁川星巌)に情報をリークしてたりと一枚岩ではないんだよな…

  

2018-04-29 20:27:14

はなたろう
@hana_taro2014
五摂家
>藤原氏嫡流で公家の家格の頂点に立った5家
・近衛家←筆頭
・九条家
・二条家
・一条家
・鷹司家

  

2018-04-29 20:31:37

一二三
@nunonofuku123
井伊直弼は幕府に歯向かうというか、水戸の一橋慶喜を将軍にしようとして、朝廷を動かして戊午の密勅を幕府無視して水戸に出した事に対する弾圧。これは幕府としたら絶対に許せないことで、帝の周りを徹底的に弾圧した。

  

2018-04-29 20:30:51

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク