この記事は、
西郷どん 第33話「糸の誓い」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

薩摩へ帰郷

なんとか寺田屋を脱出した龍馬。
両手に深い傷を負い薩摩屋敷に匿われていた。

手負いの龍馬にお龍はかいがいしく世話を焼いていた。

龍馬「もうだいぶようなってきたきにそろそろ一人で…」
お龍「あきまへん。今無理してまた傷が広がったらどないしはりますのや。はいあ~ん」

その様子を見た一蔵と吉之助は気まずい空気を出していた。

龍馬「いつからそこに?」
吉之助「ちっくと前からおりました」

2人は龍馬に提案があった。

twimg.com

「坂本さぁ薩摩に行ってもらえんじゃろか」
「薩摩に?」
「実は吉之助さぁが急ぎ薩摩に戻る事になって。いやついでという訳ではなかどん坂本さぁは薩摩でかくまった方が安全かち思ってのう」

すると龍馬は大喜びした。

「えいぜよえいぜよ!」
「また西郷さんの家に行けるぜよ」

ただ、問題があった。

一蔵「藩の船に女連れを乗せる訳には…」

ところが、龍馬は譲らなかった。

twimg.com

「お龍はわしの妻じゃき」
「お龍がおらんかったらわしは助からんかったきに。わしの命はお龍のもんぜよ」

ほどなく、吉之助は薩摩の西郷家へ龍馬とお龍と共に帰郷したのだった。

たこら
@tacora1003
ギャー坂本夫婦のイチャイチャに照れて目をそらす一蔵どん、かわいすぎて尊い!!!尊い!!!(大事な事なんで2回言いました)

  

2018-09-02 20:06:46

山本八重さん@籠城なう(、´・ω・)▄︻┻┳═一
@aizu_sniper_yae
西郷「薩摩で匿ったほうが安全かと」
月照「そうだね」

  

2018-09-02 20:06:58

マルコ@drama
@marukodorama
流石は坂本龍馬❣️
この時代に自分の妻が一緒でないと行かないと言える男は中々いないと思う。
おりょうさんまた惚れ直すなぁ(^^)。

  

2018-09-02 20:07:06

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
慶応2年1月23日、坂本龍馬を伏見奉行所が捕縛しようとした。世にいう寺田屋事件。龍馬は護衛役の三吉慎蔵と防戦、高杉晋作から譲られた拳銃で捕方二人を射殺したが、弾を装填中に弾倉を火鉢に落とし、使い物にならず、その隙に手許を斬り付けられ両手の親指を負傷したともいわれる。

  

2018-09-02 20:11:29

スポンサーリンク

糸の不安

龍馬とお龍を連れて帰ってきた吉之助に、西郷家の人々は面食らった。

twimg.com

龍馬の存在に気づかず女連れで帰ったと勘違いした吉二郎などは殴りかかったほどだった。しかし、龍馬に気づき誤解が解けると、2人をもてなしたのだった。

宴席では、龍馬が寺田屋の一件を西郷家の人に面白おかしく話した。

熊吉「100人の捕り方に囲まれたとでございもすか?」
お龍「はい。うちはもう声が潰れてもええ思うて」
「坂本さん逃げて!」って叫んだんどす」

「この人平気な顔で座ってて」
「わっぜ肝が据わっちょいもすなぁ」

twimg.com

龍馬「捕り方を引き付けてズド~ンと撃ったがじゃき」
「返す刀で手を斬られて短筒を落とした」

龍馬にとってみれば武勇伝だったが、吉之助が心配な糸はショックを受けた。
たまらず表へ出ると、満寿が慰めた。

満寿「あげな話を聞くと恐ろしくないもすね」
「体が震えてしまいもす」

すると、そこへお龍が割って入った。

「糸さぁお子ができんこつを気にされちょっとですか?」
「そげんこつ…」
「そら試してみな分かりまへんえ」
「ほら下手な鉄砲も何とやら言いますやろ」

twimg.com

「へ…下手な鉄砲!?」
「西郷はんせっかく薩摩にお戻りになったんやし今夜も明日もお気張りやす」

twimg.com

余りにストレートな物言いに満寿は憤慨していたが、お龍はどこ吹く風といった様子だった。


女性陣は宴席に戻ると、お龍はキワドイ話題を口にした。

twimg.com

「西郷はん」「はい」
「奥方様は西郷はんの事が心配で心配でしかたあらしまへんのどすえ」

「京に来はる諸藩の方々はみ~んな女子の1人や2人囲っておられます」

すると、吉之助の顔が引きつった。

雪篷「ん?こいは心当たりがある顔じゃのう」
「んにゃ!断じておいにはおらん」

満寿「おいには?」

満寿は一蔵に女の影を感じたのだった。

山本八重さん@籠城なう(、´・ω・)▄︻┻┳═一
@aizu_sniper_yae
【悲報】大久保家、修羅場

  

2018-09-02 20:12:44

三沢 ♡ようこ
@2251_Mai
糸さぁの 気にしている事を
「下手な鉄砲」って!(^0^;)

  

2018-09-02 20:10:45

たこら
@tacora1003
「下手な鉄砲」とか下腹部叩きながら「明日も明後日もおきばりやす」とかあけすけな感じがいかにもお龍さんな水川お龍さん

  

2018-09-02 20:11:40

東区の人
@Higashikunohito
必ずこの大河で見られる、癒しの『熊吉』シーン。

  

2018-09-02 20:11:06

大久保利通
@toshi_okubo_

そういえば、後の木戸孝允の奥さん幾松さんも、潜伏していた木戸孝允を助けていたんですっけね。

  

2018-09-02 20:10:49

スポンサーリンク

龍馬を連れ帰った真意

宴が一段落すると、龍馬と吉之助は表で話した。

「西郷さんほんでわしは何をしたらえいろう?」
「まさかまっこと怪我の養生のためだけにわしを薩摩まで連れてきた訳じゃないろう」
「さすが坂本さぁじゃ。お見通しでごわしたか」
「商いの話ならいつでも相談に乗るぜよ」

すると、吉之助は薩摩藩でイギリス公使のハリー・パークスをもてなす予定があることを言った。

「そのエゲレスを薩摩のために動かそうと思うがか?」

龍馬は吉之助のアイディアに感心した。
そして、知恵を貸して欲しいという吉之助の依頼を快諾したのだった。

「お安い御用ぜよ」

この会話を部屋の糸は不安げな表情で聞いていたのだった。

一二三
@nunonofuku123
実はこのときのパークスが交渉してるのは「改税約書」で。関税を減らしてくれ、幕府は生麦事件などの賠償金の減額交渉だった。

  

2018-09-02 20:14:17

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク