この記事は、
西郷どん 第17話「西郷入水」感想・実況の5ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

月照入水

満月の夜。
吉之助と月照を乗せた舟が海へ出た。

月照「おかしおすなぁ」
吉之助「は?」
「寒い夜やのにちょっとも寒うおへん」
「じゃっどん震えていらっしゃいもす」

twimg.com

「フッ…」
「なんぼ修行を積んだ身ぃでも未練ですなぁ…」
「心は死ぬと決めてても体が生きよう生きようとして…震えます」

月照は懐から書状を取り出し、詠み上げた。

「大君のためには何かをしからん薩摩の迫門に身は沈むとも」」

twimg.com

一方、家に戻った正助は熊吉から吉之助の真意を知らされてしまう。

熊吉「正助さぁ」
「若さぁは無事にお発ちにないもしたか?」
「ああ無事に発った」
「あの…ちょっと妙なこつがあいもして。ないな?」
「若さぁが命より大切にしちょった短刀が飾ってあいもす」

この事実に正助は吉之助が死のうとしていることに気付いた。

正助「しもた…行かせてしもうた!」
熊吉「正助さぁどげんしたとでごわすか?」

正助は無我夢中で海へ向かって走った。

「吉之助さぁ…!」
「吉之助さぁ~!死ぬな!死んじゃならんど!」
「そげんこつしたらおいが許さんど!」
「吉之助さぁ!うあ~っ!」

沖まで進んだ舟では月明かりが照らす中、吉之助は

「月照様」
「共に参りもす」

twimg.com

「西郷様…」

吉之助は月照を抱きしめた。

twimg.com

「ありがとう」
「これで長い旅路も安心できます」

twimg.com

そして、そのまま2人は海へ身を投じた。

「二つなき道にこの身を捨て小舟波立たばとて風吹かばとて」」

twimg.com

twimg.com

スポンサーリンク

☆るるどん☆
@rudopai_ruru
震えながら辞世の句を詠まれる月照様。

美しいねぇ😭✨✨

  

2018-05-06 20:39:39

こまつな
@kmtn_bb
何で抱き合って入水するのかと思ったら、原作では月照さんが吉之助さんの涙をチューするところがあって「そういう仲」だったとな。それならわかる、それならわかる。

  

2018-05-06 20:51:48

こざ
@kozaab
おっさんずラブ

  

2018-05-06 20:41:26

みーたろう
@ayu114mie
BL(ボーズとラブ)

  

2018-05-06 20:42:15

ひぞっこ
@musicapiccolino
ここにも おっさんずラブが!Σ(º ロ ºlll)

  

2018-05-06 20:42:02

おすかる♡4月から猛烈に政次ロス突入
@osukru_andore
TLがおっさんずラブ。

  

2018-05-06 20:44:59

かねさだ
@skht7312
大久保の気持ちがちっとも吉之助には届いていない。大久保は自分を選んでほしい時、正面から自分を選んでくれと吉之助に向き合うのに、吉之助はいつも結局は大久保を選ばない。その繰り返しが西南戦争まで続くんだよ。

  

2018-05-06 20:40:35

ぬえ
@yosinotennin
何故月照様がこうまで幕府から狙われるのか。吉之助さぁと月照様は、いつのまにこんな身命を賭した関係になったのか。吉之助が死んだら日本国が死ぬと言われるまでの大物に、彼はいつなったのか。あんまり深く掘ってないのに熱い場面の連続で、総集編を毎週放送してる感。贅沢っちゃ贅沢。#西郷どん

  

2018-05-06 20:40:27

ぬえ
@yosinotennin
月照様が美しいので、オールオッケーだ…もうなんでもいいや…

  

2018-05-06 20:42:10

猫塚@塩小姓
@nekomekko
吉之助と月照さんが入水したのは、磯(仙巌園付近)から姶良市へ向かう辺り。
竜ヶ水沖。
戦国島津の三男・歳久様が亡くなった竜ヶ水近くの心岳寺(平松神社)も沖から見える辺りですかね。

  

2018-05-06 20:42:47

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
極限の天秤にかけたとき、「誰かの為に生きる」じゃなくて、「誰かの為に死ぬ」ひとなんだろなぁ、って…。

  

2018-05-06 20:43:58

くろま
@kuroma_9
月照と吉之助が一緒に入水するほど精神的に繋がっていくくだりが全く描写されてなかったので、行き場を失った二人がヤケになってドボンしたように見えるのは私だけか

  

2018-05-06 20:42:33


@s_abagashira
林さんの原作でだと、最初の嫁には西郷どん、手を出してなくて、月照様で童貞捨てたことになってたんだよね だからまあ心中も原作でならわかる 最初の番宣では濃厚なBLですって鼻息荒かったから、最初は褥のシーンもあったんじゃないの

  

2018-05-06 20:44:11


@s_abagashira
でも私は、1年以上嫁がいて、あんだけ尽くして貰って、手切れ金までもらって、手も出してねえっておい 月照で童貞捨てたっておい 橋本愛ちゃんに今すぐ土下座しろおおおおおおってブチ切れそうになったけど

  

2018-05-06 20:45:00

tocco@
@HyperionTocco
放送前にBLとか云って煽ってたけど、肝心なところ描かないって、なんでェ結局匂わすだけでギリギリのところで日和ったんかいえねーちけー(六年前のあの勇気はどうしたんだ!)

  

2018-05-06 20:42:50

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
安政5年11月16日(1858年12月20日)僧・月照が薩摩国錦江湾の三船の沖(鹿児島市街地から北東に約8キロ)に入水。辞世は二首伝わる。

大君の ためにはなにか 惜しからむ 薩摩の瀬戸に 身は沈むとも

くもりなき 心の月と 諸共に(「薩摩潟」とも) 沖の波間に やがて入りぬる

  

2018-05-06 20:39:11

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
月照の身柄の保護を藩に拒絶された西郷隆盛は、月照と福岡から同行した平野国臣を伴い、薩摩・錦江湾に小舟を浮かべ逃亡を謀る。三船の沖まで小舟を進めると隆盛と月照は抱き合って入水(隆盛が月照を抱き締めて飛び込んだとも)、国臣が慌てて二人を引き上げたが、月照は死亡した。

  

2018-05-06 20:44:50

スポンサーリンク

西郷どん 第17話「西郷入水」感想

モハヤ人
@mohayan
今週のMVPは、声だけ聴いていると西郷を嫌っていそうなのに実際は「口元が笑っている」と言われた山田様でした。相変わらずいいキャラしていますね」

  

2018-05-06 20:47:26

指南役
@cynanyc
西郷どんで月照を演じた尾上菊之助はいいキャスティングだと思う。昔から大河はここぞという役に歌舞伎役者を起用してきた。それは第一作の「花の生涯」の尾上松緑からの大河の伝統。当時、五社協定で映画スターはテレビに出演できなかった。その窮地を救ったのが歌舞伎役者だった。

  

2018-05-06 20:45:29

あんぱん
@mzalpq_woksxn
西郷どんと月照様が2人で入水したところで今回は終了
入水自殺が美しすぎたのと儚すぎて胸が痛み涙が出たのに、 がBLだとザワつき萎えました(誰だよボーズとラブとか言ったうまい奴)

  

2018-05-06 20:48:17

晴野未子🏯歴タレ(本アカ)
@3535haruno
大河といえば美坊主!!

美坊主、沢山見てきたけど

これほど色っぽい美坊主は

初めて見たもんだ!!

そりゃ…西郷も…色々アレだよね…

ゴホンゴホン!!

  

2018-05-06 20:50:32

みずほ
@ha43zu
演者の熱演や場面ごとの演出で1シーン1シーンは楽しめるのですが、背景の描きこみやそこに至る積み重ねが薄いので誰かが去ったり死んでも涙腺は固く閉じたままでございます。

  

2018-05-06 20:51:12

町田 明広
@machi82175302
「西郷どん」17回目を拝見!本日は斉彬亡き後の薩摩藩の動向、久光の葛藤、西郷と月照の日向送りを巡っての大久保の友情と活躍が描かれました。斉興の凄みと狡猾さが満載でしたね。大久保の周旋そのものはフィクションですが、ドラマを盛り上げました。

  

2018-05-06 20:45:42

町田 明広
@machi82175302
今回のストーリーを追う前に、ここに至る経過を整理しておこう。西郷は斉彬の訃報に接し、殉死しようとしたところを月照に説得され、井伊政権の打倒を画策した。土浦・尾張・長州・土佐といった諸藩とクーデターを決行し、老中や京都所司代を斃して彦根城も占領するというもの。

  

2018-05-06 20:46:18

町田 明広
@machi82175302
西郷のこうした空想的とも言える大胆な作戦について、本当に各藩の同意を得ていたかは疑わしい。西郷のクーデター計画では、政治的な目的は必ずしも明確ではなく、井伊政権の打倒後の青写真は描けていない。まずは、挙兵すること自体に重きを置いたのだろう。

  

2018-05-06 20:46:47

町田 明広
@machi82175302
ちょうどこのタイミングで、斉彬亡き後の薩摩藩の実権を取り戻した前藩主の斉興が、江戸から帰藩する途中で伏見を通過した。西郷は、近衛家から御所守衛の人数を差し出すように斉興に依頼させたが、幕府の許可なくできないと断られたこ。このピソード、個人的には重視している。

  

2018-05-06 20:47:07

スポンサーリンク