この記事は、
西郷どん 第37話「江戸無血開城」感想・実況の4ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

大村益次郎、登場

スポンサーリンク

男は挨拶もせず、ズカズカと中へ入ってきた。

大村益次郎「失礼。あんたですか?薩摩の西郷さんっちゅうのは。太い声ですなぁ。外まで聞こえました」
「そいはご無礼つかまつりました。あなたは…」

twimg.com

大村「あんたは戦っちゅうものがまるで分かっておられん。上野の戦が長引くと思われとるようですが…」
「そんとおりです」
「1日…いや半日で片づきます」

大村は自身満々であった。

林「何じゃと?まことか!?そんなバカな!」
「半日で終わる?」
「はい。上野の地図です」
「じゃあ今から戦を知らん皆さん方に勝つすべをお教え進ぜよう。まずは佐賀隊が持っとられるアームストロング砲この2門をどこに置くか…」

ここまで説明してやっと、大村は気付いた。

「申し遅れました私は長州藩士大村益次郎であります」
吉之助「あん大村益次郎殿か」
「此度の戦指揮するようにと総裁顧問桂殿に遣わされました」
「御一同以後お見知りおきのほどを」

大村益次郎は、かつて僅か3500の兵で、幕府10万の大軍を打ち破った希代の戦略家だった。


この出来事は江戸の勝海舟へ吉之助の口から伝えられた。

「そうかあの大村が出てきたか」
「せっかく江戸で血を流させずに済んだってのによ…」

勝海舟は吉之助と食事をとっていた。

「お前さんこれからも戦い続ける気かい?」
吉之助「はい」

「彰義隊のあとは会津」
「会津を落としたら奥羽諸藩…」

「そのあとは?」
「おいにも分かいもはん」
「まっこて果ての見えん戦でごわす」

「まあ何にせよ…」
「死んじゃいけねえよ西郷どん」
「西郷どん」
「龍馬が夢みた新しい国をつくってくれ」

山本八重さん@泣血氈の上
@aizu_sniper_yae
なんでや、龍馬関係ないやろ!

  

2018-10-07 20:43:00

チブル・バンミカス
@hiroki0919
大村益次郎!似てる!!

  

2018-10-07 20:40:19

Watanabe
@nabe1975
大村益次郎、デコアピールは欠かさない。

  

2018-10-07 20:40:46

鷹橋忍『滅亡から読みとく日本史』発売中です
@shinobu390804
益次郎さんの再現性は素直に凄いと思う

  

2018-10-07 20:41:36

東区の人
@Higashikunohito
大村益次郎は後に暗殺され、明治26年に靖国神社の境内に銅像が建立される。
遺言は「どうもすいません」…もとい、「私の切断した足は、緒方洪庵先生の墓の傍らに埋めてくれ」だった。

  

2018-10-07 20:40:37

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
彰義隊を撃ち破り、江戸に戦禍を起こした大村益次郎を江戸っ子の林家正蔵さんが演じる皮肉。

  

2018-10-07 20:42:44

酒上小琴【サケノウエノコゴト】
@raizou5th
大村益次郎。あだ名は「火吹き達磨」。長州藩の周布政之助、あるいは高杉晋作がつけたと言われる。火吹き達磨とは、銅製の小さい達磨形の容器に水を入れて火のそばに置くと、熱せられて蒸気を吹き火をおこす器具。上野戦争で燻っていた彰義隊を燃え上がらせた彼は、まさに「火吹き達磨」。

  

2018-10-07 20:57:01

スポンサーリンク

西郷どん 第37話「江戸無血開城」感想

ゆみさん、
@ybird07
ひーさまと牛男に戻って良かった…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

  

2018-10-07 20:57:33

ひろ
@kkZ5rFi6QfCDjAH
江戸の無血開城
慶喜公と西郷さんのシーン
ぐっときたなぁ
散り椿といい今日は侍の日か

  

2018-10-07 20:45:44

ののまる
@nonomaru116
今回、慶喜がフランスから日本を守るために逃げたと言っていて、暗に西郷の「フランスに薩摩を売ろうとした」という思い込みを否定したんだけど、それに対して西郷が、誤解をしていたと言わず、ただ納得してお疲れ様でしただけだったので、そこらへんがこの大河の足りないところと改めて。

  

2018-10-07 20:51:11

大村益次郎
@daruma_flames
だ、誰の事とは言わんのじゃが…稀代の軍略家であるわたs…あの御仁について、デコが!額が!という呟きが目立つのは気のせいじゃろうか…
いや、確かに目立っちょるんじゃが…あそこには知略、軍略が詰まっちょるんじゃ!

  

2018-10-07 20:59:34

町田 明広
@machi82175302
「西郷どん」37回目を拝見!ボクシングの合間に💦 本日は江戸無血開城がメインでした。西郷と篤姫、慶喜、そして勝海舟との会談がこれまでの伏線回収も相まって、見ごたえがありました。なお、西郷は慶喜には生前、実際は会っていませんが、両者の対比が本編の軸となっていました。 

  

2018-10-07 20:45:43

町田 明広
@machi82175302
まずは欧米列強側から、この政局をみたい。列強の態度がはっきりしない中、慶応4年1月3日、鳥羽・伏見の戦いが勃発し、戊辰戦争の幕が切って落とされた。旧幕府軍は敗走したため、江戸での立て直しを図った慶喜は、6日夜に閣老らと密かに大坂城を抜け出し、軍艦開陽丸で江戸に撤退した。

  

2018-10-07 20:46:17

町田 明広
@machi82175302
戊辰戦争の勝敗は、圧倒的な軍事力を誇る列強の動向に左右され、新政府・旧幕府、両勢力ともに相手側に加担されることを大いに恐れた。旧幕府側は、早くも1月3日には列強に対し、正当政府による逆賊の薩摩藩鎮圧のための協力と、内政不干渉を依頼したのだ。

  

2018-10-07 20:46:42

町田 明広
@machi82175302
一方、新政府は内部対立もあって、発足当初は列強との意思疎通が図れなかった。そこに1月11日、岡山藩兵が外国人へ発砲した神戸事件が起こり、新政府として初の外交問題となった。

  

2018-10-07 20:46:56

町田 明広
@machi82175302
列強は外国人居留地を軍事占拠し、兵庫港に停泊する船舶を拿捕する対抗策に出た。イギリス公使パークスが親しい寺島宗則ら薩摩藩士に助言を与えたことから、参与外国事務取調掛の東久世通禧が勅使として神戸に派遣された。

  

2018-10-07 20:47:48

町田 明広
@machi82175302
東久世通禧は列強代表と会見して、王政復古を宣言する国書を渡し、神戸事件の解決を図る旨を約束、かつ外国人保護の意向を伝えた。このため列強は対抗策を放棄し、しかもこの過程で、新政府は列強の信頼を勝ち取ることができた。

  

2018-10-07 20:48:05

町田 明広
@machi82175302
災い転じて福となすといったところで、新政府は大坂・兵庫という重要な貿易拠点を占拠したことも相まって、大きな転換点となった。また、列強が神戸占領を簡単に放棄した事実から、この時点でも領土的野心は垣間見えない。なお、新政府初期の外交の中心には小松帯刀がいた。

  

2018-10-07 20:48:45

町田 明広
@machi82175302
パークスの助言に従い、東久世は列強に対し、1月21日に新政府が正当政府であると主張しながらも、戊辰戦争での中立を要請した。これを受け、列強は25日に新旧政権に対等な交戦団体権を認める局外中立を布告した。

  

2018-10-07 20:49:09

町田 明広
@machi82175302
そして、アメリカは勝敗の帰趨を左右するストーンウォール(甲鉄艦)の新政府・旧幕府の両陣営への譲渡を拒んだ。列強にとっては、居留民が両陣営の勢力下に分散されている中で、その安全と財産保全のための当然の措置であった。

  

2018-10-07 20:49:39

町田 明広
@machi82175302
列強は内乱を回避して、貿易への打撃を最低限に防ぐことを目指していたが、この局外中立宣言によって、旧幕府は条約締結主体としての正当性を失い、新政府は国際的に正式に「新政権」と認められる以前に、旧幕府と同等の地位を得ることになった。

  

2018-10-07 20:50:13

町田 明広
@machi82175302
しかも、ストーンウォール(甲鉄艦)が旧幕府に渡らなかったこともあって、新政府側には計り知れない有利な立場を手に入れることになった。このような条件下でも、ロッシュの幕府支持は変わらなかった。

  

2018-10-07 20:50:31

町田 明広
@machi82175302
列強代表に対して、新政府を非合法であると説き、旧幕府に戦局は好転すると訴え、1月中に3回にわたって慶喜との会談に臨んだ。慶喜は当初、新政府に対して徹底抗戦を画策し、ロッシュの援助を受け入れる態度を示したが、他の列強の動向から、復権は難しいと判断した。

  

2018-10-07 20:52:28

町田 明広
@machi82175302
慶喜は2月に入ると急速に恭順に傾き、12日には江戸城を辞して寛永寺に逼塞した。ここに幕府による全国再統一は叶わず、フランスがイギリスを押さえて主導権を奪い取るというロッシュの野望は潰えたのだ。

  

2018-10-07 20:52:40

町田 明広
@machi82175302
しかも、幕府への肩入れを禁じた本国の訓令に従わなかったとし、ロッシュは公使を罷免されて6月に帰国している。その後の旧幕府を代表した勝海舟は、3月15日に迫った江戸城総攻撃を阻止すべく、書記官アーネスト・サトウを介して、新政府の最大…

  

2018-10-07 20:53:00

町田 明広
@machi82175302
パークスは3月13日に東海道先鋒総督府から派遣された西郷の名代と会談し、慶喜の助命は列強の意に叶うとし、また、戦争による貿易の阻害を阻止するためとして、横浜駐屯を示唆した。イギリスは新政府を支持していたものの、内乱回避のためには、結果として内政干渉を行ったのだ。

  

2018-10-07 20:53:23

町田 明広
@machi82175302
こうしたパークスの圧力は西郷の方針に大きな影響を与え、3月14日の勝との会談で譲歩した要因ともなった。一方でこれを外圧として板垣退助らの過激な主戦論を退けた。パークスの圧力も相まって、慶喜は寛典に処され、江戸は戦火を免れたのだ。

  

2018-10-07 20:53:56

町田 明広
@machi82175302
なお、パークスは閏4月1日に大坂城にてビクトリア女王の信任状を明治天皇に提出し、外国による新政府の最初の正式承認を行った。これによって、列強の帰趨は大きな影響を受けたが、西郷と何らかの取引があったかも知れない。

  

2018-10-07 20:54:09

町田 明広
@machi82175302
このあたり、【ザ・プレミアム 時空超越ドキュメンタリードラマ「江戸城無血開城」勝海舟と西郷隆盛の会談で有名な江戸城無血開城。英国の外交官を中心に、無血開城への動きをドラマとドキュメンタリーで読み解く】で時代考証しましたが、再放送を…

  

2018-10-07 20:54:27

町田 明広
@machi82175302
今度は国内状況から政局を見ておこう。新政府軍は江戸を目指して進軍を開始し、西郷は東征大総督参謀、つまり、実質的な軍事責任者として参軍し、3月3日に駿府に到着した。既に静寛院宮(和宮)や天璋院(篤姫)らの江戸城攻撃中止と徳川家の存続の嘆願書が寄せられていた。

  

2018-10-07 20:54:55

町田 明広
@machi82175302
西郷は当初、慶喜は断罪にすべきであると主張していた。そこに、旧幕府の若年寄格・陸軍総裁、勝海舟の使者として山岡鉄舟が現れたため、7日に会見に及んだ。西郷は、山岡の態度に感銘したこともあいまって、江戸城明け渡しなどの絶対恭順を条件に、慶喜助命・徳川家存続を約束した。

  

2018-10-07 20:55:13

町田 明広
@machi82175302
西郷は3月11日、池上本門寺に入り、14日に勝と正式な会談に臨み、慶喜を水戸で隠居・謹慎させ、軍艦・武器は新政府に引き渡すことで合意し、江戸城攻撃は中止された。西郷・勝会談のその場で、すべてが決まったわけではない。

  

2018-10-07 20:55:41

町田 明広
@machi82175302
慶応4年(1868、明治元年に9月8日改元)4月4日、西郷は勅使橋本実梁・柳原前光らわずか6名で江戸城に乗り込み、これを接収した。ここに、名実ともに江戸幕府は終えんを迎えたと言えよう。江戸が灰燼に帰さなかったことは、近代日本への移…

  

2018-10-07 20:56:07

町田 明広
@machi82175302
江戸城は無血開城したものの、旧幕府軍の抵抗は続いていた。榎本武揚は旧幕府艦隊の引き渡しを拒み、蝦夷地まで脱走し、大鳥圭介が率いる旧幕府陸軍は、関東各地で新政府軍と戦いながら北上を続け、榎本軍と合流した。

  

2018-10-07 20:56:26

町田 明広
@machi82175302
さらに、旧幕臣は彰義隊を結成して上野寛永寺に立て龍もり、江戸市中を横行して狼藉を働いたため、5月15日、大村益次郎の下、新政府軍は上野を総攻撃し、西郷も自ら薩摩藩兵を率いて正面黒門口の攻撃を指揮し、彰義隊をわずか1日で殲滅させた。話が進み過ぎた(^_^;) 

  

2018-10-07 20:56:42

スポンサーリンク