西郷どん 第17話の見どころ

この記事は、西郷どん 第17話の実況・感想まとめです。

twimg.com

西郷どん第17話は、月照と吉之助が入水するまでの様子が描かれました。

幕府の弾圧から逃れるため薩摩へ逃げた吉之助たちですが、薩摩では思ったような庇護を受けることは出来ませんでした。

それどころか、斉興が復権したことで日向送りの沙汰がくだされるという事態に。

その結果、思いつめた吉之助は月照と運命を共にすることを選択したのでした。

ちなみに、衝撃的で美しいラストシーンを引き立てるように、今回は恒例のアレがありませんでした。

『幕末シェイプ・オブ・ウォーター』と評された月照との入水は、いったいどんなラストとなったのか? 西郷どん 第17話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第17話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

突然病で亡くなった斉彬(渡辺謙)。これにより、上洛作戦は変更に。

そこで、吉之助らは朝廷に働きかけ、水戸藩に兵を挙げてもらおうと試みる。

ところが、反幕府の動きを察知した井伊直弼(佐野史郎)は次々に反抗勢力を潰しにかかった。世に言う安政の大獄である。

その結果、吉之助は月照を連れて薩摩藩へ逃げることを決めた。しかし、行く手には既に包囲網が。

追い詰められた吉之助は自決を考えるが、その時、斉彬の霊が現れ、吉之助を叱咤激励したのだった。

前回:西郷どん 第16話「斉彬の遺言」感想・実況『まさかの斉彬、1週で復活w』

薩摩へ帰還

幕府の弾圧から逃れてきた吉之助は、命からがら薩摩藩にある実家へたどり着いた。

「だいか!だいかおらんか!?」

ただならぬ様子の吉之助。吉二郎や熊吉は、理由も聞く間もなく月照の看護を準備したのだった。

状況が落ち着くと、皆がいる前で鷹は吉之助が連れてきた坊主について尋ねた。

鷹「あんお坊様はどなたでございもすか?」
吉之助「月照様ちゅう亡き殿と縁の深か京のお坊様じゃ」
「お守りすっために薩摩にお連れした」

「お守りすっち?」
「詳しくは話せんが月照様にはしばらくこん家に身を隠して頂く」
「命に代えてもお守りせんといかん」

吉之助の口ぶりから熊吉をはじめ、
その場にいた皆が何となく状況を察した。

熊吉「分かいもした。だいが訪ねてきても、こん熊吉が追い返してやいもんそ」
「おお頼んど!」

twimg.com

熊吉「うん。チェスト~!」

一二三
@nunonofuku123
正確には、安政の大獄のメイン弾圧対象者は、幕府を飛び込めて勅書を水戸に出した戊午の密勅を出させた関係者、特に一橋慶喜将軍擁立派だったので、月照及び西郷隆盛はド真ん中の弾圧対象。

  

2018-05-06 20:00:45

一二三
@nunonofuku123
史実では、月照は高橋光臣演じる有村俊斎(後の海江田信義)が薩摩に連れてきて、西郷隆盛は別ルートで先に薩摩に帰還してる。
で、ドラマ的には西郷隆盛と月照は一緒に戻るようにしてるが、有村俊斎がこのシーンにいるのは史実に近づけてる。

  

2018-05-06 20:01:02

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
月照の薩摩入国に平野国臣がいない。国臣は福岡藩士ながら西郷と知遇を得て、斉彬の上洛計画に荷担したが計画は頓挫。福岡に帰郷していた。その後、安政の大獄で追われた月照が薩摩へ落ちてきたとき、これに従い、薩摩へ向かっている。西郷と月照の入水のおり、二人を救い出したのは国臣。

  

2018-05-06 20:06:16

スポンサーリンク

島津の次期当主

その頃、隠居していた斉興や由羅も薩摩へ帰っていた。
そこへ、久光が挨拶に訪れていた。

twimg.com

由羅「お久しぶりね」
久光「はっ。父上も母上もご機嫌麗しく」
斉興「うん。茂久しばらく見んうちにまっこてふとか男になったのう」

久光は茂久を連れてきていた。

斉興「こいからの当家の事を相談に参ったとじゃろう」
「いえ御相談ではございもはん」
「願いをお聞き届けして頂きたくまかり越しもした」

久光「我ら島津の家は哲丸様を当主とし家臣たちが一つになって支えていく覚悟でごわす」
「哲丸様こそがただ一人兄上の御嫡子でございもす。哲丸様ならだいも異を唱えるこつはできもはん」

実は、斉彬はいまわの際で、茂久に家督を譲ることを提案していた。つまり、茂久は久光の子になるということだった。

twimg.com

斉興「新しか当主に茂久。そいでお前が後見を務めるち申すか?」
久光「はい!」

「相分かった。よかとじゃなかか。のう?」
由羅「はい。私はもう何も申す事はありません」
「はあ…あいがとございもす」

「いずれは兄上の御無念を晴らしたかち思っておいもす」
「そいはまた薩摩から兵を挙げるっちゅうこっか?」

「本気か?久光」
「はい」

twimg.com

これを聞くと斉興は大笑いをしたのだった。

わぶ堂
@chikuwabu5015dr
ルミ子さんに「お久しぶりね」と言わせる脚本www

  

2018-05-06 20:07:39

☆るるどん☆
@rudopai_ruru
ひさみちゅはお兄ちゃんが大好きなんだよね。
切ない。

  

2018-05-06 20:09:21

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
今作の兄ちゃん大好き久光様の描き方は好きだし、それに青木崇高さんの演技のよさも加わって有難いのよ

  

2018-05-06 20:11:35

マルコ@drama
@marukodorama
青木崇高さんの久光様、実物にとても寄せていると思う。

  

2018-05-06 20:10:04

平蜘蛛P
@hiragumoP
ここで斉彬の挙兵上洛の夢が久光にとってある種の呪いになって、寺田屋事件、生麦事件、薩英戦争とドミノ倒しのように大事件が起きてしまうんだよな

  

2018-05-06 20:12:53

こま@03RiA
@KOMA_MUGEN
実のところ、久光ではなく茂久が次期藩主に任命されたのは割と正解だった。若輩である茂久に実権はほぼ無く、斉興→久光と実権を握られ続けてきたが、茂久は温厚で特にそれに意を唱えなかったので、薩摩は一致団結して幕末に当たれたのだ  

  

2018-05-06 20:13:22

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
島津斉彬の唯一生き残っている男子・哲丸が成人するまで、久光(この時の名は忠教)の子・茂久(まだ名前は忠徳)が藩主として就く約束であったが、哲丸の夭逝でそれは叶わなかった。このドラマでは、名前がややこしくなるとして、久光、茂久で通すようだ。

  

2018-05-06 20:18:02

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク