この記事は、
西郷どん 第34話「将軍慶喜」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

天皇崩御

スポンサーリンク

その頃、慶喜は御前へ参っていた。

孝明天皇は慶喜を前にすがるように言った。

孝明「世は乱れたままじゃ。民は恐れ惑うておる。それでもそなたは将軍にはならぬと申すのか?」
「慶喜将軍となりこれからも朕のそばにいておくれ」

そう言うと孝明天皇は咳き込んだ。体調が思わしくないのは明らかだった。

ほどなく、吉之助の予想通り、慶喜は徳川十五代将軍となった。
そして、全権を握った慶喜は、フランスに急接近し始めたのだった。

twimg.com

twimg.com

twimg.com

薩摩藩邸では幕府の動きについての話題で持ち切りだった。

「幕府が異国に兵庫の港を開く事を決めたそうじゃ」
「そいも天子様のお許しを待たずに」
「慶喜公が将軍になられた途端こんざまじゃ」
「異国嫌いの天子様のご意向に背いてまで強行する理由がないかあっとじゃろ」

二才達が訓練に勤しむ声が響く中、小松帯刀が慌てて駆け込んできた。

小松「皆の者!心して聞け」
「天子様がお隠れあそばされた」


小松の言葉に岩倉は我を失った。

twimg.com

twimg.com

「うわ~っ!」
「あ~っ!」
「まろが…まろからおそばに参ります」
「岩倉様!はなせ!」
「岩倉様!早まってはいけません!」
「やかましいわ!」
「お前らにまろの気持ちが分かってたまるか!」

激しく動揺した岩倉だったが、吉之助らがなだめると、正気を取り戻した。

「ああ…泣いてる場合やないな」
「よっしゃ!まろにええ考えがある」
「天子様堪忍しといとくなはれ」
「必ず…必ずおそばに参りますから待っといとくなはれ!」

こうして、岩倉は朝廷を、吉之助と一蔵は雄藩諸侯を抱き込む事とし吉之助はまず久光のもとへと向かったのだった。

弾正
@naoejou
写真再現の精度は高い😂

  

2018-09-09 20:12:14

東区の人
@Higashikunohito
ブロマイドかよ♪

  

2018-09-09 20:09:27

うにたろう
@Gq6lo
ちょんまげはドラマの進行上しょうがないとして、上手いこと撮ったな

  

2018-09-09 20:10:06

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
もうね、今日はヒー様の洋装軍服が拝めただけで御の字だからね。

  

2018-09-09 20:10:24

きたむー
@Raritatesense
これツボったわ笑笑まさかこれ松田翔太verで出してくるとは思わなかった

  

2018-09-09 20:11:23

真夜子
@mabi_emunoji
小松帯刀さん 大変に顔が良い

  

2018-09-09 20:12:28

たこら
@tacora1003
帯刀さまの力強い発声、いつもの穏やかさとは違って新鮮でよい
ていうか帯刀さまはどうあってもよい

  

2018-09-09 20:12:33

春音
@harune_utsuho
西郷どん。
やっぱり小松帯刀(町田啓太くん)の周りだけキラキラしてる!麗しい…(*´Д`*)
今日まだ出番あるかな?
沢山見たいです!

  

2018-09-09 20:14:26

馬場正博
@realwavebaba
今日の「西郷どん」は孝明天皇崩御の報で自死まで試みようとする岩倉具視が描かれていた。しかし、私のオヤジ、つまり戦前教育を受けた連中には岩倉が孝明天皇を暗殺したという黒歴史が密かに語られていたらしい。もちろん、真偽などわからない。父は結構信じていたようだが。

  

2018-09-09 20:27:57

スポンサーリンク

四侯会議

吉之助は久光の説得にかかった。

久光「再び上洛せよち申すか?」
吉之助「はい。薩摩をはじめとした四藩が結託し慶喜公の独断で決めた兵庫開港に待ったをかけるのです」
「そいができれば徳川にはもはや力がなかっちゅうこつを新しか天子様に示すこっができもす」
「う~ん…」

「国父様には四藩の総代として会議の進行を取りしきって頂きとう存じもす」
「総代…」

twimg.com

久光の心が動いた。

「よし西郷すぐに土佐そして宇和島へ行け」
「今度こそ政の大権幕府から奪い取るんじゃ!」
「はっ」

こうして、吉之助は久光の命に従い山内容堂、松平春嶽らにも四侯会議を持ちかけて言ったのだった。


そして、吉之助の呼びかけに応じた薩摩・土佐・越前・宇和島の四侯が京に集まった。

慶喜「待たせたな」
久光「お待ちしておりました」
久光「そいでは皆様早速始めたかち…」
慶喜「入れ!はっ」
「何のまねでございますか?こいは一体」
「今日という記念に御一同のフォトグラフを撮ろうと思ってな」
「わしらはこげなフォト何やらのためにわざわざ京へ来たのではございもはん」
「今日は長州藩の赦免そして勅許も得ずに兵庫港開港をお決めになられたそん考えを聞かせて頂くまではわしらは一切…」

すると、慶喜は想定外のことを口にしたのだった。

「兵庫港の話ならもう皆から合議は得ているが」
「のう?」
一同「はっ」

さらに慶喜は追い討ちをかけた。

「国父殿、話があれば聞こう」
「だがその前に余はもはや一橋ではない」
「征夷大将軍徳川慶喜だ」

twimg.com

「余に物を申すならばしかと覚悟はできておるのだろうな?」

将軍となった慶喜の巧みな根回しによって久光を除く諸侯は懐柔されていた。四侯会議は吉之助たちの惨敗に終わったのだった。

twimg.com

twimg.com

ふるゆき
@natumey
しかし洋服を穢れとする攘夷志士が横行し、フォトグラフは魂を抜かれるという迷信がある時代にフランス軍服でポートレートを撮る慶喜は、とても開明的くらいで語れる人物ではない。

  

2018-09-09 20:15:46

東区の人
@Higashikunohito
国父も おだてれば 木に登る

  

2018-09-09 20:15:57

山本八重さん@籠城なう(、´・ω・)▄︻┻┳═一
@aizu_sniper_yae
孝明天皇は「今、日本の政治の枢機を任せられるのは松平容保(会津)、松平春嶽(越前)、島津久光(薩摩)、伊達宗城(宇和島)、山内容堂(土佐)の5人」と挙げていた。
そのうちの会津だけをハブって四藩侯を集めたのですな……(ーー;)

  

2018-09-09 20:19:33

一二三
@nunonofuku123
兵庫開港問題は全然違く、元々兵庫開港は日米通商航海条約から決まっていてただ孝明天皇が認めないので長引いていたが、四侯会議で止めようと思ったが一橋慶喜が朝廷から兵庫開港勅許を得たので言うこと聞くしかなかった。

  

2018-09-09 20:20:03

晴野未子🏯歴タレ(本アカ)
@3535haruno
とりあえず後藤象二郎の顔見せなんだろうけど…
あの時、後藤象二郎は土佐にいません。
藩の金を使い込んだのバレて長崎で怒られてる頃ですね🤗👐

  

2018-09-09 20:20:53

いが(たろに)
@iga_iganao
春嶽公とか容堂公とかをポリシーのない簡単に懐柔される情けない悪いやつみたいに描くのやめてくんないかな…そこはけーきさんの政治手腕がすごかったという描き方をしてくれよ。

  

2018-09-09 20:20:55

にゅーも
@nona124191
慶喜公は写真マニアとしても有名やったね。
インスタにハマるヒー様とか容易に想像できるわw

  

2018-09-09 20:22:40

一二三
@nunonofuku123
ここで、一橋慶喜は凄いのは、将軍徳川家茂と孝明天皇を失って、「朝廷を使った幕府支配」が崩れていたのを、新しい朝廷と幕府と雄藩の合議制のリーダーになるという新しいビジョンを作ったとこ。しかし、それを行うのにやり方がアコギで評判悪かった。

  

2018-09-09 20:23:06

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク