この記事は、
西郷どん 第26話「西郷、京へ」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

薩摩と長州の関係

twimg.com

この頃、西郷家は以前の家を売り隣町の小さな借家に引っ越していた。

吉之助が戻ると、吉二郎、信吾、熊吉ら皆が歓待したが、生活は困窮を極めていた。

そこへ噂を聞きつけた大山や海江田らも訪れた。
彼らもまた涙を流し吉之助の帰還を喜び、酒を酌み交わした。

そこで薩摩の現状が明らかになった。

「エゲレスとの戦のあと、らっきょうのそばにおった取り巻きどもは役を解かれた」
「今国父様に物申せっとは京におる一蔵だけじゃ」

「そげんいえば、京では薩摩がわっぜ嫌われちょっち聞いた。どんないごてでごわすか?」
「長州の者どもが薩摩を悪く言いふらしちょいもす」
「長州が?」
海江田「尊皇攘夷を掲げて帝を京から連れ去り奉ろうとしちょった長州を薩摩と会津が追い払ったんじゃ」
「そい以来、長州は薩摩を恨んじょ」

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
恐ろしいことです…後半に入り、鈴木亮平さんの鹿児島弁を聞いてももう「上手いなぁ」と思わなくなってきたんです…そのくらい、ナチュラルすぎてもう鹿児島弁ネイティブの耳にも引っかからなくなってきたんです…

  

2018-07-15 20:09:46

一二三
@nunonofuku123
西郷隆盛が沖永良部島流し中に起きた事
1862年4月西郷島流し決定→寺田屋事件→生麦事件→長州藩士英国領事館焼討
1863年3月徳川家茂京へ、警備に浪人を募集され試衛館近藤勇ら京へ→7月薩英戦争→八月十八日の政変で京から長州など攘夷派排除
1864年2月西郷鹿児島帰還

  

2018-07-15 20:07:50

一二三
@nunonofuku123
薩摩藩は
公武合体派からは薩英戦争して幕府に賠償金払わせて返さないから嫌われて、
尊皇攘夷派からは英国と密貿易して儲けてるから嫌われて、
どっちつかずで両方から嫌われてます。

  

2018-07-15 20:11:16

スポンサーリンク

糸との再会

今から戻って5日後、吉之助は新八を連れて京へ出立した。
その道すがら、糸と再会したのだ。

「おっお…糸どん!」
糸「吉之助さぁ!?」
「変わらず走っちょっが(笑)」
「お二人ともお変わりなく」
「糸どんこそ元気そうで何よりじゃ」

twimg.com

こうして、世間話をすると、
別れ際に吉之助は声をかけた。

「糸どん!」
「おいにできるこつがあったら何でも言うてくいやい」
糸「・・・」

「んにゃ…差し出がましかこつを言うてしもた」
「吉之助さぁお達者で」
「糸どんも達者での。」「はい。ほいなら」

糸は去っていく吉之助の背中をじっと見つめていたのだった。

twimg.com

奈枕
@na_guanciale
糸どんはまだ知らない…。
昔と変わらぬ善人ぶりを見せている西郷が、島で若妻を娶り2人も子供をこさえていることを…。

  

2018-07-15 20:13:58

スポンサーリンク

参預会議

このころ京では新しい形の政が始まっていた。

twimg.com

参預会議。
朝廷幕府そして有力諸藩が一堂に会し、合議によって政を決める画期的な制度だった。

しかし、会議はうまく機能しなかった。
久光らが提案することを、一橋慶喜はことごとく否定した。

twimg.com

久光はイラだちを隠さなかった。

久光「攘夷と言うたり開国と言うたり…」
「今こん場ではっきりとお考えを聞かせてたもんせ!」

一橋「(あくび)」

春嶽「一橋殿…。異国を侮ってはなりませぬぞ」
「我ら薩摩はエゲレスとの戦でそん恐ろしさを嫌というほど…」
一橋「芋が焼き芋にならんでよかったな。祝着至極」

久光「わしたちは皆開国すべきじゃち申しておる!そいでもまだ攘夷じゃち申さるっとなら…はっ!いっそ長州とでも手を組まれたらよか!」
一橋「無礼者!誰に口を利いてるんだ!」

/島の人Part2ー\(ミーハーですまんな)
@simasyodes
【悲報】慶喜 アル中容堂に「この人酔ってるんで」と気遣われる。

  

2018-07-15 20:13:44

いが(たろに)
@iga_iganao
喧嘩っ早い周囲をまあまあと抑える容堂公というとても珍しいキャラ解釈

  

2018-07-15 20:14:37

まーぼー(実況用)ᓚᘏᗢ
@mabo1113
ヒー様からサツマイモ呼ばわりされてもなお食事会に同席してる久光様健気か

  

2018-07-15 20:15:05

一二三
@nunonofuku123
このとき、一橋慶喜の立場は「将軍ではない」ということが地味に重要で、徳川家の血筋も家康まで遡るわけで、権力基盤が弱かった。
で、薩摩藩が薩英戦争で戦争し賠償金払わせたことで外様大名を信用しなかった。
実は、島津久光も「藩主でなく国父」という権力基盤が弱い。

  

2018-07-15 20:15:00

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク