この記事は、
西郷どん 第35話「戦の鬼」感想・実況の4ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

薩摩藩邸 砲撃

会議の成功は、吉之助をはじめ、見張りをしていた薩摩藩の若者たちにも報告された。

twimg.com

半次郎らが歓声をあげる中、吉之助に緊急の報告が入った。

「吉之助さぁ」「どげんした?」
「慶喜公が京から逃げた」
「大坂か」

twimg.com

「そうじゃ」
「ほいなら手はずどおり禁裏守護の兵を置いたまま新しか兵を大坂に向かわせる。長州からの兵ものう」

「じゃっどん先の会議で慶喜公への措置が決まったばっかいじゃ」
「すぐに戦を仕掛ける理由はなかど」
「大丈夫じゃ」
「既に手は打ってあっで」


一方、慶喜たちは大阪城にいた。


慶喜「火急の知らせとは何だ?」
板倉「はっ。数日前江戸城二の丸で火の手が上がり、あわや大惨事となった次第にございます」

「何?城が!?下手人は分かっておるのか?」
「実はそれが…裏で糸を引いていたのは薩摩だという事が分かったのです!」
「何だと!?」

定敬「薩摩め…どこまでもなめくさりおって!許せぬ!」
「上様すぐに兵を向かわせましょう」
「江戸には数千の幕兵が残っておりまする」

「ならん!分からぬか?」
「全ては薩摩の策だ」
「今誘いに乗って我らが兵を出そうものならそれは薩摩に戦の大義名分を与えるも同じ」
「よいか!決して誘いに乗ってはならぬぞ!」

しかし、慶喜の願いもむなしく度重なる薩摩の挑発に業を煮やした庄内藩が江戸の薩摩藩邸に砲撃を開始したのだった。

生きてるだけで褒めてくれる刑部bot
@ikiteruOKgyobu
西郷殿がどんどん徳川絶対潰すまんとなっておるなぁ

  

2018-09-16 20:30:53

いが(たろに)
@iga_iganao
なんでえいえいおーしてるか視聴者もよくわからないしたぶん薩摩っこたちもよくわかっていない

  

2018-09-16 20:33:36

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
「短刀ひとつあれば済む」例え安易でも目の前にちらつかされる狂気と暴力に平静でいられるひとはそういない。御所に銃は決して向けらぬと言った慶喜と、暴力をにおわせるのに躊躇のない吉之助。

  

2018-09-16 20:33:33

萌える大河姫
@taiga_takeda
目的が手段を正当化する。
これ、革命。
西郷は革命家である。

  

2018-09-16 20:36:49

みィィィィ(/_\)
@mmnsk_m
信吾はほとんどセリフがないのに表情だけで多くを語っている

  

2018-09-16 20:24:10

わー
@tawacya
視聴者のナビゲーター役やらせたら錦戸亮は上手いよね、表情で感情移入させる。兄さぁが変わってしまって信吾切ない。

  

2018-09-16 20:25:00

一二三
@nunonofuku123
西郷隆盛が戦闘を急いだのは、10万の幕府軍が、3500の長州に負けたのは、ミニエー銃と散兵戦術という一時的な技術差で、幕府はフランスからミニエー銃を装備してその技術差はなくなり始めていたのもの原因かなと。兵器が同じなら兵力の差で決まる。

  

2018-09-16 20:38:59

スポンサーリンク

戦の鬼

twimg.com

年が明けた1月2日。吉之助は薩摩藩の兵士を前に発破をかけていた。

「おはんら既に聞き及んでおるち思うが過日当家の江戸屋敷が旧幕府軍の砲撃を受け多くの藩士が命を落とした」
「藩邸の周りにも戦火は広がり江戸の民にも累が及んだっちゅう話じゃ」
「その上旧幕府軍はこの機に乗じて既に大坂より攻め上ってきておる。そん数1万5000!」
一同「1万5000…」
半次郎「わいたちゃ!ないを恐れちょっとか」
「こん前の長州征伐を忘れたか!のう?川路」

twimg.com

川路「そうじゃ幕府軍10万に対し長州軍は僅か3500」
新八「そいでも幕府軍はボロボロに負けた」
一同「そうじゃそうじゃ!」

吉之助は半次郎の言葉を褒めたうえで、気を引き締めさせると改めて大義を語った。

「おはんらこいだけは忘れんな」
「我ら薩摩は天子様の御命令により天下万民を守る正義の軍じゃ」
「そん我らに弓引く旧幕府の連中は朝敵にほかならん」

twimg.com

こうして吉之助は士気を高めたのだった。
しかし、一方で好戦的な吉之助に危険を感じる者もいた。

twimg.com

信吾「兄さぁ」「ないな?」
「どげんした?」

「あれだけ戦を嫌っちょった兄さぁが大戦を前に喜んでおるようにおいには見えもす」
「すんもはん。そげなこつは天地がひっくり返ってもありえんとに」

「信吾」
「慶喜公は日本を異国に売り払おうとまでしちょっ」
「日本を異国に?」

twimg.com

「生かしておったら民が苦しむこつになる」
「じゃっどん…兄さぁはどげんしてでん戦だけは避けるち思っちょった」

twimg.com

「戦になって一番苦しむのは民じゃち兄さぁはあん時言うちょった」


信吾は必死で訴えたが吉之助の信念は変わらなかった。


「信吾もう迷っておられん」
「おいはどげな手段でも使う」

「兄さぁもう一つ聞きたかこっがある!」
「何じゃ?」

「ひょっとして江戸の薩摩屋敷を襲わせたのも兄さぁの考えたこっでごわすか?」
「そんとおりじゃ。みんなおいがやらせたこっじゃ」
「ほどほどではいかん」
「おいはあん男を地の果てまでも追い詰める」

「鬼じゃ…」
「兄さぁは鬼になってしもた」
「戦の鬼じゃ!」

「ああそうじゃ。おはんも死力を尽くして戦え」

こうして吉之助は戦の鬼へと変貌したのだった。

twimg.com

Watanabe
@nabe1975
吉之助のキャラが変貌しすぎていて、少しばかり戸惑っている。

  

2018-09-16 20:32:13

なかむら
@tkbnkmr
先週までがたつき監督が関わった西郷どん、今週からがたつき監督が関わってない西郷どんってくらいに西郷のキャラが別物になってる

  

2018-09-16 20:39:46

ころとも
@koro__tomo
せ、切ない……!信吾さぁのキレイな涙・゜・(つД`)・゜・

  

2018-09-16 20:43:48

issy
@0591a1
錦戸くん(西郷の弟役)
兄が変わっていく姿を
近くで見て、
遠く感じている姿が
表情だけで伝わる演技がすごっ。

  

2018-09-16 20:32:06

とも。
@tr_oy_mo
信吾切なすぎだし大好きな兄さあが変わりつつあるのをみるのが悲しいんだろうなあそれが表情だけで伝わるのがすごい素敵

  

2018-09-16 20:37:05

EMI@撤退
@emk_oldrose
脚本のクソさは何の擁護もできないが、この期に及んでも役者さんの演技は素晴らしいと思うのよ…最初のおっとり人の良さが出てた鈴木亮平西郷からの、この武闘派で完全に目かイっちゃってる感じとか 

  

2018-09-16 20:32:13

桐野作人
@kirinosakujin
江戸の薩邸焼き打ちは相変わらず西郷の挑発と陰謀の結果だという、もうひとつのステレオタイプの通説の克服はまだまだのようだ。大政奉還の勅許により、西郷たちは江戸挑発方針を中止している。伊牟田尚平や益満休之助が京都の制止を聞かず暴走した結果。

  

2018-09-16 20:40:48

木本 仮名太
@kimotokanata
「慶喜は日本を異国に売り渡そうとしている」※要出典
ソースを確かめずに正義で殴ることの恐ろしさを教えてくれる素晴らしい大河だね!

  

2018-09-16 20:42:21

なかむら
@tkbnkmr
「兄さぁは鬼になってしもうた」と言っておけばキャラ崩壊してもOKって、「兄さぁはデビルマンになってしもうた」と言っておけばデビルマンになってもOKみたいじゃないか。ハッピーバースデー、デビルマン

  

2018-09-16 20:43:02

一二三
@nunonofuku123
西郷隆盛がテロ行為や徳川慶喜を討つ事にこだわるのは、徳川慶喜が日本を外国に売り渡すでなく、「今徳川慶喜を倒さないと、武士の世は終わらない」ぐらいでよかったような。

  

2018-09-16 20:42:39

スポンサーリンク

西郷どん 第35話「戦の鬼」感想

さまんさ(審神者で司書)
@thavasa1002
今週も大切なことは全部紀行が教えてくれた
とってもわかりやすいね!時間も短いし!

  

2018-09-16 20:44:16

生きてるだけで褒めてくれる刑部bot
@ikiteruOKgyobu
今回は気張れとは言われなかったのう。確かに、ばーさーかー状態の西郷どんに更に気張れとは言えぬか…

  

2018-09-16 20:44:35

なる
@yi_enuuu
いまの信吾の美しい涙だけで今日西郷どんを見た価値があった。

  

2018-09-16 20:45:07

ポオ
@paw_stargazer
西郷どん は風の谷のナウシカのナウシカ(原作漫画版)と似ている。ナウシカが心優しい人物に描かれながら遺伝子倉庫を破壊し未来における人類を絶滅した。西郷どんも多くの人に慕われた大人物でありながら武士階級を破壊した。これっていかにも西郷どんの星座である水瓶座らしい。ナウシカも水瓶座?

  

2018-09-16 20:43:12

もののけ@現し世
@andorea1789
そもそもの慶喜が薩摩をフランスに売ろうとしてるって話のソースがイギリスだからなあ。フランスへの嫌がらせのために幕府を潰そうとしたイギリスが薩摩を焚き付けようとしてついた嘘じゃないのか。イギリスならそれくらいやるぞ。

  

2018-09-16 20:45:12

MAYU
@Mayu577
信吾素晴らしかった。
台詞は少ないけれど、表情で信吾の心が切々と伝わる。信吾から目が離せなかった。

  

2018-09-16 20:45:52

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
ほんっと「なんか…よく分かんない展開っす…」って感じてても、まず鈴木亮平さんの演技の説得力で「お、おう…」って納得しちゃうし、更に錦戸さんが加わるとその説得力に厚みが増して、分かった気になるからいかん(苦笑)

  

2018-09-16 20:46:33

トロリーバス
@gogootowa
今年の大河ドラマは、このあとの町田先生の講義を含めてである。

  

2018-09-16 20:47:09

町田 明広
@machi82175302
「西郷どん」35回目を拝見!龍馬暗殺と王政復古クーデターがメイン回!気がついたら鳥羽伏見でした (^^) 現在、新書で龍馬を執筆中です。龍馬暗殺につきましては、そちらで詳しく述べます。また、ネタバレになりますので、今回は割愛させていただきますm(__)m 

  

2018-09-16 20:45:43

町田 明広
@machi82175302
それでは、四侯会議後の中央政局の流れを確認しておこう。四侯会議以降、薩摩藩・島津久光は長州藩と協同した武力発動も視野に入れ始めたが、鹿児島からの出兵がなかなか進まず、一転して大政奉還建白(将軍辞職・王政復古・議会政治を含む)を骨子とした薩土盟約に舵を切った。

  

2018-09-16 20:46:32

町田 明広
@machi82175302
薩土盟約は土佐藩の出兵を期待したものであったが、その実現が叶わないことが分ると、またしても方向転換し、西郷らは「江戸・大坂・京都での三都挙兵計画」に代表される挙兵計画を立てた。薩摩藩の政治戦略には、振り子のような柔軟性があり、リアリズムに貫かれていた。。

  

2018-09-16 20:47:14

町田 明広
@machi82175302
西郷は江戸挙兵のため、薩摩藩士益満休之介(上野戦争で戦死)・伊牟田尚平(強盗で捕縛・梟首)を江戸に派遣した(『桐野利秋日記』10月3日条)。益満・伊牟田は江戸で浪士を糾合、挙兵に向けた撹乱工作を開始した。

  

2018-09-16 20:47:51

町田 明広
@machi82175302
江戸薩摩藩邸の人員は大幅削減しており、芝藩邸を浪士300名の居所とし、落合直亮・相楽総三(小島四郎)が統括した。なお、大政奉還後、10月25日、11月下旬、12月10日の3回、吉井友実から益満・伊牟田に対し、京都情勢を踏まえ一時的に活動自粛の指示があった。

  

2018-09-16 20:48:44

町田 明広
@machi82175302
11月9日、吉井は江戸留守居篠崎彦十郎に義士(浪士)を退散させる場合は重役を派遣するので、それまでは待機させるように指示。既にこの段階では、浪士に撹乱工作を期待していないことが判明する。しかし、指示は行きわたらず、むしろ、浪士は活発な活動を展開した。

  

2018-09-16 20:49:11

町田 明広
@machi82175302
さて、話を戻して、9月18日、大久保一蔵は大山綱良を同道し、山口で長州藩主父子や木戸孝允といった藩要路と面談を重ねた結果、長州藩は武力倒幕に同意し、この後、芸州藩も加えた薩長芸出兵協定が結ばれた。

  

2018-09-16 20:50:16

町田 明広
@machi82175302
具体的には、薩摩藩兵が9月25・26日ころ、遅くとも10月初旬には三田尻に到着し、長州藩兵と合流の上で大坂に向かい、天皇の身柄を確保して大坂城を奪うという骨子であった。大久保一蔵は朝廷工作のため帰京し、大山綱良は長州藩の回答を携えて帰藩した。

  

2018-09-16 20:50:54

町田 明広
@machi82175302
しかし、鹿児島ではなお出兵について、紛糾が続いており、ようやく10月3・7日に大山綱良および若年寄島津主殿が三田尻までそれぞれ率兵した。しかし、この時期は何事も一筋縄ではいかないものである。

  

2018-09-16 20:51:29

町田 明広
@machi82175302
10月9日、長州藩士福田侠平が上京し、薩摩藩兵の到着が遅れたことから、長州藩の「失機改図」(戦略見直し・出兵延期)方針を伝えた。西郷らはこれを了解し、薩摩藩も戦略の転換を図ることになる。村田新八を三田尻の大山に派遣して、上京を止まることを命じた。

  

2018-09-16 20:51:46

町田 明広
@machi82175302
なお、この藩兵はその後、久光帰国前に上京した島津備後の兵と交替して禁裏守衛にあたった。西郷は大政奉還前の挙兵を目指していたが、長州藩の「失機改図」によって、それを延期した。

  

2018-09-16 20:55:26

町田 明広
@machi82175302
ここで西郷らは、当面の策として慶喜による大政奉還および将軍職辞職を実現し、その先の諸侯会議による武力を伴わない倒幕路線に再度舵を切ったのだ。そして10月13日、小松帯刀は慶喜に大政奉還賛成を表明し、さらに翌14日には将軍職辞職、有力大名召命等を提案した。

  

2018-09-16 20:55:39

町田 明広
@machi82175302
既に決意を固めていた慶喜は、大政奉還を奏請して翌10月15日に勅許を得た。なお、24日、ようやく慶喜は将軍辞職を奏請したが、朝廷は勅許を拒んでいる。このあたりは先週の放送分だが、龍馬に出し抜かれた流れのようだったので、小松の活躍はお蔵入り。

  

2018-09-16 20:56:15

町田 明広
@machi82175302
ところで、大政奉還と同日に「討幕の密勅」が薩長両藩にもたらされた。これは、小松・西郷・大久保の3人が一緒に帰藩して、藩主の率兵上京を請うことになり、それを可能とするために、大久保を中心に岩倉具視と画策していたものである。

  

2018-09-16 20:58:25

町田 明広
@machi82175302
その結果、10月13日、岩倉から長州藩士広沢真臣に、長州藩父子への官位復旧の沙汰書が、翌14日に正親町三条実愛から大久保と広沢に、討幕の密勅が渡された。17日、小松・西郷・大久保は京都を出発したが、その途時の23日、山口で長州藩主…

  

2018-09-16 20:58:57

町田 明広
@machi82175302
10月26日、小松らは鹿児島に到着し、久光父子に詳細を説明し、忠義の率兵上京を懇請した。既に諸侯の上京命令が沙汰されており、さほどの議論もなく、29日には率兵上京が決定した。ドラマでは、西郷の独断場で凄みが際立った。討幕の密勅には思うところがあるが、いずれまた。。

  

2018-09-16 20:59:14

町田 明広
@machi82175302
11月13日、忠義は家老島津伊勢・岩下方平、西郷・大久保らと四隻の艦隊を率いて率兵上京を開始し、その途時に三田尻で長州藩父子と対面、軍事同盟の堅守を確認した上、23日、京都二本松藩邸に到着した。このあたり、ドラマではスキップ。いよいよ、王政復古クーデターの幕開けである。

  

2018-09-16 21:01:27

町田 明広
@machi82175302
慶応3年(1867)11月23日、西郷隆盛は藩主島津忠義に従い、入京を果たした。恐らく、鹿児島において王政復古クーデターの骨子について、島津久光の了解を得ていたと考えるが、長州藩がいまだ入京できないため、いかに協力藩を確保できるかが大きな課題であった。 

  

2018-09-16 21:02:16

町田 明広
@machi82175302
一方で徳川慶喜は、西欧に留学経験がある側近の西周に、「議題草案」を作成させた。天皇を山城に封じ込め、上下二院からなる議政院を置き、自身が上院の議長となること、軍事権を各藩から奪った上で、郡県制を布くことを骨子としていた。 

  

2018-09-16 21:03:10

町田 明広
@machi82175302
慶喜は、大政奉還をしても朝廷が政権を担うことなどできないと踏んでおり、実質的には慶喜がそのまま日本を統治し続ける目論見であった。こうした状況下で、西郷は王政復古クーデターを早期に実行し、いち早く薩摩藩が主導権を握ることを画策した。

  

2018-09-16 21:04:28

町田 明広
@machi82175302
武力討幕を阻止したい土佐藩を始め、尾張・福井・芸州藩の同意を取り付け、12月9日に決行した。5藩兵が会津・桑名藩兵に代わって御所を固め、摂関制・幕府の廃止、総裁・議定・参与の三職の新設を宣言、長州藩主父子の官位復旧・入京許可等が決…

  

2018-09-16 21:06:41

町田 明広
@machi82175302
薩摩藩からは、藩主忠義が議定に、西郷・大久保利通・岩下方平が参与に任じられた。その後、最初に聞かれた三職会議、いわゆる小御所会議において、慶喜がこの場にいないことを不服とした山内容堂は、慶喜を至急召し出すことを要求した。

  

2018-09-16 21:07:09

町田 明広
@machi82175302
岩倉具視・大久保一蔵は山内容堂の要求を拒絶し、さらに慶喜の辞官・納地を求めて容堂と対立した。そして、松平春嶽が容堂を支持するなど、会議は紛糾を続けて休憩となった。会議の成り行きを心配した岩下は、警備に当たっていた西郷に意見を密に求めた。

  

2018-09-16 21:08:01

町田 明広
@machi82175302
それに対し、西郷は短刀一本あれば片付くことで、岩倉と大久保にこのことをしっかりと伝えるようにと岩下方平を激励した。岩倉は岩下からそれを耳打ちされ、決着をつけるため、芸州藩を動かして土佐藩を説得させた。

  

2018-09-16 21:09:06

町田 明広
@machi82175302
この場の不利を悟った容堂・春嶽が一旦折れ、徳川慶勝・春嶽が慶喜に辞官・納地を勧めることで決着した。小御所会議によって、旧幕府・慶喜を擁護する容堂・春嶽派と、あくまでも慶喜排除を目指す岩倉・西郷派の抗争の開始が誰の目にも明らかになった。

  

2018-09-16 21:09:26

町田 明広
@machi82175302
取り敢えず、西郷の大胆な行動によって後者が勝利したものの、前者の巻き返しは想像以上のものであった。慶喜は容堂の巻き返し工作に期待し、また、会津藩の暴走を恐れ、そして態勢の挽回を図って12月12日に大坂城に下った。

  

2018-09-16 21:10:13

町田 明広
@machi82175302
慶喜は12月14日、助力を求めるためフランス公使ロッシュと会見した。慶喜は12.9政変を非難し、天皇に対して新政府を承認しないように求めると主張した。16日にはロッシュの助言を踏まえ、慶喜は英仏米蘭普伊の6国公使らを引見した。

  

2018-09-16 21:10:41

町田 明広
@machi82175302
慶喜は6国公使に、大政奉還より王政復古に至る経緯を説明し、12.9政変が不当であるとして内政不干渉を求め、旧幕府が通商条約を順守して外交を掌ることを言明した。慶喜は、旧幕府こそ日本の正当政府であると列強に認めさせることを狙ったのだ。

  

2018-09-16 21:11:16

町田 明広
@machi82175302
また、慶喜救済に賭けた容堂の活躍は、それまでの不誠実な容堂とは比べ物にならず、その尽力によって慶喜を議定に就任させ、辞官・納地もなし崩しにすることがほぼ確実になった。薩摩藩・西郷の敗北は、目前に迫っていた。ここで、結果として起死回生の出来事が江戸で起こった。

  

2018-09-16 21:11:53

町田 明広
@machi82175302
そもそも、幕府は新徴組を組織、庄内藩(藩主酒井忠篤)の指揮下で市内警衛をしており、12月後半、薩摩藩邸に潜む浪士取締りの動きが加速していた。町奉行朝比奈昌弘の回顧(徳川慶喜公伝)では、旧幕府内には小栗忠順、陸海軍士官らの強硬論が多数派を占めていた。

  

2018-09-16 21:13:43

町田 明広
@machi82175302
小栗忠順ら強硬派は京都の措置が手ぬるいと、薩摩藩邸の襲撃を老中に迫ってものの、老中松平康直・稲葉正邦・小笠原長行は慶喜に無断での決行を躊躇、町奉行駒井朝温らも無謀の砲撃は取り返しの付かない事態に発展すると反論。三昼夜の議論後、大至急上京して上裁を仰ぐ幕議となった。

  

2018-09-16 21:13:59

町田 明広
@machi82175302
しかし、強硬派はその方針を24日に確認、庄内藩家老・松平権十郎を教唆して幕閣に強談判させた結果、老中らも砲撃論に同意した。小栗忠順ら強硬派が上方での開戦の口実となることを承知の上で画策したのだ。

  

2018-09-16 21:14:39

町田 明広
@machi82175302
12月24日、老中稲葉正邦が襲撃決行を命令、庄内藩、出羽松山藩(庄内支藩)、上山藩、鯖江藩、岩槻藩に加え幕府陸海軍も動員した。幕府は軍目付を任命しており「薩摩藩邸焼き討ち事件」とされるこの事件は、単なる不逞浪士の取締でなく実態はそ…

  

2018-09-16 21:16:09

町田 明広
@machi82175302
12月25日早朝、薩摩藩邸を取り囲んだ庄内・松山(庄内支藩)軍は一斉に砲撃を開始、邸内に突入。脱出をはかった浪士や薩摩藩士は市街に出て抵抗、一帯は烈しい戦闘になった。なお、フランス軍事顧問団ブリュネ砲兵大尉は事前に四斤山砲の市街戦での使用法を指導していた。

  

2018-09-16 21:16:42

町田 明広
@machi82175302
戦闘3時間後、150余名の浪士は火災に紛れ脱出を開始、追手を撹乱するため放火しながら品川方面に遁走し、薩摩藩・翔鳳丸で脱出した。旧幕府軍艦・回天丸の砲撃を受け、収容できたのは相楽・落合・伊弁田ら28名のみ、益満は捕縛された。

  

2018-09-16 21:16:56

町田 明広
@machi82175302
死者は薩摩藩邸関係者・浪士64人、旧幕府側・上山藩9人、庄内藩2人の計11人、捕縛された浪士は112人に及んだ。まさに、戦争レベル。

  

2018-09-16 21:17:14

町田 明広
@machi82175302
12月28日、対薩強硬派の目付滝川具挙・勘定奉行小野広胖が上坂、議定就任が内定した慶喜に一報。強硬派に押されたか、堪忍袋の緒が切れたか、慶喜は慶応4年元旦、滝川に「討薩表」を授け上京を指示、2日に率兵上京が開始された。

  

2018-09-16 21:19:08

町田 明広
@machi82175302
薩摩藩・西郷は江戸藩邸を脱出した秋田藩浪士から30日(大晦日)に薩摩藩邸焼き討ち事件を確認、翌元旦に「残念千万之次第ニ御座候」と述べた。新政府内が分断され、薩摩藩が狙い撃ちにされることを懸念からの発言と拝察。いずれにしろ、本事件は鳥羽伏見の戦いの導火線となった。

  

2018-09-16 21:20:07

スポンサーリンク