この記事は、
西郷どん 第34話「将軍慶喜」感想・実況の4ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

詔の依頼

一蔵が長州へ向かった一方で、吉之助は岩倉邸を訪れた。

「おお。西郷お前一人か?珍しいな」
「岩倉様」
「え?」
「討幕の勅命を賜りとう存じます」
「討幕の勅命?」
「徳川を…徳川慶喜公を討ちもす」

「ほんで朝廷に働きかけて天子様に幕府を討てという詔をもろてほしいという事やな?」
「はい」

しかし、現実的に簡単な話ではなかった。

「分かった。お前の気持ちは分かったけど討幕の詔て気軽に言うけどそんなすんなりいけへんど」
「何でそない急いどんのや?」
「急がねば慶喜公はこん国を異国に売ってしまいもす」

「大久保は?」
「既に長州に向かっておいもす」
「えっ…」
「長州に兵を挙げさせその次は芸州」
「もうそんな進んどんのか」

twimg.com

「岩倉様あなたも腹をくくってたもんせ」
「えらいこっちゃえらいこっちゃ」

ほどなく一蔵は長州に続き芸州を訪れ兵上洛の盟約を次々と取り付けていった。また京の薩摩藩邸には薩摩から続々と戦のための物資が送られるなど、着々と準備は進んでいったのでした。

いが(たろに)
@iga_iganao
桂「なにやら僕達は薩摩の都合のいい時だけ勝手に仲間扱いされてないか」

  

2018-09-09 20:31:10

一二三
@nunonofuku123
「薩長同盟」は本来「一桑会(一橋慶喜、桑名藩、会津藩)」とだけ戦うという約束だったが、それが一橋慶喜が将軍になるという想定外の事で、討幕同盟にすり替わってしまった。長州討伐が失敗するとは思ってなかったし。

  

2018-09-09 20:32:30

スポンサーリンク

龍馬の策略

吉之助らが倒幕計画に邁進する頃、坂本龍馬は土佐を訪れていた。

龍馬は山内容堂と対面の場にあった。

龍馬「薩摩は幕府と戦をする事を決めたがです。今頃長州や芸州もその誘いに応えて京に兵を送る事を決めゆう頃ですろう。もし土佐がその芝居に乗るがやったら早いに越した事はないと思いますき」
「まあ既に一歩も二歩も遅れちょりますけんど」

そう言って、龍馬はわざとらしく大笑いしてみせた。

すると、容堂は怒り心頭で部屋を出ていってしまった。

同席していた後藤象二郎は焦った。

「坂本!容堂公の機嫌を損ねてしもうて!」
「このままではまっこと土佐は時流に取り残されてしまうぜよ!」

すると坂本龍馬はニヤリとした。

「後藤さん実は別に妙案があるがです」
「は?」
「戦をせんと幕府を取り潰せる策が…」

FIN@当面の予定は未定
@FIN_Historia
坂本龍馬が山内容堂とこうして対談しているのは違和感のレベルでは済まない。#西郷どん

  

2018-09-09 20:35:07

晴野未子🏯歴タレ(本アカ)
@3535haruno
龍馬と容堂公の対面シーンは
「龍馬伝」是非見て!!!!!!!!!!!!!

  

2018-09-09 20:35:11

清新明朗な加賀内閣
@hirataitaisho
どうやら世の中には脱藩郷士に目通りを許す山内容堂がいるらしい。

  

2018-09-09 20:35:21

坂本龍馬
@historical_per
【薩土盟約】
慶応3(1867)年6月22日、武力倒幕路線の薩摩藩に、土佐藩が大政奉還と王政復古を通じて平和的手段で公議政体へ移行するべく提携を持ち掛け、薩摩藩が同調し成立したがぜよ
薩摩藩側は小松、西郷、大久保
土佐藩側は後藤象二郎、福岡孝弟らが出席
けんど、盟約は2ヶ月ほどで破綻

  

2018-09-09 20:38:12

スポンサーリンク

ええじゃないか

twimg.com

この頃、民衆の間では「ええじゃないか」騒動が広まっていた。
そんな最中、岩倉具視が大胆な策を吉之助らに授けていた。

『汝よろしく朕の心を体すべく賊臣慶喜を殄戮し…』
『これ朕の願いなり。あえて惑懈するなかれ…』

岩倉が勝手に作った詔だった。

岩倉「望みの勅書や」
吉之助「しかし、これは偽物では?」

twimg.com

岩倉は真意を説明した。

「畏れ多くも天子様に正しいかどうか分からん詔を賜る訳にはいかん。そやからお前らが見事に幕府を滅ぼしたらこれがほんまの詔になる」
「しかしそんな事が…」
「大丈夫や。禁裏には根回ししてそれらしい仕上げといたるさかい」

「岩倉様」
「まろの命…お前らに預けたるわ」

表からは「ええじゃないか」の声が響く。
「民草も喜んでるわ」
♪「よいじゃないかええじゃないかええじゃないか」

櫻 🥃🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿
@hagimatsu0306
マジで小松帯刀様主役でじっくり描いて欲しいです。やかましい岩倉具視に対して静で品のある小松様だよね。

  

2018-09-09 20:48:17

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク