この記事は、
西郷どん 第17話「西郷入水」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

天璋院篤姫の立場

twimg.com

篤姫「これよりは私をまことの母と思うてお頼り下さいませ」

徳川十四代将軍家茂の母となった篤姫は、天璋院と名を改めていた。

twimg.com

家茂「母上。一つお聞きしてもようございますか?」

twimg.com

「何なりと」
「母上は私の事がお嫌いではないのですか?」

「何を申されるのです?」
「そのようなはずは…」
家茂「母上は私が徳川の家を継ぐ事をよく思っておられなかったと聞きました」
井伊「さあ上様そろそろ参りませぬと」

井伊直弼が言い含めているのは明らかだった。

twimg.com

「私は母上を信じる事ができませぬ」

そう言うと、家茂はそのまま部屋を後にした。

「上様お待ち下さいませ!」

井伊「天璋院様お聞き分け下さいませ」
「上様には天下の政が控えておりますゆえ」

☆るるどん☆
@rudopai_ruru
井伊直弼に洗脳されていく家茂さま…

  

2018-05-06 20:12:29

亜姫篤
@gameura
めんどくせえもうヨーヨーで佐野史郎殴っちゃえよ(雑

  

2018-05-06 20:14:51

スポンサーリンク

幾島と篤姫の別れ

篤姫と2人なった幾島は意外なことを口にした。

twimg.com

幾島「いっそおいとまを頂戴致しましょう」
篤姫「は?今何と申した?」


「一橋様を新しい公方様にする事が我らのお役目でした」
「我らはその戦に負けたんです」
「もう務めは十分に果たされました」
「薩摩にお戻り下さいませ」

幾島の白旗宣言であった。

twimg.com

篤姫「いいえ」
「私はやはりここにおる」
「天璋院様」
「それに私の帰るべき家はもう薩摩ではない」
「私のお家は…徳川じゃ」

篤姫「これからもよろしく頼むぞ」
幾島「いいえ。やはり私はおいとまを頂戴致しとう存じまする」
「京へ帰らせて下さいませ」
「そなた…」

篤姫「私のために汚名をかぶるつもりか!?」
「古来戦に敗れた者が咎を受けるのは当たり前の事」
「御大老様にもこれで少しは示しがつきましょう」

「ならぬ!何故そなたが去らねばならぬ!」
「天璋院様のお覚悟あっぱれでございます」
「それなら私にも最後の御奉公をさせて下さりませ」

すると、篤姫は涙ながらに幾島にすがった。

twimg.com

「駄目じゃ!私にはまだまだそなたに教えを請わねばならぬ事がある!」

「しっかりせなあきません」
「これにてお別れでございます」

篤姫「幾島殿!」
「これまで…ありがとうござりました」

twimg.com

こうして、幾島と篤姫は袂を分かつことをなったのだった。

☆るるどん☆
@rudopai_ruru
幾島が罪を被って去っていく。
素晴らしい忠義だ。
でも、天璋院様は寂しくなりますね。
わたし達も寂しいよ~😭

  

2018-05-06 20:15:19

しみず さるひこ
@bub_shimizu
中森明菜ちゃんばりに声を出さずに「ありがとうございました」とつぶやく南野ちゃん

  

2018-05-06 20:17:14

heikayuuji
@heikayuuji
口元がかすかに「ありがとうございました」と動いてるのが本当に良い

  

2018-05-06 20:17:06

ぬえ
@yosinotennin
ワンシーンだけ切り取ってみると、俳優さんたち物凄い熱演しててとても良い場面なんだけどな…これ毎週思ってるな。#西郷どん

  

2018-05-06 20:17:08

スポンサーリンク

正助の計らい

薩摩へ戻った吉之助は正助と再会した。

正助「吉之助さぁ!」「正助どん」

twimg.com

「あ~よかったど」
「吉之助さぁのこっじゃっでさっさと腹を切って殿の後を追ったんじゃなかかち案じちょいもした」
「バカを言うな。明日城に上がって月照様の庇護を進言すっつもりじゃ」

すると、正助は深いため息をついた。

「そいは難しいかもしれん」
「ないごてな?」

「くどくは言わんが、江戸から御隠居様が戻られて藩の事情が怪しくなった。今吉之助さぁが動くといろいろ面倒なこつが起こる」
「じゃっどん…」
「いつ御公儀から命令が届くとも分からん」
「吉之助さぁはお坊様と身を隠しちょってくいやんせ」
「頼む!」

twimg.com

吉之助のために正助は動いた。
家に帰ると、家事をする妻の後ろでタイミングを探していた。

満寿「旦那さぁないか私におっしゃりたいこつが?」
「分かっとか?」

「満寿の父上は御家老の山田様と昵懇であったな?」
「はい」
「ちょっ頼まれてくれんか」

満寿はスグに事情を察した。

満寿「ではちょうどお漬物もおいしくなったでこいを持って実家に行ってきもんそ」
「まだ何も言うちょらん。」

「旦那さぁの事を山田様にお取り次ぎするよう父に頼んでみもす」

こうして、正助は山田に取り次いでもらえることとなった。

☆るるどん☆
@rudopai_ruru
正助に頼まれる前に漬物の用意をバッチリしている察しの良い満寿。
素敵な奥さんだねぇ。

  

2018-05-06 20:20:39

坂本龍馬
@historical_per
なんちゅう良う出来た嫁ぜよ!
満寿殿をわしに呉れ…あ、いや、おりょう…冗談…違うt…

  

2018-05-06 20:21:07

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク