西郷どん 第33話の見どころ

この記事は、西郷どん 第33話の実況・感想まとめです。

twimg.com

今回の西郷どんは、坂本龍馬の妻・お龍と出会ったことで糸に起きた変化を中心に描かれました。

寺田屋事件で命からがら逃げ切った坂本龍馬を薩摩藩は匿います。そして、危険が迫っていることを口実に吉之助と薩摩へ避難することを提案するのでした。

そこで薩摩の糸とお龍が出会います。先進的な女性であるお龍は、ストレートな発言に奔放な行動で、しがらみで視野が狭くなっていた糸に刺激を与えます。 そして、ついに糸は心のつかえになっていた愛加那のことを吉之助に尋ねるのでした。

先進的な女性であるお龍を活き活きと演じた水川あさみさん。ネット上でも称賛の声があがる次第となりました。 さて、西郷どん第33話はどんな展開になったのか? みなさんの実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第33話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

吉之助らは、坂本龍馬の仲立ちによる薩長会談に姿を現すことがなかった。これに桂小五郎は怒り心頭であった。そのため、吉之助らが再度話し合いの場を持とうとしても、桂は頑なに拒否をしていた。

しかも、両藩は禁門の変以来、いがみ合う関係。薩長同盟など夢のまた夢といった状況であった。そんな時、長州の伊藤俊輔(博文)へ送られた留学生からの手紙が状況を一変させた。

遠い異国では、薩長の若者たちが手を取り合って助け合っている。この事実は、日本の藩でいさかいを起こすことがいかに小さい話なのかを如実に表していた。 そして、思いを新たにした両藩首脳は手を組むこととなったのだった。

前回:西郷どん 第32話「薩長同盟」感想・実況『小松帯刀のスマートさよ』

寺田屋事件

スポンサーリンク

twimg.com

薩長同盟が成ったわずか2日後のこと。
お龍は風呂に入っていると、不審な人影に気づいた。

幕府側の役人たちが坂本龍馬のいる寺田屋に押しかけたのだった。
お龍はすぐさま風呂を飛び出し、龍馬へ知らせた。

龍「坂本はん!起きなはれ!表にお役人がぎょうさん!」
「はよう!」
龍馬「お龍?ああっ…」
「はよっ!あっ…!」

役人「坂本龍馬神妙に縛に就けばよし!就かぬと申すならばこの場で斬って捨ててもよしとの命を受けておる!」

すると、龍馬は灯籠の灯を消し、役人たちに向かって発泡したのだ。

「かかれ~!」

twimg.com

銃声が響く中、お龍を逃し、龍馬は応戦した。
なんとか逃げ出したお龍は、薩摩屋敷に助けを求めた。

twimg.com

「助けとくれやす!」
「何者じゃ?」
「はよう西郷はんに…!」
「西郷吉之助はんに取り次いどくれやす!」

坂本龍馬
@historical_per
開幕から寺田屋ぁ!!

  

2018-09-02 20:00:33

三沢 ♡ようこ
@2251_Mai
いきなり お龍さんの入浴シーンから
♪(/ω\*) 💕💕

  

2018-09-02 20:00:38

大和大納言(豊臣秀長)
@jsyl37gD03IA

やはり、大河ドラマは史実に忠実であるべきと思うのである

お龍が寺田屋で竜馬に襲撃を知らせたとき、お龍は身に何も着けておらんかったと聞いておる………

おかしいではないか!

  

2018-09-02 20:00:47

寝子
@Umaru_sister

ピストルで迎え討つ坂本龍馬さんカッコいい…( ;∀;)
小栗旬さんイケメンだあ…✨✨

  

2018-09-02 20:03:19

一二三
@nunonofuku123
1862年の薩摩藩同士の攘夷派の暴走を止める同士討ち寺田屋事件と、1866年今回の坂本龍馬が襲撃される寺田屋事件は同じ場所。

  

2018-09-02 20:01:12

一二三
@nunonofuku123
寺田屋事件で、坂本龍馬が拳銃で京都見廻組を射殺したことが、実は坂本龍馬の近江屋暗殺につながるという説もある。
坂本龍馬に撃ち殺された見回組の敵討ちとしての私闘なので隠したのだと。
坂本龍馬の命も、坂本龍馬が撃ち殺した命も同じ命なんだし。

  

2018-09-02 20:04:12

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク