西郷どん 第36話の見どころ

この記事は、西郷どん 第36話の実況・感想まとめです。

twimg.com

今回の西郷どんは、鳥羽伏見の戦いから慶喜を追い詰めていく様子が描かれました。劣勢であった新政府軍が「錦の御旗」で形勢逆転する展開や、慶喜がひそかに江戸へ逃げ出すシーン、またひそかに声優の緒方賢一さんが出演するなど、見どころの多い放送になりました。

ただ、ふきの「謝ればいいではありませんか」のセリフに関しては、「底が浅すぎる」など視聴者からはかなり怒りの声があがることとなりました。

さて、視聴者はその他のシーンに関してどのような感想を抱いたのか?西郷どん 第36話実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第36話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

慶喜が行った大政奉還は、龍馬が手を引いていたことが分かった。そして吉之助と龍馬は討幕に対する考えの違いから袂を分かつのだった。そんな折、龍馬が暗殺されてしまう。その後、王政復古の大号令、新政府体制を決める小御所会議など、時代は目まぐるしく変化していった。 そんな中にあって、吉之助は徳川を徹底的に潰すことへ邁進した。そんな姿に弟の信吾は戸惑い、吉之助へ異を唱えた。 しかし、戦の鬼と化した吉之助には、信吾の声は届かなかった。

前回:西郷どん 第35話「戦の鬼」感想・実況『信吾(錦戸亮)の表情が最高!』

鳥羽伏見の戦い

薩摩を中心とする新政府軍は天子様の軍として京の守りを固めていた。

一方、都を追われた旧幕府軍は大坂城から御所へ向けて進軍を開始。
そして慶応4年1月3日夕刻。後にいう鳥羽伏見の戦いが始まった。

twimg.com

砲撃音が響く中、戦が始まると新政府軍は劣勢に立たされた。
そこで一蔵と岩倉は奥の手について話をしたのだった。

一蔵「戦況はお味方不利。鳥羽も伏見もこのままでは…」
岩倉「最後の手段や。あれの出番や!」

twimg.com

最後の手段は一蔵の妾・おゆうが準備していた。

岩倉「できたか?」一蔵「ゆう、あいは?」
「へえお指図頂いたとおり。あちらに」
岩倉「おお!あ~っ!」
「これやこれやこれやこれや~!ありがたや~ありがたや!」


おゆう「もうすぐ数もそろいます」
一蔵「ようやってくれた」


ほどなく、『最後の手段』は戦場へ持ち込まれた。

半次郎「撃て~!」
川路「退くな~!ひるむな!」

優勢だった幕府軍の者たちは、それを見てぎょっとした。

吉之助「待っちょったど一蔵どん」
信吾「兄さぁ!あいは!?」

「錦の御旗じゃ」

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
今日からもう鳥羽伏見の戦い。1月3日…当時の人的には正月の三が日から発砲しないで欲しかっただろうなぁ。

  

2018-09-23 20:03:13

一二三
@nunonofuku123
新政府のほとんどが幕府との戦争回避派→少数の西郷隆盛と大久保利通だけが幕府との戦争派
徳川幕府のほとんどが主戦派→少数の徳川慶喜と勝海舟だけが戦争回避派
と歪な関係になってるのが鳥羽伏見の戦いから江戸無血開城のややこしさ。

  

2018-09-23 20:04:49

高枝景水@若旅コミックス発売中
@namazudou
つけたらめちゃくちゃ聞き覚えのある声が!!!! 緒方さんだ!!!!

  

2018-09-23 20:06:16

ひぞっこ
@musicapiccolino
やっぱり 声が緒方賢一さん。(^-^;

  

2018-09-23 20:06:01

しみず さるひこ
@bub_shimizu
すごい! 緒方さんがあたふたと喋るだけで『うる星やつら』っぽくなる(笑) 心なしか大砲の音も「ちゅどーん」って聞こえてくる w

  

2018-09-23 20:06:57

一二三
@nunonofuku123
戊辰戦争まで歴史の動きが早すぎ
1867年(旧暦)10月14日大政奉還→11月15日龍馬暗殺→12月9日王政復古の大号令(幕府消滅)→10日長州軍上洛→28日慶喜、朝廷に領地返納と引き換えに政権参加約束→1月1日薩摩の江戸テロから…

  

2018-09-23 20:07:29

スポンサーリンク

錦の御旗

twimg.com

錦の御旗とは500年以上も前に後醍醐天皇が掲げた旗印。
誰も見た事もない嘘ともまこととも分からぬこの旗を岩倉の独断で新政府軍に掲げさせたのだった。

その効果は絶大だった。

幕府軍の手は弱まり、新政府軍が盛り返したのだった。
そんな中、信吾に弾丸が命中した。 信吾はその場に倒れ込んだ。

twimg.com

信吾は小兵衛に連れられ、
負傷した兵士が集められた相国寺へ運び込まれたのだった。

一方、吉之助は戦の指揮をとっていた。
すると、錦の御旗のお陰で幕府軍から寝返るものがあると報告を受けた。

「こいで我らの勝ちが見えもした!」
「西郷先生もうここはおいたちで十分でごわす」
「吉之助さぁは急ぎ信吾のとこに行ってくいやい」

川路ら参謀は信吾の件を気遣ったが・・・

吉之助「戦はまだ終わっちょらん」
「私情を挟む暇はなか」

と、吉之助は油断するスキも見せなかった。

twimg.com

その頃、形勢が逆転されたことは慶喜にも報告されていた。

慶喜「また裏切りか!?」
板倉「兵たちの中にはあの錦の御旗とやらにやいばを向ける事をためらい逃亡する者たちも…」

twimg.com

「かくなる上は城に籠もり迎え撃つが最上の策と心得まする」
定敬「籠城にて敵をくぎづけにしてその間に江戸より新たに兵を呼び寄せればよいのです」
板倉「偽りの官軍など恐れるに足りず!」
「我ら負ける道理などござりませぬ!」
一同「上様!上様…!」

「相分かった!上様!」
「そなたらの忠義の心身にしみてうれしく思うぞ」
「余は戦う!余についてこい!」

うにたろう
@Gq6lo
錦の御旗を岩倉の独断で掲げる!

現代だったらSNSで拡散されて、あっと言う間に嘘がバレるな。

幕末ならではの心理戦

  

2018-09-23 20:07:39

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
賭場とか仕掛け罠とかお金に強欲なとことか、岩倉様の生臭い描写が、ちゃんと胡散臭い錦の御旗に繋がるから、あーなるほどと。

  

2018-09-23 20:08:34

桐野作人
@kirinosakujin
鳥羽伏見の戦い。初日に薩摩方が劣勢ということはない。逆に圧倒していた。しかも、戦闘は夕方から夜にかけて。錦旗の登場は開戦3日目の1月5日のこと。

  

2018-09-23 20:08:42

弾正
@naoejou
『会津まつり』の日に鳥羽伏見の戦いをぶつけるNHK😭
後醍醐天皇が登場するとは…

  

2018-09-23 20:17:08

マルコ@drama
@marukodorama
鳥羽伏見の戦い。戦況がちょっとした事で変わるのは、真田丸の時の大坂の陣でもあったよね。戦いには常に大義が必要という言葉がここでも思い出される。
岩倉具視の錦の御旗を掲げる作戦で薩摩軍は官軍であるというアピールは最高潮、戦局は一気に薩摩有利に。

  

2018-09-23 20:09:15

一二三
@nunonofuku123
徳川慶喜は鳥羽伏見の戦いでの行動は謎というか、徳川慶喜こそもっとも戦争が嫌いな将軍だとおもうんだよな。
西郷隆盛は「ものすごく頭がいいけど、戦争が嫌いな一橋慶喜」ということを一番わかっていたんだと思う。
徳川慶喜が頭が良すぎて勝てないので戦争で勝負したと。

  

2018-09-23 20:10:55

一二三
@nunonofuku123
西郷隆盛のクセは、タバコの煙管で頭をかくことで、その部分の頭がはげてしまったくらい。
でも、現代はタバコのシーンはコンプライアンス的にNGなので扇子になってしまったよ!

  

2018-09-23 20:11:58

まーぼー(実況用)ᓚᘏᗢ
@mabo1113
錦戸さんやっぱり演技上手いな

  

2018-09-23 20:15:52

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
慶応4(1868)年1月、鳥羽伏見の戦いで西郷従道負傷。傷は右頸部の貫通銃創であったとされ、英国人医師ウィリアム・ウィリスが治療にあたった。外科的手術で回復はしたものの、のちにその傷が元で右耳の聴力が落ちたとされる。

  

2018-09-23 20:12:35

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク