この記事は、
西郷どん 第18話「流人 菊池源吾」感想・実況の6ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

吉之助の頼み

スポンサーリンク

吉之助はとぅまを探した。
すると、とぅまは庭で掃除をしていた。

twimg.com

「礼を言いもす。あいがとさげもした」
「おはんに頼みがある」

すると、先走ったとぅまは勘違いをして言った。

「ダメだ。私はあなたのアンゴにはならん!」
「ヤマトンチュは好かん!とりわけ薩摩の侍はもっと好かん!」

「心配せんでよか。そげな頼みじゃなか」
「じゃ、頼みは何?」

twimg.com

「おはんに言われたとおりおいはこん島の事をないも知らん」
「こん島の砂糖のおかげで薩摩は大藩ち言われるようになった」

「じゃっどんおいはこん島の人たちの暮らしも砂糖のこつもまるで知らん」
「おはんらの苦労を何一つ知らんままおいは藩の金を湯水のように使うてきた」

「とまどん頼む」
「おいにこん島の事を教えてくいやんせ」
「頼みもす」

twimg.com

すると、とぅまは吉之助の願いを聞き入れた。

「分かった。着いておいで」

そう言って、手を引き海へ走ったのだった。

twimg.com

てけ
@kaepo_nmmn2
初めて薩摩の人間に「どん」と付けられて人と認識されたんだろうなぁとぅま

  

2018-05-13 20:41:25

しみず さるひこ
@bub_shimizu
しかし亮平くんとふみ様のサイズ感のギャップには萌えるものがあるなあ。肩とかに乗せて歩いて欲しい

  

2018-05-13 20:42:23

ゴメス男爵P
@lord_gomez
二階堂ふみに手を握られたら、俺でも帰ってくるわ。
それにしても、緑の解像度がすごいんだけど、どんだけのカメラ使ってんだよ。NHKのカメラって、世界最高峰のものとか使ってるんだよな、共同開発とかあるし。

  

2018-05-13 20:43:03

℃294
@do294
薩摩で下役の頃は百姓や無役の貧しき人々の窮状に心痛めていた吉之助さあは、斉彬様の腹心となって働いていたにも関わらず、そして人々を救うつもりでいた筈なのに、結局その救いたい人々を見えていない事を突きつけられる現実。

  

2018-05-13 20:42:29

スポンサーリンク

西郷どん 第18話「流人 菊池源吾」感想

HS
@drops2012
ここまではこの為にあった事がよく分かる奄美編一話だったと思う

  

2018-05-13 20:46:24

uni
@uni3403
この一連の島の生活によって殿様が神様じゃなくてただの人間だとわかるわけね西郷どん。

  

2018-05-13 20:43:10

はたき
@hataki1441
「私たちは民のうちではなかった」
この台詞で今回見てよかったと思ってしまった

  

2018-05-13 20:46:12

まきはら
@makihara
奄美編、期待以上に薩摩の闇がドス黒くて最高だったわ 4ヶ月かけてキラッキラに描いてきた斉彬様が今回で一気に闇に反転して、吉之助の信念も殿への憧憬もズタズタだよ この落差素晴らしい

  

2018-05-13 20:47:52

一二三
@nunonofuku123
西郷隆盛は奄美大島で過ごすという経験があって事の、明治政府初期の廃藩置県など四民平等政策だったのかなと。少なくても西郷隆盛の思想には奄美大島と沖永良部島の島文化の影響が強いかと。 

  

2018-05-13 20:42:37

かおる@真田丸は終わらない
@sakyo_asc
奄美編になって島ことばの字幕により、そういえばいつの間にか字幕なしで薩摩言葉が聴き取れるようになっていることに気付き驚愕する視聴者。
なんという薩摩言葉スピー○ラーニング。

  

2018-05-13 20:45:08

🐰蓮花茶☂実況🐲
@lotusteajikkyou
島編、やはり南国の緑と海の青さはとても美しくて、ロケはやっぱりいいなあと思った。それだけに番宣でネタばらししすぎたのが勿体なかったよ…

  

2018-05-13 20:45:46

町田 明広
@machi82175302
「西郷どん」18回目を拝見!本日から、西郷の奄美大島での潜居が始まりました。愛加那との出会いを含め、基本フィクションですが、西郷の人間性を描き、人格形成の画期とする意図でしょうか。ドラマとして、楽しめました!さて、橋本左内の最終登場回でした。落涙(>_<) 

  

2018-05-13 20:46:28

町田 明広
@machi82175302
今回のストーリーを追う前に、ここに至る経過を整理しておこう。近衛家から月照の身の安全を託された西郷は、上方での潜伏を諦めて鹿児島で匿うこととした。月照は有村俊斎、平野国臣らに任せ、10月6日、西郷は単身で帰藩した。俊斎は、にもかかわらず、平野に任せ帰藩してしまう。

  

2018-05-13 20:46:52

町田 明広
@machi82175302
月照と平野の鹿児島入国までの困難は察して余りある。。そもそも、平野は西郷とは因縁浅からぬ仲、正直、登場して欲しかった。平野は久光の率兵上京、西郷の沖永良部遠島にも関わる超重要人物。ただ、ストーリー的に難しいとの判断があったか。。そう言えば、藤田東湖も登場しなかった。

  

2018-05-13 20:47:24

町田 明広
@machi82175302
帰藩した西郷は、月照受け入れの根回しを行ったが、斉彬時代とは打って変わり、斉興は国政への関心は示さず、西郷からの申し出を露骨に煙たがった。薩摩藩藩庁は、11月8日に鹿児島に到着した月照と平野国臣らを監視下に置いた。

  

2018-05-13 20:48:09

町田 明広
@machi82175302
薩摩藩藩庁は、月照の処分を急ぎ、15日には今夜のうちに船で鹿児島を離れ、月照を日向に追放するように西郷に命じた。薩摩藩では、「日向送り」の者は、藩境で斬り捨てられることが暗黙の了解になっており、つまり、藩庁は西郷に月照の殺害を命じたことになる。

  

2018-05-13 20:48:49

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
藩でも貧しい家の出身で、「民の苦しみ」を知っていたはずの吉之助に、更にもう一段「底」があって激しい搾取があると見せつける奄美編。罪人にはアンゴ(島妻)をあてがって落ち着かせようという、露骨な性的搾取も容赦ない奄美編。美しい自然の風景に乗せて描くとこがまたエグい。良い。

  

2018-05-13 20:50:41

猫怖大夫牧野さん
@mknhrk
西郷なりに「どうしてこうなった」「なぜこうなってしまった」と苦悩している最中だからこそ、奄美の現実の問題が彼の視界にきちんと入ってくるんだよな。これ、まだ斉彬が生きてるときだったらあれだけの惨状でも視界に入らなかったか、無理に納得していた気がする。

  

2018-05-13 20:52:38

カカオ99
@netinago99
18回、島編の初回は今の所、どんの中で一番面白い。最初の方で農民への重税に関して触れていたとはいえ、今回ではっきり重税は地獄で上の人間は踏み潰される自分たちを見ていないとアピールして、国と民の行く末を想う斉彬のキラキラした部分が全部綺麗にひっくり返っている。

  

2018-05-13 20:53:00

スポンサーリンク