この記事は、
西郷どん 第22話「偉大な兄 地ごろな弟」感想・実況の4ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

お虎との再会

吉之助は京へ行った。
久光が上洛する前に血気にはやる倒幕派の志士たちを説得するためだった。

幕府の要注意人物・西郷吉之助は、死んだはずの身。
生きていることを知られたらタダでは済まない。
吉之助は細心の注意を払い京へ潜入した。

お虎「お越しやす」
吉之助「いやっ…。お虎どん元気じゃったか?」
「ささ…西郷はん!」

twimg.com

すると、お虎は吉之助に抱きついた。

「お会いしとうございました~!」

twimg.com

「西郷はんは死んでしまわはったとかいろんなお人からいろんなお噂を聞きますさかいうちはもう何が何やら…!」
「幽霊やおへんなぁ?」
「ああ。じゃっどん今は訳あって西郷じゃなく大島ち名乗っちょっ。西郷やのうて大島?」
「くれぐれも大声で西郷はんとは呼ばんでくいやい」
「へえ分かりました。お願いしもす」

「すまんのう。そいと主人にちょっ聞きたかこっがあっとじゃ」
「へえそれやったらすぐにお呼びしまひょな。頼む」

「旦那さん大変どす!(大声で)西郷はんどす!」
新八「呼ばんでくいやい!」

吉之助は旅館の主人に話を聞いた。

鍵屋「有馬様はもうだいぶ長い事うちにはお見えになってまへん」
「詳しい事は分からしまへんけど、近頃薩摩やら長州やらのお侍はんがようお集まりやと聞くんは繁の家でございますなぁ」
「繁の家?へえ」
お虎「こないな事言うたらあれどすけど、西郷はんの弟はんも繁の家で派手にお遊びやとか」

「信吾が?」
鍵屋「へえ。まだお若いのにお侍はんらから一目置かれてはってお金の使いっぷりもそりゃあ堂々としたもんや。さすが西郷様の弟はんやと繁の家ではすっかり上客やそうで」

🐰蓮花茶☂実況🐲
@lotusteajikkyou
「うちはもう何が何やら」ごめん、私も今お虎どんと同じ気持ちだ 

  

2018-06-10 20:25:43

生きてるだけで褒めてくれる刑部bot
@ikiteruOKgyobu
今回はお虎殿が唯一の休憩所になってしまったな

  

2018-06-10 20:26:56

晴野未子🏯歴タレ(本アカ)
@3535haruno
虎「西郷はんがきてます!!!!!!!!!!!!!(大声)」
西郷「西郷じゃねーよ!!」

  

2018-06-10 20:27:04

スポンサーリンク

偉大な兄

その頃、信吾はおゆうを水揚げするため口説いていた。

twimg.com

信吾「こんとおりじゃ!」
「おゆうさぁいくらあったらおはんを身請けできるんじゃ?」
おゆう「何えそないな事言わんといてくれやす」
「へ?」
「お座敷でそないな事言わはるんは不粋どすえ」

「不粋?あいちゃもう…やっぱいおいは薩摩の芋か。フフッ」
「いえそこまでは言うてしまへん」
「けど噂に聞く薩摩の西郷はんは大きな御方で」
「確かに兄さぁは体がふとか」
「体やおへん心どす」
「懐が深うて男が惚れる男と聞いてます。いっぺんお会いしたいわぁ」

信吾は複雑な表情を浮かべた。

「そういう立派な御方の弟はんも大変どすな」
「分かってくれっとか?」
「そいならおいの気持ちも分かってくいやい!」
「おゆうさぁ頼むからおいのもんに…」

信吾がおゆうに迫った、まさにその時、ふすまが開いた。

twimg.com

「兄さぁ。」「えっ?」
吉之助「信吾…」
「白石殿の金に手をつけたな?」
「いや兄さぁ…誤解じゃ」
「誤解っちないな?」
「借りただけじゃ」
「この大バカ者が~!」

怒り心頭の吉之助から信吾は必死で逃げた。

「ずっと家におらんかったくせに今更兄貴面すっとか?」
「何じゃち?」
「もうおいに指図すんな!おいは脱藩するち決めたとじゃ」
「有馬さぁについていっとじゃ」
「信吾!」
「おはん自分がないを言うちょっか分かっちょっとか!?」
「兄さぁは島に行っちょったでないも分かっちょらん!」
「国父様では国は変えられん。おいたちの手でやるしかなか」

新八「信吾そいは有馬さぁの受け売りじゃっどが」
吉之助「有馬さぁの居場所を知っちょっどが」
「有馬さぁに会わせろ」
「嫌じゃ」
「信吾!有馬さぁはどこじゃ!?」
おゆう「あの…すんまへん。そろそろ次のお座敷がありますさかい」
「信吾!待たんか信吾!」

新八が信吾の後を追った。
吉之助は、おゆうに詫た。

「どうもご迷惑をおかけしてほんのこてすんもはん」
「ここの払いはいくらでごわんそか?」
「いや~こんなお侍はんもいはるんどすね」
「は?」
「お侍はんはみんな踏み倒しはりますのに」
「うちらみたいな者にそない頭下げはる御方なんか今まで見た事おへん」

「ゆうと申します」
「おいは薩摩藩西郷吉之助でごわす」
「今は訳あって大島三右衛門ち名乗っちょいもす」

「お噂どおり立派なお兄さんや」

twimg.com

「とんでもなか。見苦しかとこをお見せしてほんのこて失礼しもした」

新八「すんもはん。逃げられもした」
おゆう「西郷はん」
「はい」
「有馬はんの居場所ならうち知ってますえ」

こうして意外な形で有馬新七の居場所を突き止めたのだった。

山本八重さん@会津道\\\\٩( ‘ω’ )و ////
@aizu_sniper_yae
倒幕倒幕と叫びながら豪遊する志士たち……
明治になってもその癖が抜けない者が多く、以降の政界の腐敗が……

  

2018-06-10 20:28:31

ごっちゃん
@greenhorizon86
修学旅行で女の先生の部屋に遊びにいってるところを担任に見つかった不良学生のごときプチ西郷

  

2018-06-10 20:29:08

萌える大河姫
@taiga_takeda
こいつは小さいよ。
小西郷なんて勿体ない。。
極小、いやもう西郷と名乗るな。

  

2018-06-10 20:28:24

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
シビアで血なまぐさい幕末京都編スタートかっ、と身構えてたら、やさぐれ弟と堅物な兄の、一つ屋根の下的ホームドラマが始まり大変驚くわたしたち(笑)

  

2018-06-10 20:29:16

甲斐シュンスケ
@Shunsk_X
あんだけ江戸でキャバクラ通いしてて人のこと言えるの西郷どん……

  

2018-06-10 20:29:48

東区の人
@Higashikunohito
そいは『しんご(村上信五)』どんではなか。
そいは『りょう(錦戸亮)』どんでごわす。

※ 三年の島流しで、関ジャニ∞のメンバーを覚えきれなかった吉之助。

  

2018-06-10 20:28:14

はつちよ
@mutsu6116chacha
「島にいた、あなたには何もわからない。」誰もが分かってても言わなかった事を、弟に言われたwww

  

2018-06-10 20:30:23

スポンサーリンク

有馬新七の説得

吉之助は、有馬の隠れ家に乗り込んだ。

twimg.com

「吉之助ないをしに来た?」

twimg.com

「おいの命をおはんらに預けようち思っての」
「ないを言うとじゃ」

「おはんら死ぬ気じゃっどが」
「倒幕のためにおはんらの命を散らせば事は進むち考えちょっ。違うか?」
「そんとおりじゃ」
「死に行く者と言葉を交わすっとじゃこっちも覚悟はできちょっ」
「有馬さぁ」
「どうじゃ腹を割って話し合わんか」

有馬の後ろには信吾らも控えていた。

「分かった」
「もし亡き殿が出兵されたなら日本中が沸き立ったじゃろうのう」
「諸侯も立ち上がる。幕府を動かせたかもしれん」
「じゃっどん国父様がそんまね事をしても日本は変えられん」
「ああ」

「おいはの薩摩を出て下関に行き京に上った」
「おいの目で見聞した日本はあんころからすっかい変わっちょった」
「こげん倒幕の志を持っておる者が多かとは…」
「そんとおりじゃ。そいだけ幕府が弱り腐り切っちょっ証しじゃ」

「ほいでおはんらはそん幕府をどげんするつもりな?」
「まずは京都所司代を斬り都から幕府方を追い出す」
「おいたちが先頭に立ち諸藩の志士たちの先駆けとなる」
「そうすれば事は動く」
「腐った幕府は倒れ尊皇攘夷の志を遂げるこっができる!」

「確かにいずれ徳川の世は終わるかもしれん」
「じゃっどん今じゃなか」
「今幕府が倒れたとしてそんあとはどげんなる?」

「ん?」
「だいが幕府に取って代わる?どげな仕組みで政を進める?」
「そげんして右往左往しておるうちに日本は異国の食い物にされっど!今のままでも食われっど!」
「じゃっでんみんなで異国に負けん強か国に生まれ変わる!」
「そいが亡き殿のまことの御遺志じゃっどが!」
「そいは分かっちょっ!」
「じゃったらどげんしろち言うとじゃ?」
「今はおはんらの命おいに預けてくいやい」

そして、吉之助は覚悟を示した。

「どげんしてでんやるち言うならここでおいを斬れ」
「おいの屍を乗り越えていけばよか」

twimg.com

そう言って刀を有馬に渡したのだ。

twimg.com

有馬「分かった」

こうして、吉之助は有馬の説得に成功したのだった。

のぐちよしあき(配役宝典の中の人)
@noyorin
そういえば薩摩の寺田屋事件でお登勢さんが出てきたことほとんどないな。 

  

2018-06-10 20:32:46

Watanabe
@nabe1975
幕末もので向かい合って話していると、つい「維新の嵐」を思い出す。

  

2018-06-10 20:33:02

猫塚@塩小姓
@nekomekko
ねぇ、君たちはちょいちょい国父じゃ無理って久光様の事1時間かけてバカにするつもりじゃないだろうな?

  

2018-06-10 20:35:25


@s_abagashira
「おいの命をおはんらに預けようと」 おまえ、西南戦争でも同じことを絶対言うだろ すっごい価値があるものみたいに言うだろ 単に責任逃れしてるだけやろ 先走りで怒る我であった 

  

2018-06-10 20:33:09

KL
@keeru666
また命賭けてる…

  

2018-06-10 20:33:14

一二三
@nunonofuku123
このころの幕末の志士の思想として、「殉死」という考えあり、「自分の行為が失敗して死んでも、後に続くものの魁(先駆け)なればよい」という考え。だから死ぬことも失敗することも恐れないからやっかい。

  

2018-06-10 20:34:24

もんきち
@monkichi1718
この大河「なにがどうなってこうなったの?この人だれ?」って急な展開を 突然出すから、ツイッターが欠かせない。私だけの疑問じゃなかったわー解説してくれる人感謝!

  

2018-06-10 20:37:13

an_shida
@an_shida
これは昭和ストロングスタイルのプロレスに見られるチョップ合戦。

  

2018-06-10 20:38:23

生きてるだけで褒めてくれる刑部bot
@ikiteruOKgyobu
こう、言葉にせずにばしばし叩き合うのも良いな!
そう思って治部殿の肩を叩いてみたら、黙って肩をさすりながら真顔で見つめられた。すまぬ……我らにはまず言葉が必要だったな……

  

2018-06-10 20:39:53

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
寺田屋事件は薩摩藩の粛清と言われているが、よくよく見れば加治屋町の町内喧嘩。

  

2018-06-10 20:40:27

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク