西郷どん 第27話の見どころ

この記事は、西郷どん 第27話の実況・感想まとめです。

twimg.com

西郷どん第27話は、禁門の変が描かれました。

吉之助は押し寄せる長州過激派を桂小五郎と組み、何とか食い止めようとしたのですが・・・。戦を避けることは叶いませんでした。その結果、禁門の変(蛤御門の変)へと突入したのでした。

そんな中、注目を集めたのは、長州力! 長州を率いる来島又兵衛を『革命戦士』が熱演w リキラリアットを炸裂させていました。戦闘シーンはさすがの迫力で、視聴者からは好評を博していました。

また、NHKにゆかりのある泉澤祐希(ひよっこ)、大野拓朗(わろてんか)といった面々も登場し、画面を華やかに彩りました。

幕末革命編に入り、ダイナミズムが出てきた西郷どん。第27話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第27話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

吉之助は京へ戻ると、久光と一橋慶喜の対立を解く役目を一蔵に頼まれた。

そこで、慶喜と面会し、再び久光と会う約束を取り付けたのだが・・・

すると、今度は久光が薩摩へ帰ると言い出した。そんな中、一橋慶喜襲撃事件が起きる。

慶喜はあわやのところで、一命をとりとめたが、この経験は慶喜に大きな影響を与えた。

これまで前向きでなかった久光との会談を自ら望むようになったのだった。

前回:西郷どん 第26話「西郷、京へ」感想・実況『久光のカワイイが止まらないw』

スポンサーリンク

長州の恨み

一橋慶喜の邸宅を出た吉之助は、物乞いが投げた紙くずを拾った。
そこには、長州の恨みが京を焼くと書いてあったのだ。

吉之助「何じゃ? こいは」
物乞い「もうすぐ戦が始まって京の町が焼かれてしまうって書いてあるが ほんまかいな?」

そんな物乞いに吉之助は自分の信念を語った。

「おはん 字が読めるのか」
「学のある物乞いじゃのう」

「侍の本懐はの…戦をするこっじゃなか」
「おはんら民の暮らしを守るこっじゃ」
「心配せんでよか」

物乞いは吉之助の言葉に胸を打たれた様子であった。

☆るる加那☆
@rudopai_ruru
玉鉄、乞食の格好でもイケメン!

  

2018-07-22 20:03:15

u
@urako0924
吉之助さぁ、当たり前だけど初期と声も喋り方も雰囲気も全然違うなぁ

  

2018-07-22 20:05:02

まとめ管理人
@1059kanri
薩摩と長州の関係は、長井雅楽の「航海遠略策」で長州が一時的に政界の主導権を握った当たりから双方警戒する間柄となりました。この大河では残念ながらその当たりは描かれていませんが

  

2018-07-22 20:06:22

桂小五郎の依頼

この頃、吉之助は軍賦役兼諸藩応接係という役目に着いていた。
この命令を吉之助は不思議に思っていた。

吉之助「国父様は ないごて おいを軍賦役に取り立てたんじゃろか?」
新八「吉之助さぁならこん出世は 当然じゃち思いもす」
「いや じゃっどんおいは 戦っちゅうもんを知らん」

そんなことを話していると、お虎がやってきた。

「失礼します。 「西郷殿を出せ」言うて何や おかしい人が…」

見ると、それは件の物乞いだった。

「こん前の物乞いじゃなかか」
「わしは 長州の者じゃけえ」

twimg.com

「長州!?」
「薩賊じゃち言うて回っておる長州が吉之助さぁに ないの用じゃ?」
「名を名乗れ」

「長州藩士 桂 小五郎じゃ」
「桂 小五郎ち…」

桂小五郎は吉之助に助けを求めた。

「頼みがある」
「長州を助けてくれんじゃろか」
「なんち!?」
「長州は今 大きな間違いを起こそうとしとる」
「久坂玄瑞 来島又兵衛・・・」
「長州の過激な者たちがいきりたっちょる」

ぬえ
@yosinotennin
麗しい桂さんが出てると聞いて

  

2018-07-22 20:06:43

🐰蓮花茶☂実況🐲
@lotusteajikkyou
ここ数年の朝ドラの男性陣がぞろぞろ出てくるので混乱をきたしてるTL

  

2018-07-22 20:09:06

azukKi
@azukki_
(たぶん)バカボンのパパよりバカじゃない桂小五郎

  

2018-07-22 20:05:43

まとめ管理人
@1059kanri
まあこんな芝居じみたことをしなくても、実際には西郷と桂小五郎には既に面識があったはずですがw 

  

2018-07-22 20:08:17

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク