西郷どん 第35話の見どころ

この記事は、西郷どん 第35話の実況・感想まとめです。

twimg.com

今回の西郷どんは大政奉還後、徳川・薩摩を中心とした政局の様子が描かれました。 そして龍馬暗殺、小御所会議と目まぐるしく時代が変化していく中で、徹底的に討幕をする意思を固めた吉之助は、戦の鬼へと変貌するのでした。

これまでのお人好しな西郷どんから一変した吉之助。放送を見た視聴者からは、『慶喜絶対殺すマン』となった吉之助に対し、「なぜそうなったか分からない」「慶喜を悪役にしすぎ」「西郷どんがただのテロリストに見える」といったが困惑の声があがりました。一方、近江屋での龍馬暗殺シーンの無駄のないスピーディで迫力のある演出や、寡黙ながら表情で訴える錦戸亮さんの演技など、評価があがるシーンも散見されました。

その他、今回の放送についてどういった意見があがったのか? 西郷どん 第35話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第35話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

将軍家茂の逝去。さらに孝明天皇の崩御。目まぐるしく状況が変化する中で、周囲の予想に反し慶喜は将軍に就任した。この機に慶喜は兵庫開港を決めた。これに反発をした薩摩藩をはじめとする四藩は四侯会議をブチあげ幕府へ圧力をかけようとした。ところが、用意周到な慶喜はすでに他藩に根回しを済ませ、反発勢力を封じたのだった。

さらに慶喜は日本へ進出してきた海外勢と手を結び地盤を固めていった。その行為が吉之助らには、日本を脅かす危険な取引きに思えた。これにより吉之助は倒幕の意思を固めた。ところが、その矢先に慶喜は大政奉還を決めたのだった。 そして、吉之助らは坂本龍馬が手引きしたことと知ったのだった。

前回:西郷どん 第34話「将軍慶喜」感想・実況『早すぎw高速 大政奉還』

スポンサーリンク

龍馬と吉之助の決別

土佐の建白書を受け入れた慶喜は大政奉還をした。
松平容保、定敬ら側近から咎められると、慶喜は真意を明かした。

twimg.com

「大政奉還をされて困るのはどちらだ?」
「久しく政治から離れていたのんきな公家たちに政などできるはずがない。いずれ助けを求めにやって来る」
「その時徳川が再びその中心に納まればよい」


吉之助は慶喜の真意を察していた。それを坂本龍馬にはハッキリと伝えた。

twimg.com

「大政奉還の真のねらいはおいたちが振り上げた拳をかわすこっじゃ」
「何ち言われようとおいは慶喜を討つ」

ところが、龍馬はその考えに同意しなかった。

「討たんといかんゆうたち敵はもう降参したがじゃき」
「西郷さんらしゅうないぜよ」

それでも吉之助は折れなかった。

「おいはあん男の事をだいよりも知っちょっ」
「慶喜は日本を自分のもんじゃち思い込んじょっとじゃ」

その結果、龍馬と吉之助は袂を分かつこととなったのだった。

twimg.com

なかはら・ももた
@momotaNakahara
大政奉還のこと聞いてなかった容保さん

  

2018-09-16 20:01:19

Watanabe
@nabe1975
慶喜「俺は政治を返上 しかし政局は炎上」

  

2018-09-16 20:01:05

桐野作人
@kirinosakujin
う〜ん、西郷吉之助と坂本龍馬は同じ船に乗っているけどねえ。坂本は薩長芸三藩の挙兵に合流するために、最後の上京をしたのだから。討幕の密勅は大政奉還の勅許で無効になっている。

  

2018-09-16 20:12:26

一二三
@nunonofuku123
幕末のこのとき、西郷隆盛だけが徳川慶喜を武力闘争で打ち破る主張していた。福井の松平春嶽は西郷隆盛を「奸賊」と呼ぶくらい。でも、坂本龍馬はじめ幕府との戦争回避を選ぶのが多い逆に西郷隆盛だけが「幕府を武力討伐できる」と思い、それを成功して明治政府を作ったので偉人となる。

  

2018-09-16 20:03:56

一二三
@nunonofuku123
先週の西郷どんでおかしいとこ
・徳川慶喜が勝手に兵庫開港を行う→開港は井伊直弼がすでに決めた
・徳川慶喜が四侯会議懐柔→慶喜が兵庫開港を朝廷認めさせて解散
・徳川慶喜がフランスへ薩摩を売り渡す噂→資料なし
実は慶喜を悪役にするためにかなりフィクションいれてる。

  

2018-09-16 20:04:29

一二三
@nunonofuku123
西郷隆盛は「人に好かれていた」というは間違いで、
好かれてるひとはすごく好き好かれ、嫌われる人にはすごく嫌い嫌われる。
という極端なキャラで、いうとカルト宗教の教祖的なとこがある。

  

2018-09-16 20:07:08

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク