西郷どん 第32話の見どころ

この記事は、西郷どん 第32話の実況・感想まとめです。

twimg.com

西郷どん第31話は、薩長同盟が組まれる経緯が描かれました。坂本龍馬の仲立ちによる密会に姿を表さなかった吉之助に強い怒りを持っていた桂小五郎。 吉之助たちは、再度話し合いの場を持とうとするも桂小五郎は強い拒否反応を示したのでした。

しかも、両藩は禁門の変以来いがみ合う関係。もはや手を組むことなど不可能。そう思われた中、伊藤博文へ送られた留学生からの手紙が状況を一変させたのでした。

今回は薩長同盟に至り、視聴者からは政治的背景を描いたシーンの少なさに不満の声が続出したようです。いったいどんな意見があがったのか?西郷どん 第32話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第32話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

幕府では再び長州征伐を行おうとする気運が高まる中、吉之助は坂本龍馬を連れて帰郷していました。そこで坂本龍馬が目にしたものは、雨漏りがするような粗末な家に暮らし、清貧を貫く西郷家の姿でした。彼らの姿を目にした龍馬は、改めて吉之助への信頼を厚くしたのでした。

そんな龍馬は、薩長同盟を目論む吉之助に、自分なら両藩を結びつけることが出来ると豪語します。たしかに藩を飛び出し、商人として強力なネットワークを持つ龍馬は、薩長を仲立ちをするにはもってこいの人物でした。

この提案に吉之助は乗り、長州のキーマンである桂小五郎との密会を取り付けてもらったのでした。

ところが、約束の日。吉之助は京へ登らなければならない用件が出来てしまいます。そこで、郷中仲間である海江田に名代として文を託したのですが・・・長州を快く思わない海江田は約束を果たしませんでした。これにより、待ちぼうけを食らった桂小五郎は怒り心頭。吉之助は薩長同盟を組むチャンスを逃してしまったのでした。

前回:西郷どん 第31話「龍馬との約束」感想・実況『小松帯刀が不憫過ぎる件』

慶喜の罠

慶応元年。幕府は開港を迫る諸外国からプレッシャーを受けていた。そんな中、徳川慶喜が裏で糸を引き、兵庫沖にイギリス・オランダ・フランスの連合艦隊を集めたのでした。 これにより京は大混乱を引き起こしたのだった。

twimg.com

一蔵「今し方知らせが届いた」
「明日公方様が再び天子様の御前に参られるとの事じゃ」
吉之助「明日ち…」
新八「兵庫の港を開けっちゅう異国の要求をのむのでごわすか?」
一蔵「んにゃ幕府は異国の力を利用して天子様を揺さぶり自分らにとって都合のよか長州征伐の勅命を引き出そうっちゅうねらいじゃ!」

一蔵らが心配した通り幕府はこの混乱に乗じて、長州再征伐の願いを奏上した。

twimg.com

孝明「ここに書かれておる事はまことか?慶喜」
「畏れながら長州再征伐の勅許を頂けないならば我ら徳川政の一切から手引く考えにございます」
「待て!それは困るぞ」

まとめ管理人
@1059kanri
何で慶喜の意図をそんな正確に分析できているのか 

  

2018-08-26 20:05:28

一二三
@nunonofuku123
フランスとイギリスは植民地支配で対立しており、薩摩などにイギリスが力を貸していたので、対立するフランスに一橋慶喜と幕府は力を借りた。
アメリカは西郷隆盛が桂との会談すっぽかした1865年5月南北戦争が終わったばかりで日本どころではない。

  

2018-08-26 20:02:36

一二三
@nunonofuku123
欧米「兵庫開港してくださーい」
朝廷「絶対いやどす!」
幕府「しょうがないから近くの神戸に開港!」
欧米「兵庫じゃないでーす!うそつきでーす!」
明治新政府「兵庫県神戸市にしたから嘘じゃないよ!」

  

2018-08-26 20:05:45

スポンサーリンク

一蔵の秘密

慶喜の狙い通り、朝廷は長州征伐の詔をくだした。これを知った岩倉は怒り心頭だった。

岩倉「とうとう長州再征伐の詔が下されてしもうたやないか!」
「西郷!お前のしくじりじゃ!いつまでたっても長州と手ぇ結ばんからじゃ!」

打つ手なしと判断した岩倉は一橋慶喜と手を組もうと言い出すほどの状態。そんな中、突然一蔵がうめき声をあげて倒れた。

吉之助「一蔵どん!どげんした!?」

慌てる吉之助に対し、岩倉はこともなげに言った。

「持病の胃痛や。早い事いとしいお妾さんのとこへ連れていったれ」
吉之助「妾ち…?ないの話じゃ?」


岩倉の言う通り一蔵は妾を抱えていた。

一蔵「今戻った」
女の声「お帰りやす」
吉之助「お帰りやす?」
「こいは…」

twimg.com

吉之助が目にしたのは、繁の家のゆうであった。

一蔵「とにかくおゆうとはこげな仲になった」

予想外の事態に呆気に取られている吉之助をよそに、一蔵は話を進めた。

「ここは藩の者も知らん」
「密談には持ってこいじゃ」

吉之助「密談ちないな?」

真意を測りかねている吉之助に一蔵は一枚の書状を見せたのだった。

いが(たろに)
@iga_iganao
いつ妾になるのかなと思ったら妾にするとこも省略だった、わざわざ内田有紀連れてきといて

  

2018-08-26 20:08:34

あーちゃん
@k_7860
そういえば、小松帯刀さまも京都に側室がいたはず。
啓太くん、初めての妻帯子持ち役(全く出て来ないけどね)

  

2018-08-26 20:09:44

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク