西郷どん 第31話の見どころ

この記事は、西郷どん 第31話の実況・感想まとめです。

twimg.com

今回は、薩長同盟が結ばれる過程の前編といったお話でした。

幕府が再び長州征伐を行おうとする気運が高まる中、吉之助は坂本龍馬を連れて帰郷します。そこで雨漏りするような粗末な家に暮らし、清貧を貫く吉之助に龍馬は惚れ直すのでした。

薩長同盟を目論む吉之助。そんな吉之助に対し、土佐を脱藩し、商人として活動していた坂本龍馬は、自分は両藩を結びつけることが出来るという。 この話に飛びついた吉之助。長州のキーマンである桂小五郎と会う約束を取り付けてもらいます。

ところが、折しもそのタイミングで吉之助は長州征伐を止めるため京へ登らないといけなくなってしまいました。

そこで、吉之助は海江田(有村俊斎)に名代として文を託すのですが・・・事態は思わぬ方向へ進むのでした。さて、西郷どん第31話はどんな展開でみなさんの反応はどうったのか? 西郷どん 第31話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第31話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

倒幕を思い描く吉之助にとって、朝廷とのコネクションは不可欠だった。 そんな状況で、吉之助は岩倉具視の存在を知る。

岩倉は、朝廷から追い払われ、貧しい蟄居暮らしを強いられていた。一蔵をはじめ、周囲の人々はすでに過去の人と見なしていたが、吉之助はそんな岩倉に食らいついた。

そして、関係を深める中で、岩倉が天子様から文を受け取ることとなったのだった。

前回:西郷どん 第30話「怪人 岩倉具視」感想・実況『っていうか、まんま鶴瓶ww』

スポンサーリンク

坂本龍馬と再会

倒幕を実現するため吉之助は敵対する長州と手を結ぶ事を考え始めていた。

そんな時、勝海舟を名乗る男が吉之助の元を訪れた。

川路「西郷さぁに会いたいと幕府の方が見えておられもす」
「幕府の?だいな?」
「勝安房守様でごわす」
「勝様!?」

ところが・・・

twimg.com

小松「西郷さぁ待っておった。勝安房守様がお見えだ」
「よう久しぶりじゃねえか西郷どん」
「小松さぁ」
小松「うん?」
「そん御方は勝様ではあいもはん」
「え?」
「坂本龍馬殿。何故勝様の名をかたられる?」

twimg.com

勝海舟を騙って現れた男は、坂本龍馬であった。
海軍操練所が取り潰されたいま、脱藩した坂本龍馬に帰る場所は無かった。

そんな坂本龍馬が吉之助に言ったのだ。

「どうぜよ西郷さん」
「買うてくれんかよこのわしを」

坂本龍馬
@historical_per
こげな形(なり)の侍を怪しまん者が何処に居ろうかい(哄笑)

  

2018-08-19 20:02:58

まとめ管理人
@1059kanri
しかし本当に小松帯刀の扱いが酷い #西郷どん

  

2018-08-19 20:03:33

清新明朗な加賀内閣
@hirataitaisho
なんか「勝海舟の顔を知らない小松帯刀」とかいうキャラが出ていた気がするんだがきっと何かの見間違いだろう。

  

2018-08-19 20:05:39

ドミ
@1546kk
なんで坂本龍馬登場で小松帯刀が赤っ恥かかなきゃいけないの。薩摩藩の重役だよこの人

  

2018-08-19 20:05:05

晴野未子🏯歴タレ(本アカ)
@3535haruno
海軍操練所は
練習生の望月亀弥太らが
池田屋事件の時に
長州と共に池田屋で交流していた為
取り潰されました💦💦

  

2018-08-19 20:05:43

一二三
@nunonofuku123
激動の1868年5月
1日龍馬と隆盛薩摩へ~長崎で亀山社中、後の海援隊設立
4日一桑会(一橋慶喜慶喜等)VS四侯会議(島津久光等)で兵庫開港問題対立
21日下関で桂小五郎との会議を隆盛欠席
22日徳川家茂上洛
23日慶喜朝廷より兵庫開港許可得る四侯会議崩壊→薩摩倒幕へ

  

2018-08-19 20:05:11

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク