この記事は、
西郷どん 第36話「慶喜の首」感想・実況の3ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

スポンサーリンク

信吾の容態

信吾が収容されている施設ではお虎の悲鳴が響いた。

「何でこないな所に化け物が!?」

初めて西洋人を見たお虎が仰天したのだ。

すると、帯同した一蔵が声を張り上げた。

「静まれ!静まらんか!」
ウィリス「イッツオールライト。イッツオールライト」
「皆さん私は医者です」

ウィリスは、信吾をはじめ薩摩藩の負傷兵の診察をするために派遣された医師であった。
彼はクロロホルムによる麻酔をして切開手術するなど、当時世界最高峰の技術をもっていた。これにより新政府軍の兵士の命が多く救われた。

twimg.com

信吾もその1人だった。

twimg.com

小兵衛「信吾兄さぁ」
信吾「おいは生きちょっとか?」
「生きちょっ。生きちょっ!」

一蔵「ウィリス先生が助けて下さったとじゃ」
「ウィリス?」
「エゲレス人の医者じゃ」

信吾は吉之助の姿を探した。

一蔵「吉之助さぁはおらん。慶喜討伐の勅命が下されてのう」
「兄さぁは鬼になってしもた」

「そいはちごっ信吾」
「ウィリスさぁを京へ呼んだのは吉之助さぁじゃ」
「そんためにエゲレス公使のパークス殿に頼み込みエゲレス人を京の町へ招き入れる許しを天子様に願い出たんじゃ」

一蔵からウィリス医師を呼び寄せた経緯を聞くと、信吾の表情に変化が現れたのだった。


慶応4年2月吉之助たちは関東を征伐するため江戸へ向け京を出発する事になった。

吉之助が京で世話になった人々へ挨拶をしていると、信吾がやってきた。

吉之助「よう生きちょった」
「あとはゆっくり養生せえ」

信吾「おいも行く」「ないを言うか」

「足手まといにはならん。おいも連れてってくいやんせ」
「信吾…」
「兄さぁがないのために戦っておるのかおいにはまだ…分からん。おいは最後まで戦って兄さぁの覚悟っちゅうもんをこん目で見届けたか」
「じゃっでおいも連れてってくいやんせ」
「好きにせえ」

twimg.com

こうして信吾も吉之助と共に江戸へ向かったのだった。

tocco@
@HyperionTocco
「ウィリス先生の技術によって新政府軍の兵の多くが助かったのです」とありますけど次弟の命は救えませんでした(北陸戦線で戦死)
因みにクロロフォルムは中毒性があるのでのちに麻酔薬としては禁止に

  

2018-09-23 20:23:08

一二三
@nunonofuku123
医師ウィリアム・ウィリスが西郷従道を治療したの史実だが、生麦事件のときに西郷隆盛にも会っているので、ウィリスを知らないってのはちょっと変。医者と思ってなかったかもしれんが。

  

2018-09-23 20:24:14

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
45分くらいかけて外国人医師による新政府軍の救急救命ドラマかヒストリア的な解説番組やってほしい。

  

2018-09-23 20:24:16

山南敬助
@kisk_ssg
信吾さん、我々も彼が何の為に戦っているのかいまいち良く分かりません。

  

2018-09-23 20:27:38

まとめ管理人
@1059kanri
何で西郷さん轡十文字の入った上下着ているのか。西郷家は青山菊ではないのだろうか。それともあの上下は島津藩士のユニフォームなのだろうか 

  

2018-09-23 20:27:40

fujii h
@fujiih
結構大雑把な描写が多いけれど、珍しく維新後に西郷従道が西郷隆盛についていかないのは分かるような布石は打ってるような気がするんだけど…

  

2018-09-23 20:27:51

Paph.
@sfflpn_mnk1
絶望から希望を見つけたい信吾の変化がいいわあ

  

2018-09-23 20:29:47

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
ウィリアム・ウィルスが戊辰戦争のおり、東伏見宮嘉彰親王の許しを得て敵味方なく負傷兵を救ったことがきっかけとなり、西南戦争時の明治10(1877)年、熊本洋学校に佐野常民らが博愛社を設立する。これにはウィルスに命を救われた西郷従道の口添えもあった。日本赤十字社の前身である。

  

2018-09-23 20:29:08

スポンサーリンク

慶喜討伐

駿府・新政府軍 大総督府では、慶喜の処遇をめぐり軍議が行われていた。

参謀・林玖九十郎が口を開いた。

「御一同承知のとおり上野寛永寺の宮様尾張慶勝公からも連日書状が届けられております」
「我らに進軍をとどめてほしいと」
「静寛院の宮様からもおんなしように御嘆願が来てる」
「慶喜さんも徳川さんの菩提寺である上野の寛永寺に謹慎して天子様に恭順を示してはるって」

ところが、吉之助は同意しなかった。

吉之助「畏れながらここで手を緩めてはないもはん」
「徳川慶喜が恭順を示しておられる以上戦に名分はないと存じますが」

吉之助「本当に恭順されておるならば兵器弾薬軍艦の一切を引き渡し徳川慶喜自らが死を覚悟して我らが軍門に下るのが道理っちゅうもんではごわはんか?」
「たかが紙切れ一枚で到底信じられるものではございもはん」

「西郷殿!仮にも先の御台所静寛院の宮様からのご書状にございますぞ!」

吉之助「こいは異な事を!」
「慶喜討伐は天子様の御命令にごわんど」

軍議が重ねられた結果、官軍の江戸城総攻撃は3月15日と決まった。


ほどなく、勝は慶喜の元を訪れた。

勝「官軍の先鋒隊が駿府から箱根の関を越えもうすぐ川崎に入るんじゃねえかって知らせが届きやしたよ」
慶喜「どうするも何も俺はただひたすら天子様のお許しを賜れるのを祈って待つのみだ」

すると、勝は慶喜を焚き付けた。

「戦えば勝ちますよ」
「こっちにゃあ薩長にも負けない洋式調練された精兵がおります」
「一切私に任せて下すったら駿府の大総督府を海から一斉砲撃してみせますぜ」

「さてどうなさるね?」

ところが、慶喜は異を唱えた。

「それならば確かに勝てる」
「だがその時こそ日本は終わる!」
「日本は異国の手に渡る」
「そのような事だけはさせぬ!勝、俺を見くびるな!」

勝「よくぞ仰せられました上様!」
「戦を続けるつもりはないという事ですな?」
慶喜「もはや…朝廷にやいばを向けるつもりなどない」

すると、勝は部屋の外で待機していた山岡に声をかけた。

勝「山岡。聞いていたかい?」「はっ」
「上様のご覚悟の程しかと拝見致しました」

twimg.com

「すぐに駿府へ。頼んだぞ」
「はっ」
「西郷がどう出るかは山岡次第です」
「祈って待ちやしょう」

織部ゆたか
@iiduna_yutaka
あー、これあれか・・・。西郷に段々感情移入できない展開にしていって、西南戦争で切腹したときに「やっぱ明治政府正しいなこれ」って視聴者に納得させる、大久保利通が真の主役のパターンなのか

  

2018-09-23 20:30:07

あさくらちほ
@Chiho_Asakura

駿府って言われると、ソワソワしてイヤな予感しかしない直虎クラスタ。

  

2018-09-23 20:31:59

織部ゆたか
@iiduna_yutaka
逆に西郷早く倒した方が日本のためにいいんじゃないかと思えてくるな

  

2018-09-23 20:21:11

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
ナレーションのおかげで現時点で開戦から3か月ということが分かるくらい、諸々を詰め込みすぎて時の流れが表現できていない。1か月の出来事にも半年の出来事にも見える。(でも戦争ってそんなものなのかも…)

  

2018-09-23 20:31:25

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
私がハウス食品株式会社の広報担当だったら今すぐとんがりコーンのCMに錦戸くんを起用します。

  

2018-09-23 20:33:34

坂本龍馬
@historical_per
慶喜公「もはや朝廷に刃を向ける気は無い」

ちゅうより、最初から天子様に刃を向けるつもりは無かったはずじゃけんどのぉ

  

2018-09-23 20:33:56

一二三
@nunonofuku123
史実では小栗上野介が箱根を超えた新政府軍を陸兵で迎え撃って、駿河湾に戦艦を派遣して挟み撃ちにする作戦を徳川慶喜に伝えるが、慶喜は無視して退席、それでも袴にすがりつく小栗上野介を引き剥がし退席した。後に長州軍師大村益次郎はこの策を実行されれな新政府軍は破れていたと語る。

  

2018-09-23 20:30:43

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク