西郷どん 第38話の見どころ

この記事は、西郷どん 第38話の実況・感想まとめです。

twimg.com

今回の西郷どんは、これまで西郷家を支えてきた吉次郎がフォーカスされました。

彰義隊をはじめ各地で新政府への抵抗が始まると、参謀・大村は薩摩に兵を挙げることを要望します。これを受け、吉之助は急ぎ薩摩へ戻り、援軍を編成するのでした。

そんな中、家に戻ると吉次郎から想定外の願いを伝えられます。それは、自分も戦働きをしたいという願いでした。

信吾ら戦の怖さを知る者は必死で考えを改めるよう言いますが、吉二郎の意思は固く、ついに吉之助は願いを受け入れるのでした。その結果・・・。 西郷家にとって悲しい結末を迎えるのでした。

そんな中、話題になったのは『ガトリング砲』。ガトリング砲に思い入れの強い人が多く、武田観柳斎クラスタがザワつく次第となりました。

さて、その他皆さんはどんな感想を抱いたのか? 西郷どん 第38話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第38話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

徳川絶対コロすマンだった吉之助。幕府側は完全に白旗状態。そこで、吉之助へ考えを改めるべく天璋院篤姫、勝海舟らが面会に訪れた。
最初に会ったのは天璋院。慶喜の首と引き換えに江戸での戦を止めることを求めた。しかし、吉之助はこれを受け入れることはなかった。ところが、勝海舟に会うと、考えを一転。江戸無血開城へと踏み切ったのだった。

そんな中、新政府に反旗を翻す動きが見え始めた。上野の彰義隊をはじめ各地で抵抗が始まろうとしていた。。。

前回:西郷どん 第37話「江戸無血開城」感想・実況『こぶ平の大村益次郎が似すぎww』

スポンサーリンク

新政府への抵抗

江戸城無血開城に成功した吉之助。しかし、彰義隊をはじめ新政府に不満を持つ者たちが幕府へ抵抗をはじめました。

彰義隊は大村益次郎の作戦が的中し、わずか半日で壊滅。
しかし、会津、東北北越の抵抗に新政府は頭を悩ませたのでした。

大村「足りませんな」
有栖川宮「足りぬとは兵の数か?」
林「大村殿戦は兵の数ではないと…。兵ばかりでなく金も兵糧も武器も何もかもが足りません」
「特に会津庄内長岡は戦上手」
「このままじゃ十中八九負けます」

「京にもお銭がないのや。大村なんとかならんのか?」

twimg.com

大村「西郷さんもうお分かりですな?」
吉之助「薩摩を動かせと?」


「さよう。薩摩には精兵も金もまだまだそろうとるはず」
「この戦最後の最後まで戦い尽くさねば終わりません」
「お引き受けいたしましょう」

こうして、吉之助は援軍を編成するため急ぎ薩摩へ戻りました。

一二三
@nunonofuku123
あれ?上野彰義隊の戦いで、有名なやり取り
大村益次郎「彰義隊を一日で打ち破るには正面黒門口を薩摩が攻撃し、佐賀や長州が後方から奇襲する事です。」
隆盛「(激戦となる正面を受け持つ)薩摩に死ねということか。」
益次郎「そうです。」
隆盛「あいわかった。」
はやらないのか

  

2018-10-14 20:01:48

萌える大河姫
@taiga_takeda
上野戦争では肥前のアームストロング砲が活躍。
ちな、「薩長土肥」と言うように肥後(佐賀藩)は御維新バスの最終に乗り込んだ口。
ギリギリまで中立だった。
つまり、ギリギリまでアームストロング砲は「薩長」に向けられる可能性があった訳。

  

2018-10-14 20:04:31

ほうこうおんち
@houkouonchi119
彰義隊との戦いで大村益次郎の凄いのは、攻撃の強さや指揮よりも、全逃走経路を先に抑えて、江戸に紛れてのゲリラ戦も、宇都宮や会津への脱出合流も防いだ完封っぷりなんだよな。逃がさない為夜襲でなく、昼の攻撃にした。

  

2018-10-14 20:05:49

おいでよ関門
@ei__yu
同じ長州人でも高杉晋作はイケメン俳優によって演じられ、大村益次郎は忠実に再現されている件。

  

2018-10-14 20:01:57

萌える大河姫
@taiga_takeda
薩摩に匹敵する程の金満藩が庄内藩な。

  

2018-10-14 20:06:57

アンチョビ
@anchovy_aid
会津、庄内、長岡、東北諸藩は、新政府軍にとっては脅威だったという解釈ですね。

  

2018-10-14 20:10:16

佐野 哲也(Tetsuya Sano)
@t2ysano
ストーリーが進むにつれて鈴木亮平の顔や体型が変わっていくのはほんと凄いなあと思うばかり

  

2018-10-14 20:07:18

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク